NEW POST

映画「人生フルーツ」夫婦で観てきました

ヒト・コト・モノとの絆を深める整理収納アドバイザー 河合善水です☆





映画「人生フルーツ」夫婦で観てきました_a0284626_14330915.jpg

映画「人生フルーツ」夫婦で観てきました_a0284626_14330096.gif
公式HPより画像をお借りしました


映画「人生フルーツ」主人と一緒に観に行ってきました。
高蔵寺ニュータウンの開発に携わった建築家・津端修一さん夫妻の暮らしを撮り続けたドキュメンタリーです。


「これは見なくては!」と、夫婦でスケジュールを合わせて映画館に観に行く映画はわが家では珍しいことです。
それもそのはず、この映画の主人公であるつばた夫妻は、私たち夫婦の憧れの夫婦でした。

映画「人生フルーツ」夫婦で観てきました_a0284626_14331038.jpg
5年くらい前でしょうか、この本と出会いました。
すごく衝撃を受け、迷いなく購入して以来、繰り返し開いている本です。
時々夫婦の会話にも出てきたりします。

真似できることを少しずつ真似してきました。
つばたさん夫婦の素敵な、手をかけた暮らしを。

まだまだ小さなことしかできないわが家ですが、老後こんな風に仲睦まじく暮らせたらいいなと思う素敵なご夫婦。
馴染みのあった高蔵寺にお住まいという、親近感も大きいです。


修一さんの大切にしてきた言葉
「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」(ル・コルビュジェ)


暮らしに携わるお志事をさせていただいている私にとって、とても響く言葉でした。

帰りたくなる家。
帰るとホッとする家。

家というのは、家族みんなにとってそういう場であるべき場所だなと改めて感じます。

「宝石箱」


豪華な宝石ではなく、端から見て石ころのようなものだとしても、家族にとって宝物のように感じるモノ・コトで包まれた暮らしでありたいですね。


90を過ぎ、建築のお仕事からは随分と離れた暮らしをしていても、相談があればいつでもさっと道具を出せる状態にデスク周りと整えていた修一さん。
亡くなる直前、精神病院の設計のお手伝いをした姿、とても魅力的でした。

あんな風に、現役退いても自分が培ったモノで誰かのお役に立てたらなぁと、思います。


「時をためる」

この言葉もこだまします。

焦らなくていいのよと、言ってもらえた気がしました。

時間をかけて叶えること、育めることってありますね。



感想がうまくまとまりませんが、じわじわといろいろな思いがこみ上げる、すばらしい映画でした。

どんな時も修一さんを第一に、と暮らしてきた秀子さんのようにはなれそうにもないけれど、少しずつ真似させてもらおうと思います。
そこが夫婦円満の秘訣だと思いました。



人生フルーツ、とてもオススメです。



●2017年3月 サポート付き自宅講座「わたしと家族がしあわせに心地よく暮らせる家づくり」

お得なキャンペーン開催中!

3月下旬開講クラスは3月10日まで受付中。

4月以降のクラスをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。


●3月6日 修了生さんのお宅訪問会


●3月10日 防災士に学ぶ!「パッククッキング会」


出張講座、整理収納おしゃべり会(お茶会)、その他「こんな講座(企画)をやってほしい」などのリクエスト大歓迎です☆

詳しくはこちらをご覧ください。


HP内のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせくださいね。




by danslesmimosas | 2017-02-24 14:14 | おすすめ情報

元精神科看護師・うつ・引きこもり主婦を経て、7年間整理収納アドバイザーとして活動。片づけや様々な悩みを抱える100名以上の受講生に寄り添い続ける中で、望みの人生に向かうには「脳の活性が不可欠」と知る。現在は「脳大成理論」という可能性教育の認定講師等をしています。


by 河合善水(よしみ)