NEW POST

わたしと家族がしあわせに心地よく暮らせる家づくり講座① 開催しました

5回コースの自宅講座「わたしと家族がしあわせに心地よく暮らせる家づくり」

今日から新しいクラスが始まりました♪


参加者は2名。
お二人とも、信頼しているお友達からのご紹介で受講を決意してくださいました。

受講生さんから「この講座すごく良かったよ」「本当に片づけができるようになるよ!」「ただ片づけるだけじゃなく、考え方が変わって思考が変わったり、時間も有効に使えるようになるよ」などと聞いたのが受講の決め手となったようで、整理収納の醍醐味を体感し、クチコミしてくださった受講生さん・修了生さんに心から感謝するとともに、そのお友達のお話を聞いて信じてくださったお二人の前向きな想いに応えていけるように、半年間心を込めてお手伝いさせていただこうと決意をした1日でした。


自宅講座の1回目では、片づけ方、整理収納の仕方をお話する前に、2時間かけてたっぷりと「片づける前に大切なこと」をお話しています。
なかなかこういうお話が聞ける片づけ講座はないんじゃないかなぁと、思います。「片づけの講座なのにこの質問!?」と意外な反応を受けますからね。


今までのモノの持ち方や生活の仕方を振り返ったり、自分の片づけレベルをチェックして、自分を客観視してもらっています。

そのワークに取り組むのに意外と時間ががかる方が多いので、講座を申し込まれたら事前課題をお出しし、取り組んでいただいているのですが、みなさん真面目に取り組んでくださるので、そのワークだけでも様々な気づきを得られてきます。

自分が本当はどんな暮らしをしていきたいのか、モノをたくさん持ちたいのか、少なくしたいのか。
高価なモノが欲しいのか、モノよりも旅行や学びにお金を使いたいのか。

そこに気づいてから片づけするのと、気づかずに片づけ出すのとでは、雲泥の差だと思います。



今日のお二人も「ただモノを捨てればいいんじゃないですね」と大事なことに気づいていただけました。

片づけに悩む方の大きは「モノを捨てたいんです。「モノをまず減らします。」と言うのですが、実はそこが大間違いの元なんです。



モノをどれくらい持ちたいかは、実は、片づける前には決められないことだと私は思っています。

もちろん、「服は、このクローゼットに入るだけにしたい」などと、持ってる収納の容量内に、とある程度の目安を決めて選ぶことはとても大切ですが、整理してもないのに、「服は10枚しか持たない!」と極端にモノを減らしても、あとで苦しいリバウンドが来かねないと思うんです。

それよりも、自分が本当に望む理想の暮らしや、理想の生活リズムを具体的に描き、そのために片づけに取り組むと宣言することで一歩踏み出した時、今までとは違う片づけを感じるはずです。

「あれほど苦しかった片づけが、善水さんに習ってから楽しく続いてます!」という声も、多々いただいてるんです。

大切なことに目を向けることで辛い片づけが楽しく継続できるなら、その方がいいですよね!



今日のお二人は一生懸命ワークに取り組み、ご自身のこれまでの習慣を振り返ってくださったので、これから理想の暮らしを書いてもらうところです。


それが書けたら私に報告していただき、いよいよ片づけ作業の始まりです!


お二人の理想の暮らしがどんな暮らしなのか、聞かせてもらえるのがとても楽しみです。

これまで30名以上の方の理想の暮らしを聞かせていただき、多くの方が何かしら叶えて行かれていくのを見せて頂いてるんです。

しあわせなお志事です♡



もうすぐ2016年も終わり。
来年の手帳も使い始めています。

お正月のお休みには、2017年の理想の暮らし、叶えたい事を、私も手帳に書き出そうと思います。
書くと、叶いますからね☆


正しい片づけ方を学び実践し、理想の暮らしを叶えましょうね☆

今日のお二人が半年後、キラキラ輝くのを楽しみにしています。






by danslesmimosas | 2016-11-10 16:33 | 整理収納講座や企画の様子・受講生の声

元精神科看護師・うつ・引きこもり主婦を経て、7年間整理収納アドバイザーとして活動。片づけや様々な悩みを抱える100名以上の受講生に寄り添い続ける中で、望みの人生に向かうには「脳の活性が不可欠」と知る。現在は「脳大成理論」という可能性教育の認定講師等をしています。


by 河合善水(よしみ)