自宅講座|一部内容と料金改定・キャンペーンのお知らせ


ヒト・コト・モノとの絆を深める整理収納アドバイザー 河合善水です☆


a0284626_12024891.jpg
a0284626_12024977.jpg
友達の家に行く感覚でアットホームでたのしく学べる自宅講座♪





内容と価格を改定しました。

2016年1月〜8月までの開講クラスは5回コース・8000円/回
2016年9月〜12月開講クラスは5回コース・10000円/回

上記の内容でさせていただいていましたが、
今までの内容や受講生さんたちの様子を見て、1回増加させていただく必要を感じ、検討した結果、6回とさせていただくことになりました。

今までは
1回目:片づける前に大切なワーク・整理収納の基きほん・衣類の整理収納法
2回目:本・書類の整理収納法
3回目:小物の整理収納法・収納のきほん
4回目:キッチンの整理収納法
5回目:思い出品の整理収納法・全体収納

という内容で行ってきましたが、1回目の内容が多すぎて毎回時間を30分以上オーバーしてしまうことが多く、でもとても重要なワークを行うので減らすこともできず、悩んできました。あきらかに、1回の内容が多かったのです。


今回、受講生・修了生さん達にご意見を伺ったところ、6回に増やすことに賛成いただく方ばかりでしたので、増やす決断をさせていただきました。

受講する前の方は6回も通えるか?と不安だったり、多すぎると感じる方も多いかと思いますが、「すっきり暮らしたい」「何がどこにあるかわかるようにしたい」というみなさん共通の「片づける目的」を叶えていくためには、6回が必須だと判断させていただいた次第です。


1回目と2回目の間は2週間程度、2回目以降は1ヶ月〜1ヶ月半に1度のペースでスケジュールを組んでいきます。
お子さんの夏休み・冬休み・春休みや、お盆お正月などの忙しい時期を加味して、どなたでも無理なく続けられるように考えてスケジュールを考えていきますのでご安心ください。


尚、受講料についてですが、こちらも修了生さん達の意見を聞かせていただき、内容に適した金額は6回コース54000円が相当であるという声を多数頂きました。私自身も、数々の講座・セミナーの参加経験から、その金額が妥当であるのではと感じたのですが、みなさんお金に対する価値観が様々ですし、あまり高価だと参加するのに敷居が高く踏み出せないと思いますので、限定数名の方にはキャンペーン価格6回48000円という金額にさせていただきます!

初回に一括でお支払いいただくことで、「これだけ払ったんだから本気で片づけがんばろう」と思っていただけるとうれしいです。払った金額以上の結果が出せるように、私もしっかりと、丁寧にサポートさせていただきます。

ご家庭の事情やご病気などやむを得ない事情で途中退会される場合は、事務手数料を差し引いた残金を返金させていただきます。

一括払いが難しい方はご相談くださいね。毎回払いもできますのでご安心ください。




自宅講座は、

  • 10〜14時と4時間の講座(昼休憩含む)
  • 河合善水の自宅収納がほぼ全て見られる
  • 1年間のメール・電話サポートが付いている
  • 整理収納を実践した様子を写真に撮って河合善水に送り、チェックしてもらえる
  • 講座の中でも個別の質問に細かく答えてもらえる
  • 受講生・修了生限定のLINEグループに参加でき、終了後も河合善水と繋がれる
  • 受講生・修了生限定の交流会・企画に参加できる

このような特典があります⭐️



イトコー講座など、外部で開催している講座と基本の部分は同じですが、

  • 時間は2時間〜2時間半
  • メール・電話サポートなし
  • 個別の質問や写真チェックをしてもらう時間がほとんどない
  • LIVEグループなし

となっています。

外部での講座は現行ですと、6回18000円(1回当り3000円)程度になっていますので、カルチャーセンター並みの参加しやすい価格になっています。

こちらは、「サポートはなくても良いから、話を聞いて自分でやってみたい」という方向けです。


  • 今まで片づけに関する講座に参加したり、整理収納2級アドバイザーを取得しても思うように使いやすい収納が作れない方
  • 片づけや収納に関する本や雑誌はたくさん読んでいるが、自分ではなかなかスッキリ整った家にできていない方

