NEW POST

鍋帽子デビューしました♪

先日友の会の家事家計講習会に参加した時、友の会で推奨している「鍋帽子」の実例紹介がありました。

私の受講生さんや個人レッスンの生徒さんのお宅にも鍋帽子があるお家があり、「デカイな〜〜〜‼︎」とその存在感の大きさに驚きつつ、大きくてかさばるのに愛用してる魅力が気になっていました。

講習会で見たのは、会員さんが朝仕込んだ野菜たっぷりコンソメスープのお鍋をバスタオルでくるみ、鍋帽子に入れて会場に持ってきたもの。

確か10時半頃だったと思うのですが、鍋帽子を外しスープを盛り付けると湯気が立つ姿に驚きました。
80度くらいで保たれてるというのです。

野菜やお肉が煮えるには沸騰した100度よりも80度くらいがいいそうで、直火で煮込むよりも美味しくなる理由を説明してくださり、単にガス代の節約ではないと知って興味が湧きました。


我が家はプロパンガスで、基本料金は安い方なのですが、それでも使用量が多いみたいでガス代がわりと高いんです。
その理由にまだ気づけていませんが、鍋帽子を使うことでどのくらいガス代が節約できるか実験したくなりました。


会員さん手作りの鍋帽子を買うこともできるようですが、好きな布で作ってみたくって、このサイトを参考に作ってみました♪(この本にも作り方が載っています)

鍋帽子デビューしました♪_a0284626_15573180.jpg
電子レンジが調理台であるわが家(笑)



手持ちの綿が少し少なかったので厚みが足りないですが、それでも、お鍋をバスタオルで包んでから鍋帽子をかぶせておくと、半日くらい温かいんです!

夕方作ったおかずや汁物にかぶせておけば、夕食時適温で食べられます。
温めないし不要♪


持ち寄りランチの時は、朝作ったご飯やスープにかぶせておけば、お昼時にはすっごくおいしいです。


整理収納的には無くても暮らせる物なので、初めて見た時は正直邪魔だなと思ってましたが(すみません!)持ってみて大正解。手放せなくなりそうです。
災害時にも役立ちそうです。


我が家のキッチンは物が多くて収納スペースに空きがないので、鍋帽子の収納場所を作るのに悩みましたが、冷蔵庫と壁の隙間に突っ張り棒で棚を作り、そこが定位置となりました。ワンアクションで取り出せて楽チンです。


あなどることなかれ、鍋帽子!


おすすめです♡


by danslesmimosas | 2016-11-26 15:43 | 善水の手作り

元精神科看護師・うつ・引きこもり主婦を経て、7年間整理収納アドバイザーとして活動。片づけや様々な悩みを抱える100名以上の受講生に寄り添い続ける中で、望みの人生に向かうには「脳の活性が不可欠」と知る。現在は「脳大成理論」という可能性教育の認定講師等をしています。


by 河合善水(よしみ)