人気ブログランキング | 話題のタグを見る
NEW POST

個人レッスン|衣類の整理収納 2回目

Mさんの整理収納個人レッスン(2回目)に伺いました。



予定していたレッスンの日はMさんが食当たりによる不調で延期となり、予定をずらして行いました。

賞味期限を切れたサラミを食べたら当たってしまったそうで、「これからは賞味期限が切れないように、整理収納できるようにしたい」と言っていました。その通ですね(^^)
そう気づかれたことがすばらしいなと思います。まだレッスン2回目なので、見てわかるほどの変化はなくお部屋は散らかっていますが、心の中が変化しています☆その意識の変化が一番大切だと思っています。
「片づけはマインドが9割」byこんまりさん。


今日のレッスンではまず、前回出した宿題にどう取り組んだか、この1ヶ月間でできたこと、その感想、できなかったこと、なぜできなかったのか、などなど、振り返っていただきました。

Mさんの場合、私がお願いした「同じカテゴリーのものを集めて出し、1つ1つ手にとってときめくか見極める」というやり方を途中からやめてしまい、「捨てれるモノ探し」をして、捨てたり、バザーに出すようにまとめたり、メルカリに出品したりしていたことがわかりました。

ほとんどの方がこのやり方だと思います。
「断捨離=いらないモノを捨てること」だと誤解されているのですが、「捨てるモノ探し」やってみてどうですか?

ゴミ袋にたくさん溜まり、口を縛ったときは「頑張った〜!」「捨てれた〜!」と一瞬爽快感を感じるかもしれませんが、その後どうでしょう???片づきますか?
一旦片づいたとしても、その後もずっと片づいた状態が続きますか??

私はそのやり方をしていた頃は、片づきませんでした。捨ててしばらくはスッキリしてるけど、また買ったり、もらったモノや作ったモノが増えると収納が溢れて、また「片づけなきゃ・・・」と追われていました。


でも、こんまりさんの方法、モノ別片づけ、ときめくモノを選ぶ片づけ法をやってみてわかったんです。

捨てるモノを探すことは、人の欠点を探すのに似てると。

ときめくものを選ぶことは、人の良いところを見ることに似てると!

だから、捨てるもの探しばかりしてると、気分が下がります。やりすぎると、気が滅入ります。
「あんなに捨てたのに、まだ片付かない。モノをお金も無駄にしてしまった…。私ってダメだなぁ」と、私も何度も凹みました。

でも、ときめくモノを探す方法でやっていったら、気持ちがすごく明るくなりました。しかも、その明るい気持ちが続くんです☆
自分のことが理解でき、「もう少し自信を持ってもいいかな」と思えたり、「私は本当は〜したいんだ」と気付けて、挑戦してみたくなる気持ちが芽生えたり。
とにかく、前向きになるんです❗️


これは、やった人にしかわからないことです。
頭で描いていても、やってみてわかる感動の大きさは、わからないと思います。
私も、こんまりさんのやり方を部分的に取り入れていたときはとても中途半端だったので、全然感動しませんでした。でもしっかりやってみたら、スゴかったです❗️


そして、去年の秋から講座ではこのやり方をお伝えするように変えたので、受講生さんたちもどんどん変化しています。

「この講座すごいね!」
「善水さん(ちゃん)すごいね!」
「最初からこのやり方でやればよかった!」
「大変だけど、全部出して、1つ1つ選ぶからこそ、リバウンドしなくなるね!」
「今1回この片づけを頑張れば、これから先、ずっと片づけに悩まなくなるね」

などなど、毎回沢山の嬉しい感想が飛び交っています。

(よしみちゃんすごいね!はうれしいですが、すごいのは、私ではなく、こんまりさんと、これを実践してくれた受講生さん本人です)

受講生さん同士がこんな会話で盛り上がっているのを眺めているときが私の最高のしあわせタイムです♡



なので、Mさんにも、捨てるモノ探しはやめて、全出し&ときめくモノ選びをしていただくように、お願いしました。
全出しってテレビでこんまりさんがやっているのを見ると大変そうって思いますが、あんな風にモノを全部大量にだなさなくても、やり方にコツがあるので、おしゃべり会や講座、レッスンでお伝えしています。それを聞くと皆さんホッとされます(笑)


1時間半ヒアリング&お話をしたあと、衣類整理の続きをレッスンしました。
最初の予定では、今日までに衣類が終わり、今日は本の整理に入る予定でしたが、できなかったので致し方ないですね。
急いで片づけを終わらすことよりも、1日も早く整理収納が身につき自分でできるようになることがこのレッスンの1番の目的なので、Mさんも理解してくださって衣類整理の続きをしました。


レッスンに集中しすぎて写真をあまり撮れなかったので様子をお見せできないのが残念ですが、言葉で説明しますね。

宿題でMさんが整理した黒いタイツが10足ほどあったのです。整理する前は30足くらいあったそうです。

OLをしていたときはよく履いたそうですが、8年前に退職してからは秋冬に数回履く程度とのこと。「だったら10足も必要だと思いますか?」と投げかけると、「そんなにいらないね」と言い、一番きれいなものを3足選ぶことができました。

数が多いと、その分引き出しのスペースが必要となり、引き出しが少ないMさんの場合、引き出しを買わなくてはいけなくなることを伝えたら、「3つあればいいわ。他に紺とエンジもあるから、そんなにタイツばかりいらない」と、潔く捨てていくのでびっくりしました。

