NEW POST

たいわセッションを行いました

電話にてたいわセッションをさせていただきました。

クライアントさんは夫婦の危機で悩む女性。
夫婦関係を改善しようと努力していたのに、ご主人の気持ちは離れる一方で、とても辛い局面に立たされている方でした。

こんな状況に置かれると、相手を責めたくなるのが一般的ではないかと思うのですが、「自分のからだの声を聞いて向き合いたい」とセッションを申し込まれることがすばらしいなと感心します。

私個人としては「辛いよね・・・」と背中をさすりたくなる個人的感情が沸き起こりますが、たいわひととしては淡々とからだからの声を伝えてあげるのがお役目。聞こえたままをお伝えさせていただきました。

夫婦の危機という、表面上に現れた問題は現象に過ぎず、向き合うべき本当の問題は、自分の内側に隠れている本当の声に自分が気づき、できることから行動を起こしてみることで「感じてみる」ということなのだなと思います。ご主人の行動・言動に左右されるのではなく、この現状を通して自分がどう感じるのかを味わう。そうすると、どうしたいのか、どう伝えたいのか、自然と見えてくるように思います。

「事実は一つ、考え方は二つ」和田裕美さんの言葉が好きです。

みんなみんな、いろいろ抱えながら生きているものだと、たいわや整理収納のおかげで学ばせていただいています。ありがたいです。
フランス人的に言うとC'est la vie.(それが人生)なのでしょうね。

自分の人生、一度きり。
自分の感覚を大事にして、進んでいきましょうね。



by danslesmimosas | 2016-01-17 16:02 | たいわ

元精神科看護師・うつ・引きこもり主婦を経て、7年間整理収納アドバイザーとして活動。片づけや様々な悩みを抱える100名以上の受講生に寄り添い続ける中で、望みの人生に向かうには「脳の活性が不可欠」と知る。現在は「脳大成理論」という可能性教育の認定講師等をしています。


by 河合善水(よしみ)