このような方は、今までに片づけに関していくらぐらい費やしてきたか、計算されると良いです。
いくつも本を買ったり、講座に行ったり、無駄に収納用品を買っていた場合、1〜2万は有に使っていたりするものです。


これ以上そうしたお金を使わないで済むように、6回54000円の自宅講座で実践が続けられるようになったら、目の前の片づいていない現実が動き出します。
習っても、本を読んでも片づけを続けないと状況は変化しないので、ずっとどこかモヤモヤして無意識にストレスを感じているものです。

それならば、少しお金はかかりますが、1回旅行を控えたり、洋服や外食、遊びや無駄遣いを減らして、そのお金を片づけに回すのはいかがでしょう?
自分が学び実践することで、家族も暮らしやすい家になり、子供達の自立を高め、周りの沢山の方に幸せを呼び込みます。



自宅講座の修了生さん達からはこのような声をいただいています。

  • 受講して本当によかった!
  • サポートして守らなかったらくじけていたから、サポートが良かった。
  • 善水さんの収納が毎回見れるのがすごく参考になった。
  • 写真を見てもらえたり、毎回講座の中で振り返りの時に質問できるので、講座だけでは解決できない自分の悩みが解決できて前に進めた。
  • 講座+自宅見学とサポート付きでこの金額は安すぎると思う。
  • 3000円程度の講座ではなく、でも個人レッスンでもなく、習って自分で実践していきたい私にはちょうど良い講座だった。なかなかこういう講座はないので、本当にありがたい。
  • LINEのグループがあるので、修了しても善水さんやみんなとつながっていられるのが嬉しい。
  • この講座は本当にお勧めで、友達などに話しているけど「高い」と言われちゃうのが残念。みんな受けたら片づけ・収納が実践できてすごく楽になるのに。
  • 善水さんのお家は良さがわかる人しか教えたくない(笑)本当に変わりたい人に教えています。


自信がなかった私が、整理収納を通じて少しずつありのままの自分を認められるようになり、ダメな自分も好きと思えるようになってきました。
そんな私が経験を経て、自信を持ってお勧めできるのがこちら↓の自宅講座です。


3月以降新クラスを開講できます。日程につきましては、以下の日程を組んでみました。
1回目・2回目は先に決めて、それ以降の日程は初回講座の時にみなさんで決めたいと思います。

パターンA (火曜日クラス
①3/21
②4/4
③5/9予定
④6/6予定
⑤7/4予定
⑥9/5予定

パターンB (木曜日クラス)
①3/23
②4/6
③5/11予定
④6/8予定
⑤7/6予定
⑥9/7予定

パターンC (金曜日クラス)
①3/24
②4/7
③5/12予定
④6/9予定
⑤7/7予定
⑥9/8予定



受講希望の方が集まりましたら、皆さんの希望を確認してA・B・Cいずれか1つのクラスを作る予定です。

日程決定しました☆
受講希望者さんのご要望に伴い、初回のみ金曜日となっています。
あと1名参加可能です。

①3/24(金)片づける前に大切なワーク・時間と手帳の使い方・整理収納のきほん
②4/6(木)衣類の整理収納法 
③5/11(木)本・書類の整理収納法
④6/8(木)小物の整理収納法・収納のきほん
⑤7/6(木)キッチンの整理収納法
⑥9/7(木)思い出品・写真の整理収納法・全体の収納

※時間は10時〜14時です。
※室内飼いの猫がいます。アレルギーの方はご注意ください。



なお、皆様の紹介でもいきなり講座に申し込みするのは勇気がいる方も多いと思いますので、お問い合わせ頂ければ「整理収納おしゃべり会」をわが家で随時開催いたします。

こちらも以前3000円でしたが、1500円に値下げさせていただきます。

お気軽にお問い合わせくださいね。(資料発送の関係上、3月10日申し込み締め切りです。)

お問い合わせは→ こちら





出張講座、整理収納おしゃべり会(お茶会)、その他「こんな講座(企画)をやってほしい」などのリクエスト大歓迎です☆
詳しくはこちらをご覧ください。

HP内のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせくださいね。




# by danslesmimosas | 2017-02-15 12:31 | お知らせ

個人レッスン|キッチンの整理収納①


ヒト・コト・モノとの絆を深める整理収納アドバイザー 河合善水です☆



今日は静岡県磐田市へ個人レッスンに行ってきました♪

先日アシスタント研修を受けていただいたユミコさんと一緒に。


私たちの訪問を首を長くして待ってくれていたmさんとお母様。

暖かい歓迎にやる気のテンションUPです(^^)