「ふしぎだね、私一人でやってる時はすごく時間がかかるのに、善水ちゃんがいると、サクサクできる!」

私、あんまり喋ってないんですけどね!ただ横にいて、時々言葉をかけたり、畳むのを手伝ったりするくらいです。
その言葉にポイントがあるんです。私がアドバイスするのではなく、気づきを促すような言葉がけをしてるんです。
タイツの場合、

「タイツはどんな時に履くの?」
「2日連続で履くことある?」
「厚さはどういうのが好み?」
「いくつあったら回りそう?」
「タイツがなかったらどうする?」
「タイツやストッキングは引き出し1段に収めたい?それとも2段でもいい?」

という具合に聞いていくので、クライアントさん自身が自分の内側と話をしてくれるんですよね。
なので、自分で気づき、自分で決められるんです。

私はたいわヒトでもあるので、クライアントさんのからだの声が聞こえた時はお伝えすることもあります。
「今これ伝えておいたほうがいいな」と浮かんだことは私のからだの声であったり、クライアントのからだの声であることが多いので、その場合も伝えます。

私と一緒にいるとひとりでやるより早く選択決断できるのは、言葉がけとたいわのおかげかもしれませんね(笑)
何かあるんでしょうね、見えない力も(笑)モノも確実にサポートしてくれてると思っています。

なので、片づけに悩んでいるなら、自宅講座や個人レッスン受けて私と接していただいたほうがぜったい早く片づけできる❗️と自信を持ってお勧めしてます♡


個人レッスン|衣類の整理収納 2回目_a0284626_23295312.jpg



個人レッスン|衣類の整理収納 2回目_a0284626_23295383.jpg


こんな風にタイツやストキングを整理し直し、納得のいく量を残せたことに満足していたら…

あとでびっくり!
別の場所からタイツの山が出てきました…しかも、2箇所から!!!


ななななんと❗️
黒いタイツがびっくりするほどたくさん出てきたので、Mさんは

「100足くらいあるね………。もう、今までの自分にうんざり。嫌になる。こんな自分をなんとか変えたい。」
「全部集めて出すって、こういうことに気づけるんだね。全部出すと大変だから捨てるモノ探しをしちゃったけど、やっぱりやるようにします」

と言ってくれました。

そうなんです❗️そこが重要ポイントです❗️
そこに気づいてくださってありがとうございまーす!!!


部屋別、コーナー別に片づけても、他の場所にも同じモノがある場合、結局またモノが移動してリバウンドするんです。
なので、ちょっと面倒でも、同じモノを家中から集めて整理することがすごく大事なんです。
持ってるモノを把握することが大事。


黒いタイツの大きな大きな山を見つけた時はもう16時を回っていたので、宿題としてやっていただくことに。


最後に、少しでもウォークインクローゼットにすっきり感を感じていただき、「空間が四角くし切れているとこんなにいいんだね」と感じてもらえるように、段ボールを使って溢れていたものたちを仮収納しました。

個人レッスン|衣類の整理収納 2回目_a0284626_23295304.jpg


個人レッスン|衣類の整理収納 2回目_a0284626_23295309.jpg


寝室なので、ここにはタオルケットや毛布、敷きパッドやリネンなどが多く、収納に入りきらずビニール袋で包まれごちゃごちゃだったので、畳み直して段ボールに詰めていきました。ビニール袋では空間を四角くし切れませんからね。それに、ビニールに入れて丸まっているとモノは痛むし、見た目的にもゴミのようで汚らしいですよね。


布団関係は「小物」のところで整理するモノなので、今回は明らかに痛んだものとゴミだけ処分することに留め、整理はせずに箱詰め作業で終えました。

段ボールと引き出しケースで空間を「四角く仕切る」&「ラベリング」することで、何がどこにあるかがわかるようになり、必要な時に出しやすくなりました。


これは仮収納ですので、他のモノたち、他の場所たちを片付けていくことで、最終的に寝具をどこに収納するか、衣類をどのように収納するかが決めていけるようになります。

今は、溢れている衣類たちを1つ1つ手にとって見極め、残すモノを選ぶことをする時期です。
楽しい収納作業までは少し道のりが遠いですが、この整理が大事。農業で言う所の土作りです。


当初月に1回のレッスンの予定でしたが、しばらくは学んだことが忘れないように、コツをつかむまでは2週間位1度レッスンを受けていただくことになりました。

個人レッスンは講座とは違い融通が利くので、ご自身のペースで片づけが進められるところが最大のメリットだと思います。


今日のレッスン。

  • 13:30〜14:30 ヒアリング・お話
  • 14:30〜18:00 整理収納作業(ストッキング・タイツ・レギンス・パジャマの整理収納/整理済みの衣類の畳み方チェック・整頓/ウォークインクローゼットの仮収納)

Mさんがんばりました⭐️
2週間後、変化を楽しみにしていますね。




  • 6月7日スタートの自宅講座、残席2名空きがあります。先着順です。(その次の募集は9月の予定です)



  • 6月9日スタートの(株)イトコー整理収納講座 募集中です。気軽に受けれる講座です♬



不安な方は事前にメールや電話でお話した上で、受講を決めていただけると安心かなと思います。

お気軽にお問い合わせ•ご相談くださいね。お待ちしています。



  • あなたのからだの声を聞く「たいわセッション」











by danslesmimosas | 2016-05-07 18:43 | 整理収納 個人レッスン

元精神科看護師・うつ・引きこもり主婦を経て、7年間整理収納アドバイザーとして活動。片づけや様々な悩みを抱える100名以上の受講生に寄り添い続ける中で、望みの人生に向かうには「脳の活性が不可欠」と知る。現在は「脳大成理論」という可能性教育の認定講師等をしています。


by 河合善水(よしみ)