NEW POST

パンのラッピングへ

パンのラッピングへ_a0284626_012662.jpg
パンのラッピングへ_a0284626_012079.jpg
パンのラッピングへ_a0284626_011535.jpg


今日は「緑と風のダーシェンカ」幸田店さんへラッピングのレッスンに行ってまいりました♪
6月に有松店にクッキーのレッスンに伺ったのを機に、今回は幸田町の本店にお招き頂き、今度はパンのラッピングに。
素敵なみなさんとのご縁をいただき、楽しくお仕事させていただきありがとうございました。


パン屋さんのラッピングはパンを透明の袋に入れてタイで止める・・というスタンダードなパターンが真っ先に浮かぶため、今回のご依頼をいただいてからは、ご希望に添えるように名古屋の百貨店を中心にパン屋さん巡りをしたり、ネットや本で情報収集を重ね、ラッピング資材も本格的な業務用のお店やメーカーからお取り寄せするという、私のラッピング人生の視野を広げさせていただくことができました。

パンのラッピングというのはなかなか条件の厳しいモノだとわかり・・

・中が見えないといけない
・資材は耐油性でないといけない
・資材が高価だと商品代金に乗せないといけくなってしまう
・忙しい業務の中でできるだけ簡単にできるものがいい

うーん、厳しいですよね。
頭の中フル回転でした!!(普段頭を使ってないから・・!?)


本物の素材に拘り、おいしい石釜パンを作り続けるダーシェンカさん。
心込めて作られた1つ1つのパンが包まれていろんな場所で店頭に並んだ時、シンプルだけど素敵にパンを引き立て、ダーシェンカらしさがさりげなく光る商品になってくれたら・・・とっても嬉しいです。


本日はありがとうございました。
by danslesmimosas | 2013-08-23 16:30 | ラッピングレッスン

元精神科看護師・うつ・引きこもり主婦を経て、7年間整理収納アドバイザーとして活動。片づけや様々な悩みを抱える100名以上の受講生に寄り添い続ける中で、望みの人生に向かうには「脳の活性が不可欠」と知る。現在は「脳大成理論」という可能性教育の認定講師等をしています。


by 河合善水(よしみ)