NEW POST

忙しくて洗濯物を畳めないので工夫しました。

モノ・コト・人・時間・お金+自然との絆を深める

「絆 * 整理収納アドバイザー」河合善水(よしみ)です。


みなさんは洗濯物、いつ畳んでますか?私は夜、夕食後~寝る前の間に畳みます。

録画しておいたテレビ番組を見ながら。15分くらいで畳めるので、NHKの朝ドラの録画を見るのがちょうどいい具合です。


このところ個人レッスンが増えて日中にデスクワークする時間が取れなくなってきたため、夜子供が寝てからも仕事の日々。お仕事があることは本当にありがたいです。

あぁ、私はワーキングマザーになったんだなぁと、やっと自覚が芽生えました。


気がついたらすべきことは効率を図ること!

今時間が足りないなら、無駄に使っている時間が何かを振り返り、改善策を練る!

忙しい時は家事がおろそかになりがちですよね。やむを得ないことだと思います。

でもそれでは罪悪感や自責感が芽生え辛くなります。本当はきちんとやりたい自分がいるということですよねw。


洗濯物の話に戻りますが、わが家では、主人が自営業になってからは家にいることが増えたので、夕方洗濯物を取り込むのは主人がやってくれることが多くなりました。だいたいその時間私は子供のお迎え前に終わらせたい仕事に精を出している状態だからです。


忙しくて洗濯物を畳めないので工夫しました。_a0284626_22244378.jpg

主人はこんな風に取り込んだ洗濯物をリビングの床にドカンと置いて去るのです。その洗濯物が、仕事中の私の右目から視界に入るのです!気になって仕方がない!


お客様の家の片付け作業の日は頭も体もフル回転でお疲れなので、夜洗濯物をたたむ元気がないこともしばしば。それより先にその日の仕事のまとめをして手帳を記入して明日に備えたい。洗濯物をたたむのは後回しでも困らないから。


ひどい時は2、3日洗濯物が溜まるようになり、積み重なる洗濯物の山から各々着たい服を引っ張り出してさらに崩れるその山にモヤモヤしっぱなし。


もうどうにも耐えきれず、工夫しました!


いつもたためてない洗濯物を入れるがカゴに主人が入れてくれないので、もっとデカイカゴに変えました。毛布を入れていたカゴです。

それを定位置に起き、主人がカゴに入れやすくしました。

忙しくて洗濯物を畳めないので工夫しました。_a0284626_22244388.jpg
左は今までのカゴ。右は新たに用意したカゴ。


忙しくて洗濯物を畳めないので工夫しました。_a0284626_22244352.jpg

しかしこのカゴが定位置にあるとやはり私の右目から視界に入り「ここにいますよー」と言われてるような気がして気になるので、視界に入らない場所に移動しました!

忙しくて洗濯物を畳めないので工夫しました。_a0284626_22244361.jpg

おかげで仕事に集中できるようになりました!


気をつけないと存在にも忘れてたたむことも忘れそうですが、そこは意識したいと思います。大事なことを最優先してストレスなく家事も回したいから、ズボラも大事。笑顔で生きるための知恵です。

カーテンを閉める時に視界にカゴが入るので、いそいそと定位置に移動させ、今夜も朝ドラの録画を見ながら畳みま~す。どうしても疲れててできない時は早く寝て、翌朝畳んじゃえばいいしね。15分でできるのだから、朝でもできる!


取捨選択が早くなったのも、整理収納のおかげです。


by danslesmimosas | 2017-05-21 08:23 | 整理収納・お片づけ

元精神科看護師・うつ・引きこもり主婦を経て、7年間整理収納アドバイザーとして活動。片づけや様々な悩みを抱える100名以上の受講生に寄り添い続ける中で、望みの人生に向かうには「脳の活性が不可欠」と知る。現在は「脳大成理論」という可能性教育の認定講師等をしています。


by 河合善水(よしみ)