新米整理収納アドバイザーのお宅訪問!

今日は防災士であり,整理収納アドバイザーの後輩、小野綾子ちゃんと一緒に、最近整理収納アドバイザー1級を取得されたKさんのお家に遊びに行ってきました。

Kさんが先日我が家の収納見学に来てくださったご縁で知り合い仲良くなったのですが、ミニマリストのようにモノ少なく暮らすことを目指している彼女は防災にも興味があるということで、小野綾子さんを紹介。
早速綾子ちゃんの減災おしゃべり会に参加し意気投合したようで、「アドバイザー同士で集まろう⭐️」とお誘いいただいた、という流れでした!

快く迎えてくれたKさんのお宅は、育ち盛りのわんぱくな男の子3人いながらも必要なモノだけでスッキリと暮らしていて、モノが多い我が家を省みる機会となりました(^^;)

「モノが多いと管理が大変だし、収納が苦手だから、だからモノを少なくするようにしていったらその方が楽って気づいたの」

Kさんはそう語ってくれました。

「こんなところに書類を収納!?」と驚きつつも、そこが彼女にとって今とても使いやすい場所であることが納得の定位置となっており、「普通こうあるべき」を捨てて、「今」の自分と家族にとって取り出しやすく戻しやすい使いやすいモノの配置を決めていけば何でもありですね!

小学生と保育園児の元気あふれるお坊ちゃんたちでも、使ったモノは引き出しの中にちゃんと収納できるということで、しっかり子育てされていてすごいなぁと尊敬しました。
引き出しの中はごちゃごちゃしているけど、ちゃんとカテゴリー別に分類できているから何にも困らない。
大事なのは引き出しの中(収納の中)をきっちりすることよりも、部屋全体の空間がきれいで心地よいことですものね!
尊敬する古堅純子先生がいつも仰っています。
とくに子供は細かくきっちり収納するのは無理なので、成長に合わせてざっくり分類できれば十分ですね。
うちは一人娘しかいないので、男の子、3人兄弟の収納実例を見せていただけて参考になりました。雑誌で見るのとリアルでは全然違いますからね。


またKさんのお宅は家族の人数に対して部屋数が少ないのに、趣味の多いご主人のために一部屋をご主人の部屋を用意してありました。
いろんなジャンルの趣味のモノたちが使いやすいようにと収納を工夫されているのを見せてもらい、ご主人を大切にされていることが伝わってきました。素敵♡

家を見せていただくと、その方の暮らしや、大事にしてることが感じられますね。
大切なことを学ばせていただきました。


これから少しずつ整理収納アドバイザーとして活動していただきたいと模索しているKさんに助言を求められ、資格を取ったばかりの頃を思い出しました。
あの頃はどうお仕事を始めていいか全く分からず、お声をかけていただいたご縁の方にレッスンさせて頂いてたなぁと。

早いモノでもうすぐ3年を迎えようとしていますが、3年の割にどれだけ成長できたか振り返るとまだまだ経験が少ない私ですが、3年前よりはたくさんのことをお伝えできるようになったこと、確実に片づけられるように受講生さんが成果を出されていることがありがたいなと感謝の気持ちが溢れてきました。

Kさんと出会えて初心に戻れました。ありがとうございます。

Kさんのご活躍を楽しみにしつつ、チームでのお仕事が必要な時はお互いに助けあえる仲間になれそうで、そんな日が来たらと想像するととっても楽しみです。

どんどん増えている整理収納アドバイザーですが、価値観の合う仲間を大切に知識や思いを共有しながら、たくさんの人に整理収納のすばらしさをお伝えしていこうと思います。


by danslesmimosas | 2016-07-01 15:01 | 善水の日常

『絆*整理収納』主宰、モノと話せる整理収納アドバイザーの河合善水のブログです。整理収納・お片づけのこと、からだの声のこと、私の日常などを綴っています。よろしくお願いします。


by 河合善水(よしみ)
プロフィールを見る