NEW POST

片づけ祭り|着物


私の片づけ祭り、残すところあと少し。「年内に終わらせる」という自分との約束を守るため、スケジュールに刻んでがんばってます!

着物は「衣類」に属するものですが、高価で、親から頂いたものだと「しがらみ」もあり、もはや「思い出品」クラス。こんまり流「小物」の中の最後の最後にやるのがいいと思っています。

私が今持っている着物は、自分用に仕立ててもらった着物数枚と、母の着物をサイズ直ししてもらったものたち、主人の母にちょこちょこもらったものたち(サイズは合っていないのでお直し必要。長襦袢なし)。
実家から持ってきたものは、着物の種類や、長襦袢との組み合わせなど把握してるのですが、主人の母に頂いたものは、どういう着物なのかよくわからないのです。説明したり教えるのがあまり好きじゃない母なので、聞いてもわかる返事がこない(笑)母も時々身辺整理をしては、ものを減らそうともらって欲しがるので、こちらがその時いらないタイミングでも、そういう相手のタイミングにもらってあげることも愛だと思っています。(もらってあげるって言い方は失礼かもしれないけど、でも、相手が手放したくても捨てれないものを受け取ってあげるのが嫁の私の役割かなと思うのです)

私の母はすごく几帳面で、着物はシワなくピシッと綺麗にたたまれていて、たたむ後ろ姿も美しいものでした。育ちは貧しくて良くないけど、母の努力で着物の作法も身につけてきたことを思うと、心から尊敬します。親の何気ない後ろ姿って、子供の潜在記憶に残っていて、ある時ふと、思い出して役立つと思うと、自分の後ろ姿にも意識が向きますね。

一方、主人の母に頂いた着物はしわやシミ、ほつれがあるものもあり、広げてみて「これは着れないな」と思うものも。いただく時に広げて柄など気に入ったものだけもらうようにはしてましたが、しっかり広げてはなかったので、今回見てみてびっくりポンでした。

彼女にもらった着物を着るなら、サイズ直しをして、シミ抜き&洗いをして、長襦袢も作ってもらわないと着れない。「そこまでして着たいか?」と自分に問いながら、ときめく着物を選んでいきました。


片づけ祭り|着物_a0284626_10334800.jpg
着物の片づけ祭りをしてみて気付きたことは、「スペースが沢山いる」こと。
着物はたたみ方が決まっているし、両手で丁寧に持たないと袖が開くので、作業スペースと置くスペース両方が必要。広々した和室が理想ですが、我が家は今和室がないので、寝室で作業しましたが、先にスペースをもっと広げておくべきでした。

片づけ祭り|着物_a0284626_10334873.jpg
すべての着物を出して、ときめきチェックして、選んだものを新しいたとう紙に入れ替え、種類別に分けました。たとう紙にラベルを貼って、中身の着物の種類を記載。こうすることで、たとう紙をいちいち開かなくても何がどこにあるか探せます。この一手間が、後々「楽チン」にさせてくれるので、面倒でもやります。整理収納は楽して暮らせるようになるための「楽技」なのです!

片づけ祭り|着物_a0284626_10334812.jpg
「着物の畳み方ってこれで合ってたっけ?」と自信がなかったので、本棚に走り、着付け方の本を出してきました。本の片づけ祭りの時にときめいたこの本。出番がきました!ときめきで選んだ本は、必ず必要な時に出てきてくれます。以前プリントアウトしておいた着物の畳み方のわかりやすい資料のおかげできれいに畳めました!


片づけ祭り|着物_a0284626_10334894.jpg
捨てるものはないだろうと思っていましたが、こんなに出ました〜〜〜。
汚れた着物と、礼服用の羽織、おそらく単。主人の母にいただいたもの。

礼服の着物を着る時は主人のお葬式のときでしょうから、きっと忙しくて貸衣装にすると思うので不要。礼服も持っていないので、羽織だけ持っていても仕方ない。着物の買取に問い合わせたら礼服は引き取れないと聞いたので、感謝して処分しました。生地として利用することもなさそうだから。


着物は着るものだから、洋服と同じカテゴリー。
「同じカテゴリーのものは基本同じ場所にまとめる」がこんまり流と教わり、その意味が最近すごくわかるようになったので、着物を寝室に置きたくなりました。
しかしクローゼットはスペースがないし、タンスもない、洋服が入っている棚も満杯。着物を置くスペースは絶対ないと思っていました。仕方なく、隣の本の部屋の押し入れに仮置きしてました。違和感で心がざわざわでした。

それがです!
きちんとときめき片づけし、あるものを活用して収納したら、寝室の棚にカチッと収まりました!!こんまりさんの言う「カチッとポイント」が見つかりました!!!感動〜!!

近い将来、着物と洋服が一緒に入れられる上質のタンスを買いたいと考えているところだったので、今回整理して着物や小物がどれだけあるか把握できたことで、タンスの引き出しが何段くらいあれば全て治まるかも見通しが立ち、過剰に大きなタンスを買う必要もなくなりそうです。

ときめき片づけをしていくとどんどん自分がわかっていき、自分の持ちたいものも明確になっていくので、私の場合、洋服はあまり多くいらないことがわかってきました。
「服が増えてもいいように大きめのタンスにしておけば間違いない」と思いがちだけど、あとになって「もっと小さいのにすればよかった」と後悔してはスペースがもったいないしお金の無駄。
ここは面倒でも持ってる洋服を全部タンス仕様にたたみなおしてサイズを測り、それに合うタンスを吟味して買うことをしようと思います。

先日名古屋の大塚家具で見たタンスがとても素敵だったので、そのシリーズの中のどのサイズにしようか具体的に絞れてきました。
時間をかけて、手をかけて、もの選びをしていくのは、最初は面倒だけど慣れると楽しい!
本来モノって、そうやってゆっくり手に入れるのではないでしょうか。

大量生産、大量消費社会になり、早く簡単に安く手に入る時代に生まれ育った私たちは、どんどん買えることが嬉しくて、買うことで所有欲を満たしていたと思うのですが、もうそれは十分味わいましたよね。

「家具屋さんの家具なんて高くて買えないから、ニトリ行こう」ではなくて、家具屋さんの家具に惹かれる自分がいることに気づき、だったらまず見に行ってみる。見て触れて聞いて、自分の抱いた感情を感じてみる。

そしてそれが家に合うかどうか、きちんとサイズを測って、照合する。
持っているモノが入るかどうか、持ち物も出して見て、その家具に入るか照合する。

そうやって買ったタンスや収納用品は、たとえ100均のプラスチックかごであっても、長く愛せます。

収納用品を買うのは一番最後です❗️
最後の最後の最後のおたのしみです❗️
収納本を見て収納テクニックを真似しても、一時満足するだけで、根本的には何も解決しません‼️

かなり厳しく言いますが、断言できます❗️
なぜなら、私も散々やってきて失敗してきたから。
私の元に来てくださる全てのお客様も同じだからです。

正しい片づけ方、正しい整理収納方法を知ってほしいです。

私もまだ家の中が完全には完成していませんが、向き合う様子をここに書くことで、皆さんの片づけスイッチがONになるとうれしいな〜と思います♬


by danslesmimosas | 2015-12-27 14:33 | 整理収納・お片づけ

元精神科看護師・うつ・引きこもり主婦を経て、7年間整理収納アドバイザーとして活動。片づけや様々な悩みを抱える100名以上の受講生に寄り添い続ける中で、望みの人生に向かうには「脳の活性が不可欠」と知る。現在は「脳大成理論」という可能性教育の認定講師等をしています。


by 河合善水(よしみ)