NEW POST

捨てなくてよかったモノ

捨てなくてよかったモノ_a0284626_20430256.jpg

私は独身時代から本が大好きで、買い集めていた人です。
文字を読むのが嫌いだったので、写真を眺めては好きな世界観に浸っていました。
その本の山を持って主人のアパートに引っ越し、新婚生活が始まりました。
そしてそれからも、本が増えて行きました。

整理収納を学び、整理を進めていくにつれ、かなりたくさんの本を手放しました。当時の私には想像ができなかったほどの質と量です。

普段はアマゾンマーケットプレイスに出品登録をしておき、買い手がつくと発送する、という方法で手放しているため、売れるまでは不要な本のストックがあるんです。

ところが、今日はなんと、その中の本が役に立ったのです!

今日お片づけレッスンに伺ったお客様は「よしみちゃんのおうちのような食器や調理器具にしていきたい」「何を買ったらいいかわからないので、買い物のアドバイスや同行もお願いしたい」との要望でしたので、まずは買い物に行く前に、「我が家のような」というイメージが、具体的にどういうスタイルなのかをご自身の中で明確にできるように、我が家の雑誌や本をたくさんお貸しすることにしたのです。

私にはもうお役目終了で卒業し、次のオーナー待ちだった柳宗理氏の本も、必要な彼女の手に渡り役立てられました。
だから、売れ残っていたんでしょうね。

私のこの本が彼女の未来を彩るのに役立つと思うと、思わずほっこりしてしまうのでした。


モノは捨てればいいのではなく、無理に捨てることもなく、スペースがあるのなら分けておけばいいんです。
そしてそのものの存在を覚えておけるのなら、堂々と取っておきましょう。
そして、時が来たら活用してあげてくださいね。


by danslesmimosas | 2015-04-17 21:29 | 整理収納・お片づけ

元精神科看護師・うつ・引きこもり主婦を経て、7年間整理収納アドバイザーとして活動。片づけや様々な悩みを抱える100名以上の受講生に寄り添い続ける中で、望みの人生に向かうには「脳の活性が不可欠」と知る。現在は「脳大成理論」という可能性教育の認定講師等をしています。


by 河合善水(よしみ)