NEW POST

いのちはつながっている

豊川市主催の杉本彩さんの講演会「いのちはつながっている」を聴いてきました。

20年動物保護活動をされている杉本彩さん。
以下のお話を深くわかりやすく、心に響く伝え方をして下さいました。

・飼い主に捨てられたペットの行方と保健所の実情
・ペットショップで売られる犬や猫の繁殖施設の現状と問題点
・肉を食べるということ
・動物実験
・毛皮やウール、アンゴラ
・殺傷事件の前には動物虐待が起きている
・動物に優しい社会は人に優しい社会
・視覚障害者と身体障害者の声

どれも身に染みるお話で、深く考えさせられました。
私たちひとりひとりがこれからどう行動すべきか、各々が考える必要のあるテーマでした。

その中で1つ、私がこのブログに書くとしたら…
「洋服は自分に似合うものを、吟味して買おう。そして長く大切に着よう」

悲鳴をあげながら皮を剥がされるアンゴラウサギ、血だらけで狩られるひつじたち。
そんな痛ましい動物たちのおかげで私たちは暖かいニットやコートをまとうことができているんですね。
動物に優しい毛皮採取をしている業者さんを通じて作られる衣類を買うことが一番いいことですが、そのようなブランドを見つけることも、限定して買うこともなかなか難しかったりします。
ならば、安いからとむやみに買わない、なんとなく買わない、必要以上に買わない。
本当に今の自分が着こなせる、似合う服を買い、大事に着まわしたいですね。
そのためには、着ていない服を整理することからはじめましょう。

今日はたくさんの動物たちに感謝と追悼の思いで黙祷したくなる1日でした。
大切なことを教えてくださった杉本彩さん、ありがとうございました。






by danslesmimosas | 2015-03-07 17:32 | 善水の日常

元精神科看護師・うつ・引きこもり主婦を経て、7年間整理収納アドバイザーとして活動。片づけや様々な悩みを抱える100名以上の受講生に寄り添い続ける中で、望みの人生に向かうには「脳の活性が不可欠」と知る。現在は「脳大成理論」という可能性教育の認定講師等をしています。


by 河合善水(よしみ)