NEW POST

写真整理|修学旅行編

写真整理、ちょこちょこ進めています。
最近仕事が忙しいので、夜は早く寝た方がいいけど、整理すると決めてリビングの一角に箱に入れて置いてあるアルバムたちを見るたび、早く処理したくなってます。3月末にはときめき片付け講座のメンバーたちに自宅のお披露目会をしたいと思っているので、それまでに終わらせたいんですよね。期限を自分の中で決めないと「ま、いいか」とずるずる延ばしてしまうのが片づけに落とし穴ですから・・・。

写真整理|修学旅行編_a0284626_16494367.jpg
写真整理|修学旅行編_a0284626_16494444.jpg



今日は修学旅行編。
この「増えるアルバム」タイプの重いアルバムに、小・中・高の修学旅行の写真を貼っていました。
たしか、高校生の時にまとめたんだと思う。
最後の方には、小学生から毎年クラスで撮るクラス写真(2Lサイズ)を貼ってありました。

このアルバムを手に取った時「このアルバムのデザインと重さにときめかない」と感じましたから、面倒だけど、中身を剥がして、入れ替える決断をしたのです。
アルバム自体にときめけば、剥がさなくてもOK、堂々と取っておけばいいのですが、このアルバムに私はときめかなかったんです。

写真整理|修学旅行編_a0284626_17555637.jpg
今日ははがす気になれたので、スクレーパー(100均のもので十分)を取り出し、1枚1枚まず剥がしていきました。
気をつけないと、写真を破くので注意。
写真整理|修学旅行編_a0284626_16494353.jpg
写真整理|修学旅行編_a0284626_17555814.jpg


一緒に貼ってあった紙などは、物によっては剥がれません。そういうのはもう、潔く諦めました。

写真整理|修学旅行編_a0284626_17555707.jpg

全部剥がしたら休憩。あったかいお茶を入れて気持ちを切り替えます。休憩が大事!
私は一旦お風呂に入りました。アロマを入れたりして、リラックス〜☆


そして続き。(別日にしてもOK。大事なのは、根詰めないこと)

我が家のアルバムはA4の綺麗な紙に写真を糊で貼る方式を取っている物が多いので(昔のスナップは3段ポケット式)それに合わせることにしました。
写真整理|修学旅行編_a0284626_17565431.jpg
写真整理|修学旅行編_a0284626_17565401.jpg


剥がした写真を1枚1枚手に取って眺め、残したい写真をスティック糊で貼り、外したコメントの紙をまたつける。コメントを細くしたい場合は書き込んで。
もうれがアルバム整理最後だと決めているので、丁寧にします。




数枚、処分しました。ぼけている写真、似たようなものがあり、自分の顔が好きじゃない写真、など。
処分する写真は「ありがとうございました」とお礼を言って、折りたたむか破って、最後全部まとめて紙に包んでゴミ箱へ入れました。こんまりさんは、写真や、ぬいぐるみなどを処分する時は、生ゴミと一緒にせず、塩をかけて捨てるといいと本で書いていました。
私は、自分の気持ちが納得できて捨てられる方法なら、なんでもいいと思っています。大事なのは、感謝して捨てること。放り込むように捨てるのではなく、ありがとうと、優しくゴミ箱や袋に入れる。


写真整理|修学旅行編_a0284626_17565408.jpg
そんな風に作業して3時間半。アルバムが完成しました〜。
ずっとこの重たいアルバムをなんとかしたかったから、やれて気分スッキリです!


小・中・高、どの修学旅行でも私の顔が笑顔いっぱいだったので、本当に楽しかったんだな〜と客観的に感じました。学生時代、その時々いろいろ辛い時期もあったけど、みんなではしゃいで楽しむ修学旅行でこれだけの笑顔になれてるということは、なんだかんだ言っても学校が楽しかったんだなって思います。
そういうことに気付けるのが写真整理。

衣類、本、書類、小物、と順番に整理→収納を進めていったら、最後に思い出品・写真が整理できる自分に成長しています。
最後の自分整理総集編が写真。過去の自分、特に、忘れていた記憶=潜在意識 の整理ができ、顕在意識とつながる素晴らしい作業です。これをやるとやらないとでは、残りの人生が全く違うと思う。

いきなり写真からはダメですよー
まずは衣類から☆

そこは順番が本当に大事です!
片付け上手なあなたも、衣類から順にやってみると、片付け上手な人こそ、変化の大きさに感動ですよ〜〜〜!














by danslesmimosas | 2016-02-14 23:41 | 整理収納・お片づけ

元精神科看護師・うつ・引きこもり主婦を経て、7年間整理収納アドバイザーとして活動。片づけや様々な悩みを抱える100名以上の受講生に寄り添い続ける中で、望みの人生に向かうには「脳の活性が不可欠」と知る。現在は「脳大成理論」という可能性教育の認定講師等をしています。


by 河合善水(よしみ)