NEW POST

今日の個人レッスン|予定変更で頭と心の整理に。

今日は個人レッスンの日でした。

5回コースの講座を我が家でマンツーマンで受講している方で、今日は講座③の小物の整理収納を学びにいらっしゃる予定でした。
しかし数日前に様子を伺うと、「前回までの宿題が全然できていません…」とのことでした。

電話でお話を伺い状況を教えていただけたので、判断の結果、今回は次に進むのをやめ、今までの振り返りと、今からどうするといいか計画の立て直しをする事にしました。

お話だけだと片づけの状況が伝わりづらいので、お宅に訪問させていただき、お部屋の様子も見せていただきました。
今までにできたところと、まだできていないところを教えていただき、できたところを自分で認めてもらえるよう、一緒に確認しました。
できていないところは、なぜできなかったか確認し、どうしたらできるか一緒に考えていきました。

この方の場合、時間が足りない、隙間時間では片づけられない、まとまった休みがないと片づけできないということで、隙間時間でもできる片づけ方をお伝えしたり、1ヶ月のスケジュールの使い方がどうなっているのか手帳を見せていただいて問題点や対策を考えていきました。

片づけ方を学んでも、それを実践するには時間が必要です。時間を作って手を動かさなければ片づきません。
片づけがずっと苦手で悩んで悩んでやっとレッスンを受けはじめたわけですから、取り掛かりに時間がかかったり、やってみても思うように進まず、コツも掴めていないと、時間ばかりが過ぎてしまいます。

そこには、片づけに対するネガティブなイメージが大きく働き、一種の拒絶反応が芽生えたり、元々の習慣・不成功体験から、せっかく取り掛かっても「やっぱりできない…わからない…」という意識が働いて、思うように進まないんじゃないかと思います。昔から片づけが苦手で、家中に物が溢れて何がどこにあるか曖昧な方の場合、その傾向が強いように思います。

そんな状態で一人黙々と片づけを進めるのは非常に困難なので、私のような者にこまめに会い、サポートを受けることが大事だと思います。繰り返し繰り返しやり方を教わり、少しずつ覚えていく、わからないことは確認することが、大事ですね。


今日のクライアントさんは経済的な都合から、半年間で5回、各回3時間の個人レッスンで片づけを完了したい、と当初希望されたのでそのようにスケジュールを組みましたが、実際にやってみることで、そのペースでは負担が大きそうだと感じることができました。

ならば、半年の予定を10ヶ月に延長するとか、月に1回程度のレッスンを、2〜3週間に1度に増やすとか、計画を修正したらいいですよね。お金を優先するのか、時間を優先するのか。あるいは、お金と時間はそのままで、なんとか間に合わせる方法を考えて取り組むか。

じっくりとお話を伺い、心の中を整理させていただいたことで、予定より1回レッスンを増やし、遅らせて進めていくことにしました。

我が家で講座を受ける方がいい日は来ていただき、お宅で実践した方がいい日は訪問させていただく。

個人レッスンの場合、時間の融通だけでなく、臨機応変にこんな風に選べることが魅力だなと思います。



片づけは、マインドが9割。
意識を変えていくことがとても大切です。
そして、理想のすっきりとした空間を作り上げるには、モノの持ち方と、時間の使い方を見直すことも超大事。
モノの整理は手を動かすことで行いますが、モノを「残す・手放す」と判断するのは意識、マインドです。
頭と心がモヤモヤしたり混乱したり苦しくなってしまっているときは、手を動かせませんので、頭と心を整理することが先。

なので、今日は頭と心の整理をじっくりとさせていただきました。
頭の中や心の中のモノはだせませんから、話して、書き出して、書いて整理!やり方は基本的にモノの片づけと同じです。

だから、片づけ上手になると、人付き合い、時間の使い方、考え方も上手になるんです。

私がこんな風にお手伝いさせていただけるのも、片づけできるようになったおかげ様、さまさまです。


お片づけ、ほんとーに深いです。片づけて得られるものは一生モノです。
早く始めた方が絶対お得!






by danslesmimosas | 2016-09-09 14:49 | 整理収納講座や企画の様子・受講生の声

元精神科看護師・うつ・引きこもり主婦を経て、7年間整理収納アドバイザーとして活動。片づけや様々な悩みを抱える100名以上の受講生に寄り添い続ける中で、望みの人生に向かうには「脳の活性が不可欠」と知る。現在は「脳大成理論」という可能性教育の認定講師等をしています。


by 河合善水(よしみ)