NEW POST

お宅見学


お宅見学をさせていただきました♬

「新築するので整理収納の相談に乗って欲しい」というお声をいただくようになったので、最近少しずつ、数年内に新築された方のお宅見学をさせていただいています。

私自身、18歳の時に母が家を建てた時に私も間取りを考えたり設備を選ぶことに積極的に関わった経験がありますが、妻となり母となり、社会人となった視点での家づくり経験がなく、今後も予定がないため、友人や今まで講座などを受けてくださったお客さまのご協力をいただき、最近の家づくりの傾向を学ばせていただいています。時代の変化とともに、随分と家づくりの変わってきていますね!

今日は講座やたいわセッションモニターを受けてくださったお客様のお宅を訪問☆お世話になっているイトコーさんが建てた大きなお宅でした。

開放的な間取りと、随所に作られた大きなオープン収納棚が印象的なお宅。
カーテンはつけたくないと普段はブラインドを開放させている故、近所からの視線が気になるお悩みも。
また扉のないオープン棚がリビングにあるため、収納しているものが丸見えというのもお悩みでした。

開放的な間取りやオープン収納は使いやすさ・心地よさがある反面、窓の位置、様々な角度からの視線、プライバシーの配慮などなど、気配りする注意点が多いことがリアルに感じられ、建てた後に気づく「もっとこうすればよかった!」が多くなりやすいのかもしれないことを教わりました。

空間を描く力に長けた人はプランの段階で気づかれるのでしょうが、建築やインテリアの知識がなく、小さな子供たちを育てながら就学前に家を・・・という状況下で家づくりをする女性が多いことを想うと、限られた時間の中で彼女たちの理想や希望をいかに多く引き出し、描けるように提案していくかが求められることだと思いました。特に私のような整理収納アドバイザーやインテリアコーディネーターは、中から暮らす視点を細かな部分から見ていける力が必要だと、これから努力する必要性を感じ背筋がピンと伸びました(笑)
またいつか家を建てたい、リフォームしたい想いのある方は、日頃から感じる住まいの不便な点、改善したい点や、理想の住まいをノートに記録しておくことも伝えていく必要を感じました。いざ家を作ろうと工務店との打ち合わせが始まってから考え出すのでは、持ってた「気づき」の引き出しを開けるのを忘れてしまうこともあると思うのです。そんな提案はこれからの私の役目だなと感じました。(私自身も、今はリフォーム予定はなくても、突然新築やリフォームのチャンスがあるかもしれないので、ノート作っておこうかな♬)

お宅を見学させていただき、勉強のために写真もたくさん撮らせていただいたお礼に、整理収納アドバイスもさせていただきました♬
お片づけレッスンのようにじっくりヒアリングし、整理収納プランを後日提案するのとは異なり、その場で見聞きした限られた情報で即座に判断し提案できることは数知れてはいますが、講座やたいわセッションを受けてくださった彼女は予備知識や自分がすべきことに気づかれている方でしたので、「早速明日ここを子供達と一緒に取り組みます!」とリビングにある親子3人の勉強机を早速片付けると宣言され、整理収納アドバイザーとしては嬉しい達成感でした☆

お宅見学_a0284626_14505167.jpg
共通の友達が多いこともあり、「友達になってね」と交わした私たち(笑)お料理やお菓子作りが得意ということで、お言葉に甘えてランチをご馳走になりました。パンもおかずもすべて手作り☆素敵です!
こういう特技のある方は尚更、整理収納の悩みを解消し、どんどんおうちに人を招いておもてなしを楽しんで欲しいですね♡

お招きいただきありがとうございました☆

by danslesmimosas | 2015-07-23 15:20 | 善水の日常

元精神科看護師・うつ・引きこもり主婦を経て、7年間整理収納アドバイザーとして活動。片づけや様々な悩みを抱える100名以上の受講生に寄り添い続ける中で、望みの人生に向かうには「脳の活性が不可欠」と知る。現在は「脳大成理論」という可能性教育の認定講師等をしています。


by 河合善水(よしみ)