私、単純な性格なので、喜んでもらえるとご機嫌で120%の力が出ます(笑)


mさん親子は10月に個人レッスンを依頼して下さいましたが、家中を整えたいが予算が10万円ということでしたので、親子で自宅講座を受けて自分たちでできることはやっていただき、最後に個人レッスンで訪問してお困りの場所を整えていく形にさせていただきました。


ちょうどそのタイミングがやってきた時にアシスタント志望のユミコさんが現れたのです☆

しかもユミコさんは浜松在住なのでmさんの家から近い!


まさに、整理を頑張っているmさんへの天からのプレゼントとしか言いようがない運びでした。


ほんとにほんとに、がんばっていると必ずいいコトが起きますからね☆



今回は1日4時間のレッスンを2週間ごと3回、というご依頼。

わずか3日でできることは限られていますが、家族みんなが1番多く過ごすダイニングキッチン&リビングの作業をすることにしました。


1日目の今日は食器の整理収納。

すでに講座を受けてコツコツとキッチンのモノの整理を始められているので、明らかに不要なモノは処分されていました。



a0284626_12213799.jpg




私たちが10時に訪問した時には食器棚や倉庫などにあった食器全てを居間に出しておいてくださったおかげで、すぐに整理(選別)作業に取り掛かることができました。


a0284626_12213877.jpg
a0284626_12213770.jpg
この棚の中のモノも全て出しておいてくれました



「もし、1時間1万円の弁護士さんが明日の13時~14時の1時間だけなら会えるとなった場合、それまでに何をしますか?」


アシスタントのユミコさんのことばに大きな刺激をいただいた私。

弁護士さんに相談したいことがあって、1時間きっかりしか会えないとなったら、事前に聞くことを整理してメモしてまとめておきますよね。聞き漏らしがあったら大変ですから。


同じことばを事前にmさんに伝え、私たちがレッスンに伺うまでに何をしておくと良いか考えてもらいました。


その結果、食器を全て出しておくことと、別の収納の中にあったモノたちも

出しておいてくれました。これだけでも30分以上時間短縮できました。

すばらしいです!




a0284626_12213825.jpg


食器の種類別に整理していき、今後使いたい食器を使用頻度と使いやすさを考えながら収納位置を決めていきました。

居間まで器にこだわりがなく、貰い物を使っていた関係で不揃いな上、よく割るということで数も足りていませんでした。


食器を重ねる場合は基本2種類までと伝えています。3種類以上重ねると、取りたい食器が取りづらくなり、戻すのも面倒でつい上に乗せていくからです。そうなると下にある食器は使わなくなる。


その点も考えていただきながら選んでいただきました。

これを機会に買い足したい食器もあるということで、何を買い足したら良いかもアドバイスさせていただき、買い物リストを書き出してもらいました。

食器屋で働いていた経験が生きています☆






今回、mさんのご好意で昼食をご馳走になりました。

(通常食事やお茶だしのお気遣いはご遠慮していますので、不要です)


その際、箱に入っててずっと使っていなかった漆塗りの吸い物椀と、艶やかな湯のみを試しにみんなで使ってみました。


すると、とってもテーブルが華やいでいいかんじ☆


a0284626_12213814.jpg


単品でそのモノを見ると「これは趣味じゃないな」「どうやって使うのかね?」と思うモノでも、使ってみると意外な良さを感じたりします。逆もあります。

使ってみても良いモノであれば、どんどん使ってみる。おすすめです。

せっかく良いモノをいただいて持っているのなら、普段使いにしてしまいましょう!普段の生活のグレードが上がり、豊かになりますよ。



時計とにらめっこしながらユミコさんと手分けして整理→収納作業を進め、予定時間になんとか終了!

終了後おいしいお茶とお饅頭をいただいたので、みんなで30分くらいおしゃべりを楽しませていただきました。

こうした時間がお互いリラックスして心を開いて話せる時なので、絆を深めることができます。お互いに時間が許す時はこんな時間を過ごさせていただいています。





mさんの感想


自分でも食器を整理してきたけど、やっぱりプロの方に来てもらうと全然違いますね!

