NEW POST

自宅見学会をしました

今日は浜松からお客様が自宅見学に来てくださいました。

ちょうど1年前、「ときめき片づけ体験セミナー」でご一緒した方です。
こんまりさんの作られた協会が主催するセミナーです。

彼女と私は別々の先生の「ときめき片づけ講座」に参加し、各々自宅の片づけを頑張りました。
お互いの様子を報告しあって励ましたり、学びを共有したりと、貴重な仲間でした。

彼女は私と似たところがあり、好きなものはたくさん持ちたい派。
本が大好き、陶器が大好き。山が好き、マラソンも好き。
好きなものが多いので、それなりにモノも多い人です。

彼女が一緒にときめき片づけ講座に参加したお仲間は、「収納が苦手だからモノを少なくしたい」というタイプが多かったそうで、みんなはモノをどんどん捨てて少なくしているのに対し、自分はときめくモノが多くてあまり減らせないと、一時は落ち込んでいました。

でも、我が家を全て見学していただいていただいた感想は
「好きなモノが多く、大切にされているのが伝わり、すごくホッとしました」でした!

「すごく居心地がいい…ずっと居たい…」と、ダイニングの窓から庭が眺められる席を選び、ゆったりとお茶を飲みながらくつろいで過ごしてくれました。

ありとあらゆる引き出しや収納の中を見ていただいたのでちょっと恥ずかしくもある自宅見学会ですが、それでも「どうぞ見てください」と言える自分に何とも言えない安心感というか、楽さというのか、なんでしょうこの感覚。自分を隠すことなく、ありのままさらけ出せることの気楽さですね。

整理収納を身に付ける前は、「ここは開けないでーー!」と思う場所があちこちにあり、お客さんに入っていただくリビングなどの部屋以外はごちゃごちゃしている状態でした。
扉の中を見られたら恥ずかしいし、冷蔵庫を開けられたら嫌だし。
友達を招く前に大片づけ&大掃除しないと恥ずかしくて呼べなかったので、ある意味来客時の家の中はいつもじゃない姿=いつわりの自分のような感じだったなぁと今になって思います。

”ええかっこしい””見栄っ張り”の私だったので、ダメな姿を出せませんでした。
でも今は、「多少汚れてるけど、まぁ、どうぞ」と言えてしまう、いい意味で抜け感のある自分になれた気がします。
モノと向き合い、整えて行ったことで、自然と自分自身も整い、着飾らず造ろうこともなく、ありのままの自然体でいられる人になっていったんだと感じました。


そんな我が家を見ていただいたことで、彼女に褒めて頂いたり、「モノが大事されているのがすごく伝わる」「私が目指すのはこういうモノの持ち方、こういう家」と気に入っていただけて、とてもうれしかったです。


「もっと家を整えたくなりました!モチベーション上がりました!」
と嬉しそうに帰っていった姿が印象的です。

わが家を見ていただくことで、「片づけがんばろう!」「収納をより良くしよう!」「暮らしを楽しもう!」そんな風に思っていただけたらうれしいなと思います。


自宅見学会は、随時行っています。
今日の方は、お一人での参加で、3時間過ごされました。(見学+整理収納相談など)

詳しくはこちらをご覧くださいね。





by danslesmimosas | 2016-11-17 16:06 | 整理収納講座や企画の様子・受講生の声

元精神科看護師・うつ・引きこもり主婦を経て、7年間整理収納アドバイザーとして活動。片づけや様々な悩みを抱える100名以上の受講生に寄り添い続ける中で、望みの人生に向かうには「脳の活性が不可欠」と知る。現在は「脳大成理論」という可能性教育の認定講師等をしています。


by 河合善水(よしみ)