NEW POST

醤油作り

醤油作り_a0284626_115343.jpg醤油作り_a0284626_114736.jpg
醤油作り_a0284626_123945.jpg醤油作り_a0284626_123243.jpg
醤油作り_a0284626_12574.jpg醤油作り_a0284626_125150.jpg
醤油作り_a0284626_135798.jpg醤油作り_a0284626_144595.jpg


豊橋の「ハーモニー食堂」さんで開かれた醤油作りのワークショップに参加しました。
醤油作り、何年も前からすごく興味があったのです。家庭で少量作ることができないので、大勢で仕込むのがとても楽しかったです。

豆麹と麦麹に塩を混ぜ、水を混ぜて発酵。
ふた夏越したもの(2年仕込み)を麻袋に入れて専用の圧搾機で絞り、火にかけて完成!

しぼる前のお豆の味と、絞ってからの味、火にかける前と後でも味が違い、とっても面白かったです。

これだけの手間ひまを掛けてできる本物のお醤油。
「調味料ほど値段相応のものはありません。1L(1kg)1000円がボーダーラインだと思います。1000円以上であればまず間違いないです」と講師の先生が調味料選びについて教えてくれました。

さしすせそ。1L1000円のお醤油やお酢、1kg1000円のお味噌は買える時と買えない時がありますが、その分味も材料も確かだと感じます。

良質の材料を使って、職人さんが手間ひま掛けて愛情持って作ってくれた調味料をいただくことは、相応のエネルギーもいただくことになりますし、生産者を支援することにもなります。

値段が安い・高いで判断するのではなく、長い目で見たり、循環を考えてみることで、手が出なかったモノを買うことができるようになってきました。本物を知ると、そうでないものに気づけるようになりますね。

お醤油作りを通してたくさんのことを再確認できました。

作ったお醤油ともろみの搾りかす、どちらもとってもおいしいです。

今日漬けたお醤油は1年半後頃に絞るそうなので、また参加したいですね。
by danslesmimosas | 2014-03-23 15:01 | 善水の手作り

元精神科看護師・うつ・引きこもり主婦を経て、7年間整理収納アドバイザーとして活動。片づけや様々な悩みを抱える100名以上の受講生に寄り添い続ける中で、望みの人生に向かうには「脳の活性が不可欠」と知る。現在は「脳大成理論」という可能性教育の認定講師等をしています。


by 河合善水(よしみ)