NEW POST

個人レッスン|書類整理2回目

今日は岡崎へ個人レッスンに伺いました。2回目の訪問です。
10時30分〜14時まで(途中30分、昼食休憩を取ります)。お子さんと一緒に3時間のレッスンです。

最初の30分は、前回指導させていただいたことを振り返りながら、できたこと、できなかったこと、感じたこと、できなかった理由など、お話を伺いました。

実際に整理した書類を見せていただきながら、わからなかったことを一緒に解決していきました。

「こういう書類は捨てたほうがいいですか?」
「これは、すごい好きってわけでもないし、今は読まないけど、捨てたくはないんです」

そんな質問が何度も聞かれました。


答えは自分の中にあります。
私が「捨てるべきです」「取っておきましょう」なんて、決められません。
よそ様のモノですものね。

自分の中にある答えにまだ気付かれていないようでしたので、いろいろと質問をしていきました。


「捨てたくない=残したいってことだよね?」

そう話すと、戸惑っていました。



「なくてもいいモノなら、捨ててもいいよね?」

・・・・。


いくつか質問をしていくと、

「今読まないけど、思い出があるので、いつか見たら懐かしくなりそうで」
と、答えてくれました。


そうです!!それが答えです!!


今は読まないけど(つまり、もう、今は「読み物」という役目のモノではない)、
見たくなった時に見たいモノ。

ということですね♪


ならば、堂々と取っておいてOK♪


でも、今、「読み物」ではないモノなので、「読み物」を入れる本棚にそれを収納するのはナンセンス。
もっと、今「読むモノ」を本棚に入れたほうが、活用しやすいですものね。

なので、それは「思い出ボックス」を作ってGO!

見たくなった時、押入れや納戸の奥から箱を出してきて、見たらいいんです。




そんなやり取りをしながら、いろんな書類やカードを整理していきました。


最後に彼女が言ってくれた言葉が印象的です。


「整理をしてると、一方から『そんなの捨てなさい』『あんたはほんとにだめね』『あんたは馬鹿だ』などと聞こえてくる気がしてすごく苦しかったんです。

母に「そんなのさっさと捨てなさい」って言われたりしてきたので、捨てなきゃいけないって思ってしまってました。

でも、善水さんに話を聞いてもらうとすごくホッとできました。

自分が残したいモノは、無理に捨てなくても、取っておいてもいいんですね。

取っておけばしまう場所がいるし、管理する手間もかかるけど、でも今はそれでも取っておきたいと思うなら、いいんですね。

そう思ったら、すごく気持ちが楽になりました。レッスンに来てもらってほんとによかったです。

年内にあと2回レッスンを受けて、年末までに書類をすべて片づけます!年内に書類の悩みから解放され、新しい年を迎えられると思うと、すっごくうれしいです!!!」




うれしくて感激です☆☆ありがとうございます!

きっと今までの人生で「あぁ、私はだめだ、馬鹿だ」と思ってしまう、何かがあったんですね。
それはもしかして、お母さんに言われてきたことかもしれないし、学校でクラスメイトに何気なく言われた言葉かもしれない。職場の上司に言われた言葉かもしれない。
でも、その時は相手がそう感じる理由があってそう言ったことだと思うし、傷ついて辛かったと思うけど、でも今のあなたは違う。
今のあなたは、自分に「私はだめだ、馬鹿だ」なんて、言って欲しくないです。
そういう私も、つい最近まで、そういう癖が強くて自分を責めてばかりでしたけど、意識することで徐々に外れていきました。まだまだそういう癖はあると思うけど、自分で自分を変えていけます。モノと丁寧に向き合って片づければ!!

あちこちにたまっている書類に悩み悩んで、やっとの思いで個人レッスンを申し込んでくださった彼女なので、書類の悩みに解放されると思うと、夢のように嬉しい様子が伝わりました。

1日も早くそんな日が迎えられるよう、日々整理、がんばってくださいね♡
しっかりフォローさせていただきますよぉ〜〜〜!





by danslesmimosas | 2016-10-25 13:35 | 整理収納 個人レッスン

元精神科看護師・うつ・引きこもり主婦を経て、7年間整理収納アドバイザーとして活動。片づけや様々な悩みを抱える100名以上の受講生に寄り添い続ける中で、望みの人生に向かうには「脳の活性が不可欠」と知る。現在は「脳大成理論」という可能性教育の認定講師等をしています。


by 河合善水(よしみ)