来てもらわなかったら、手放していいモノを残して使える食器を捨ててたと思います。捨てなくてよかったです。


整理しているとだんだんと苦しくなってきて重たい気持ちになることがあり、今日も辛くなりました。それは自分の中の問題だと思っていたけど、善水さんにモノのエネルギーなのだと聞いて気が楽になりました。「100個のモノがあれば100人の人がいる状態」その言葉になるほどと思いました。今までたくさんのモノたちの存在を忘れてしまいこんでいたので、苦しかったと思います。出してあげれてよかったです。


食器棚を収納してもらい、扉を開けて何がどこにあるか一目でわかるので、すっきりしていて使いやすいです。出し入れが早くなりそう!


将来近くに家を建てて出ることも考えているけれど、この家を整えてから出ないといけないとずっと思っていました。自分たちだけきれいな家に住んでも実家が汚いと幸せじゃないし、まずこの家で整理収納を身につけないと、新居でもできないと思います。今がタイミングでした。




mさんのお母様より



片づけに関して、娘との信頼関係ができたと思う。

今まで何でも捨てられそうで、何か言われるたびに構えてしまっていたけれど、以前衣類の整理をして嫁入りダンスの和ダンスを処分することになった時、最終的に私自身が手放したくない気持ちがあったことに気づき、残してくれたのが嬉しかった。

それ以来、娘を信頼して片づけを進めてもらえるようになった。





ジーン。

素晴らしくて涙が出そうでした。

こんな素敵な親子のやり取りに立ち会わせていただけるお志事に出会えた事を幸せに思います。


10月からコツコツと母娘で片づけを続ける中で、いろいろな思いが交差しながらも、同じ目標に向かって歩いてこられたからこその好変化。努力の賜物です。


この素敵な愛情溢れる家族を、安心安全なお住まいにすることでさらに幸せに暮らしていただきたいと心から思います。


60代と70代のご夫婦にとって、家の中の隅々まで見られることはとても恥ずかしく勇気のいることだったにもかかわらず、娘さんを信じて私たちを温かく迎え入れてくださったそのお気持ちを胸に、残り2回のレッスンを務めさせていただこうと思っています。


アシスタントがいるとこんなにも頼もしく、進みが早いものなのだと、良さを痛感しました。

ユミコさんには大して指示もできず自主性に任せがちでしたが、状况を見ながらすべきことを見つけて率先して動いていただき、今まで同じ時間では一人でこなしきれなかったことをやっていただけて、本当に助かりました。

私なら言わない言葉もmさんに話してくれて、的確でありがたかったと感謝いただいています。


a0284626_12213873.jpg
ユミコさんの言葉を聞いてじっくり考えるmさん


ある程度スピーディーな作業が必要なお宅には、アシスタントとチームを組んで作業することも大事なことだと改めて思いましたので、今後は共に活動できる仲間を増やしていこうと思います。


貴重な体験をありがとうございました。

あと2日、みんなでがんばりましょうね☆


貴重なお写真の掲載協力ありがとうございます。



●2017年3月 サポート付き自宅講座「わたしと家族がしあわせに心地よく暮らせる家づくり」

お得なキャンペーン開催中!

ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。


●3月6日 修了生さんのお宅訪問会


●3月10日 防災士に学ぶ!「パッククッキング会」


出張講座、整理収納おしゃべり会(お茶会)、その他「こんな講座(企画)をやってほしい」などのリクエスト大歓迎です☆

詳しくはこちらをご覧ください。


HP内のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせくださいね。



# by danslesmimosas | 2017-02-13 17:55 | 整理収納 個人レッスン

1年間の個人レッスンが終了しました!

ヒト・コト・モノとの絆を深める整理収納アドバイザー 河合善水です☆



2016年3月~2017年2月まで個人レッスンを受けていただいていたお客様のレッスンが終了しました!


