NEW POST

マクロビオティック

マクロビオティック_a0284626_1441225.jpg

今日の実習メニュー。玄米ご飯とお味噌汁、青菜ときのこの和え物。とても質素に見えますが、本当においしかったです。1つ1つ丁寧に作ることの大切さがよくわかりました。

今日からマクロビオティック初級コースに通い始めました。
マクロビオティックというと「玄米菜食」お肉を否定する肩苦しい食事療法と誤解されている方もいるかもしれませんが、本当の意味は、宇宙の秩序・原理に従った生活法の総称であり、「ちょうど良い心身の状態を保つ」ための実践法です。
マクロ・ビオ・ティックを直訳すると、偉大な・生命(生活)・術(方法)となります。
中国で始まった易学など、陰陽五行理論と深く繋がっており、もともと陰陽五行に興味があった私には大変興味深く、単なる食事法だけでなく、自然界の一部である人間としての自分が食を通して心地よい状態を得るための道具になれば、家族や友人、周りの人たちをも幸せを与えられるようになると思い、学び始めました。

「暮らしを楽しむ会」で作るおやつや保存食も、動物性食材を使わないマクロ系レシピのものを紹介していますが、砂糖を多く使うものもあるので、マクロと言えないものもあります。体に優しい未精製のお砂糖や材料を使っても、それが体に必ずしもいいとは言えませんので、マクロを学ぶことで、よりみなさんに安心して楽しんでいただけるものをお伝えできるようになりたいと思います。

マクロは中級・上級コースまで参加する予定です。将来的には我が家で「マクロご飯を楽しむ会」を開きたいな〜と思っていますので、がんばって勉強してきます!

私が参加しているコースはこちらです。
コースは既に開講しており、コースでの参加締め切りは終了されておりますが、調理実習の日であれば、単発での参加が可能です。とっても楽しいあたたか〜いクラスなので、ご興味ある方、一緒に参加しませんか?「玄米ってこんなにおいしいんだ!」「塩と醤油だけでもこんなにおいしいの!?」などと感動されることと思います。体がそれを喜ぶこと、感じに来て下さいね。

ご質問はお気軽に、左記お問い合わせフォームからメール下さいね。
by danslesmimosas | 2013-04-16 14:38 | 善水のつぶやき

元精神科看護師・うつ・引きこもり主婦を経て、7年間整理収納アドバイザーとして活動。片づけや様々な悩みを抱える100名以上の受講生に寄り添い続ける中で、望みの人生に向かうには「脳の活性が不可欠」と知る。現在は「脳大成理論」という可能性教育の認定講師等をしています。


by 河合善水(よしみ)