NEW POST

古堅純子先生のセミナーに行ってきました。

「幸せをつかむ人の片付けのルール」

午前の部「古堅式!片付けのきほんを伝授」
午後の部「アドバイザー向け、古堅式!片付けのルールの現場編」

1日に渡る講座を名古屋で受講してきました。
その様子はこちらです↓

2年前に純子先生の講座を聞いて運良くランチまでご一緒させて頂いたことがあるのですが、
現場主義であり全国の2000件以上のお宅を毎日片付けられている純子先生の熱意と想い、後輩である私たち整理収納アドバイザーに伝えたいことをたっぷりと話してくださいました。


「片づけ」は自分以外の誰かのためにする部分が強い。一人暮らしだったらあまり悩まない、問題に感じないけれど、自分以外の誰かと暮らすことで片づけの悩みは増していく。
価値観の違う者同士、育った環境の違う者同士が共に暮らすことで、様々な悩みが絡み合って片づけの問題も増えて行く。

それは、お母さんが勝手に片付けちゃうから子供が片付けられなくなること。
片づけを家庭できちんと身につけられなかった者同士が夫婦となるから、夫は母親が片づけをする者だと思っており妻に「片付けろよ」と求め、妻は片付け方がわからず家は散乱してしまう、そんなケースがとても多い。


大切なのは収納の中をきれいに入れ込もうとすることではなく、部屋の空間がきれいで心地よいこと。モノを使ったらすぐに戻せて、空間が散らからない仕組みを作ること。

お母さんが勝手に片付けるのではなく、子供が片付けやすいように本人に聞いて一緒に行うことの大切さ。

自分のモノだけでなく、ご主人はご主人、子供は子供が使いやすく片づけしやすい家を作ることが1番大切で、そのためには家全体の空間の使い方に見直しが必要であること。

モノを大事にできない人は人のことも大事にできない。


今回もほとんどスライドをを見ることなく具体的な片づけ方の説明もありませんでしたが、一番大事な「考え方」をしっかりと伝えてくださいました。

特に今回後半はアドバイザー向けの内容でしたので、プロとしてクライアントに満足頂くための仕事のあり方、姿勢を問われる内容で、身が引き締まりました。

私も自分の課題と向き合いながら、目の前のお志事を1つ1つ、より丁寧に取り組ませていただこうと思います。


貴重な機会をいただきありがとうございました。

by danslesmimosas | 2016-07-07 16:31 | 学びの報告

元精神科看護師・うつ・引きこもり主婦を経て、7年間整理収納アドバイザーとして活動。片づけや様々な悩みを抱える100名以上の受講生に寄り添い続ける中で、望みの人生に向かうには「脳の活性が不可欠」と知る。現在は「脳大成理論」という可能性教育の認定講師等をしています。


by 河合善水(よしみ)