取り組みの様子をスライドにまとめましたので、ぜひご覧ください。↓




今まで担当させていただいた個人レッスンの中で一番長い期間、時間も多い事例でしたので、私の中でもとても印象に残るお宅でした。


正直、最初の頃は無事に終わるか自信がありませんでした。


a0284626_13545747.jpg

a0284626_13554078.jpg
a0284626_13551117.jpg


どの部屋もなかなかの散乱っぷりでしたから、最初のうちは片づけても片づけても一向にスッキリ感じなかったのです。


お客様も、思うようにできなかったりレッスンの日を忘れたり、途中辛くなって疲れてしまったり、いろんなことがありました。


それでもコツコツと続けてこれたおかげで、最終的には屋根裏収納と思い出品以外を全て整えることができました。


今後は今まで学んだことを活かして、残りのモノたちをご自身で続けていくそうです。


1年かけて培ったものは、彼女の中に深く根ざしていると確信できた最終回でした。


「片づけなくても別に困らないし」


「床にモノがあっても気にならない」


そんなことを言っていたあの彼女が、モノを捨てれるようになり、あの時残したモノたちさえも今は手放すようになってきました。


作った定位置が維持されている。

持ち物を把握している。

安易に買わなくなった。


いろいろな変化がありました。



「それぞれのペース・段階がある」


彼女から大切なことを教わりました。


レベルの高い収納を目指さず、多少不便でもあるモノを活用して一旦これでやってみる。


ときめくモノじゃなくても、モノが多くたっていい、捨てたくないモノは持って暮らしてみる。


暮らしながら「やっぱりこれいらないな」と自分で気づいた時、第二弾の整理をしたら良い。



人生初の「片づけ」ができた彼女に、「1年もの長い間本当によく頑張ったで賞」を送りたいと思います。



写真の提供、本当にありがとうございました。

この写真たちに勇気付けられる方々が多くいらっしゃると思います。


今回の貴重な経験を、片づけに悩む方に生かさせていただきますね。



1年間本当にありがとうございました。



●2017年3月 サポート付き自宅講座「わたしと家族がしあわせに心地よく暮らせる家づくり」

お得なキャンペーン開催中!

ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。


●3月6日 修了生さんのお宅訪問会


●3月10日 防災士に学ぶ!「パッククッキング会」


出張講座、整理収納おしゃべり会(お茶会)、その他「こんな講座(企画)をやってほしい」などのリクエスト大歓迎です☆

詳しくはこちらをご覧ください。


HP内のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせくださいね。



# by danslesmimosas | 2017-02-10 17:38 | 整理収納 個人レッスン

雑誌をたくさんもらいました

ヒト・コト・モノとの絆を深める整理収納アドバイザー 河合善水です☆




先日弟から


「come homeいる?いらないなら処分しちゃうけど」


とメールが来ました。



あんまり本は増やしたくないけど、come homeはDIYをする我が家にとってとても参考になる雑誌だし、インテリアの参考にもなります。


捨てるなら譲り受けて活かしたいと思い、もらうことにしました。


1時間かけて届けに来てくれて、兄弟の存在のありがたみを感じました。


私の唯一の兄弟、弟です。独身です(^^;)


早く結婚して、かわいい妹くれないかな~~~~




わが家に数冊あるcome home。うちにある号を伝えておいたので、それ以外を持ってきてくれたんですが、まさかこんなにたくさんあるとは知らず…。


a0284626_13361069.jpg
a0284626_13361170.jpg


弟よ、多すぎない?

あんた、モノ持ちすぎじゃぁないの?


なんて思ったりもしたわけですが、

状態もいいしワクワクしたので、カズマデザインの本棚にGO❗️


FIGARO voyageのフランス特集はときめきキュンキュンなので私の本棚へ♡





come homeを読みたくなったらわが家に遊びにきてね~~


1day cafeでもやろうかな!?

来てくれるヒトいるかな?




出張講座、整理収納おしゃべり会(お茶会)、その他「こんな講座(企画)をやってほしい」などのリクエスト大歓迎です☆
詳しくはこちらをご覧ください。

HP内のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせくださいね。

# by danslesmimosas | 2017-02-09 13:30 | 整理収納・お片づけ

たいわセッションをさせていただきました。

ヒト・コト・モノとの絆を深める整理収納アドバイザー 河合善水です☆




今日はたいわセッションをさせていただきました。

小さなお子さんを持つお母さんが来てくださいました。


たいわ師や池川明先生とのご縁からたいわヒトの存在を知って私をHPで見つけてくださったそうです。


同居されているご主人の実家と義さんとの関係に悩まれていました。

実家を出て別で暮らしたいと気持ちが固まり始めているようでしたが、からださんからの声はそれをストップさせる温かいことばたち。


とてもほっこりするセッションとなりました。


個人的に「あぁ、よかったね~~~」と思わず言ってしまったほどです。

せっかくなら、ご主人の実家の皆さんと仲良く同居できた方がお子さんにとっても豊かな環境ですものね。


大変なことは多いと思いますが、彼女ならきっとできると思います。



セッションを受けられた方からの感想を紹介します。



昨日は、ありがとうございました。


早速、旦那とお母さんに話しましたが、

今のままで、やっと頑張れる気がしました。


今までは、妹と話しもしませんでしたが、朝、一緒にご飯を食べる時に

お話しもすることができました。


やはり、同居をしているとイロイロな想いがありますが

私の子どもも、妹の子どもも

一緒に遊べる事を楽しみにしていると思うと、私の意見だけで切り離してしまうことはできないし

引っ越しも考えずに頑張ろうと思います。


大根の漬物も、本を見たりして

やってみようと思います。


よしみさんのお話しを聞いていなかったら、今ごろ引っ越していたと思うので、本当に助かりました。

ありがとうございました。


自分の身体の声を聞く。って大事ですね。

また今後とも宜しくお願いします。


子どもがお昼寝をしたので、

からださんの言ってたようにゆっくりお茶を飲みたいと思います。



掲載のご協力ありがとうございました。

半年後、1年後の様子を聞かせていただけるのを楽しみにしていますね♪


お幸せに♡




●2017年3月 サポート付き自宅講座「わたしと家族がしあわせに心地よく暮らせる家づくり」

受講生募集中

ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。


●3月6日 修了生さんのお宅訪問会


●3月10日 防災士に学ぶ!「パッククッキング会」


出張講座、整理収納おしゃべり会(お茶会)、その他「こんな講座(企画)をやってほしい」などのリクエスト大歓迎です☆

詳しくはこちらをご覧ください。


HP内のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせくださいね。


# by danslesmimosas | 2017-02-08 15:02 | たいわ

わたしと家族がしあわせに心地よく暮らせる家づくり④|開催しました


ヒト・コト・モノとの絆を深める整理収納アドバイザー 河合善水です☆




「ダメダメなんです…。小物の整理も書類の整理もまだ終わってなくて、このままで次の講座に行ってもダメじゃないかと悩んでます。どうしたらいいですか?」


昨日受講生さんからメールが届きました。



時々こういう方がいらっしゃいます。


答えは「もちろん来てね~♡」です!



富士山を登ってるようなモノなんですよ。

家中楽に片づく仕組みを作ってるわけなので、ゆるゆるお片づけではないからです。


今、5合目なのか、7合目なのか。

とにかく、山の中腹にいて、先が見えない、登っても進んでる感じがしない状態ですね。



きっと彼女は「100点取らないといけない」と思ってきたタイプでしょうね。


  • 80点ではダメですか?
  • 60点ではダメですか?


いいですよね!

ゼロだったところからスタートして60点分、80点分できたんですもの。



自分ができたところまでを自分が認めてほしいなーと思います☆



a0284626_12024891.jpg
お話しする時間をできるだけ多く取ることで、抱えていた悩みを解決していきます。

a0284626_12024918.jpg
a0284626_12024977.jpg
回を重ねるごとに仲良くなる受講生さんたち♡
微笑ましくてうれしくなります。






無事講座に来ていただけて、前回の講座から今回までにできたことを振り返りました。



この日の受講生さんたちの声です。


  • 講座に来ると「やらなきゃ…」と苦しいけど、実践できて着実に変化するのでがんばれる。
  • 他の整理収納関連の講座をいろいろ受けてきたけど改善しなかった。この講座は理論と具体的な実践方法が知れるのですぐに実践できて良い。
  • 一度整理した場所はリバウンドしない!家族も同じ場所に戻せるようになるから楽になる。
  • 家族のモノのテリトリーは動かさずその中で整頓するようにしてるので、みんなが戻してくれる。
  • 雑誌のように収納用品を揃えたいと思っていたけど、空き箱の方が自由自在で楽しい!引き出しやケースの中も箱で仕切っていったら、細かいモノもすごく取り出しやすくなった。空き箱が大好きになり集めている!
  • 空きスペースがあっても空き箱で四角く仕切ってあるので、空いたままにしておける。
  • 整って快適になってみて、今まで無意識のストレスを感じていたことに気づいた。
  • ずっと手をつけるのが嫌だった屋根裏収納をやっと整理し始めることができた。今まで実践してきたので、要不要の判断が早くなってる自分に驚いた。
  • 夫のモノが多いと思っていたけど、以外と自分のモノが多いことに気づいた。
  • リビングなど、家族のモノが多い場所は所有者と一緒に整理する時間の調整が大変。それよりも自分のモノ、自分が管理しているモノを先に整理収納していく方がやりやすい。
  • 小物の収納が決まると日々のストレスが減る。
  • 「これは使わないけど、どうしたらいいか?」とやり場がわからず放置していたモノたちをどうしていくといいか方向性が見えたので気持ちが楽になった。
  • 自分の弱さが出てきて、自分と向き合うのがテーマだった。落ち込むパターンが見えてきた。
  • 時間の使い方をもっと工夫しようと思う。
  • 初回に理想の暮らしを書き出したのを見直すことで、くじけそうになった時原点に戻って考え直せるようになった。「ま、いいか」ではなく「どうしたらいいかな?」と考えられるようになった。
  • 前回習ったように、平面図に家族の行動と使うモノを書き込んでみたら、モノの定位置作りが明確になった。
  • 今まで100均のファイルを使っていたけど、善水さんが使っている無印良品のファイルに変えたらすごく使いやすくなった。ある程度の値段を出す価値を感じた。
  • 主人の母がメルカリを始めたので、不用品を売ってもらえることになった。私は忙しいので甘えようと思う。
  • 私が結婚したのは家事ができるきちんとした奥さんではなく、子供を大切にしたいからだったと気づけた。家事をちゃんとやらないといけないととらわれていたけど、むしろ子供達との時間を取れるように、整理収納で家事を効率よくできるようにしていこうと思う。
  • 片づけがずっと苦手だったからモノを持ってはいけないと思い減らすことばかりしてた。ストックももたないようにしてたので、夜急に足りないモノを買いに走ることも多くストレスだったけど、ストックを持っていいことを知って置く場所を作れたらすごく楽になった。
  • 自分にあったモノの持ち方をすればいいんだと知り、気持ちが楽になった。
  • 片づけを始めた目的は自分を好きになりたかったからだと気づけた。今まで片づけできない自分が嫌いだったから。





この講座への感想


  • 自分と向き合えて、モノの片づけだけでなく、いろんなことに気づけるから良い。
  • 1回1万円×5回=5万円も払う以上、絶対片づけを実行しようとがんばれる。
  • 3000円程度の講座に何度か行ったり整理収納アドバイザー2級も取得したのに今まで思うように収納ができなかった。でも今は1回1万円と高くても着実に実践ができてやったところはリバンドしなくなるから金額以上の価値がある。
  • 善水さんの収納を見学できるのが良いし、サポートも助かる。
  • 気軽な講座でもなく、個人レッスンでもない、中間的な講座はなかなかないので、私には本当に良かった。
  • もう一度聞きたい講座があるので、再受講制度があると良い。




貴重な感想ありがとうございました。

再受講制度はこれから行いたいと思います。受講生・修了生さんのLINEグループにお知らせしますね☆




●2017年3月 サポート付き自宅講座「わたしと家族がしあわせに心地よく暮らせる家づくり」

お得なキャンペーン開催中!

ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。


●3月6日 修了生さんのお宅訪問会


●3月10日 防災士に学ぶ!「パッククッキング会」


出張講座、整理収納おしゃべり会(お茶会)、その他「こんな講座(企画)をやってほしい」などのリクエスト大歓迎です☆

詳しくはこちらをご覧ください。


HP内のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせくださいね


# by danslesmimosas | 2017-02-07 15:43 | 整理収納講座・企画の様子

作りかけのエプロンがやっと完成しました!|エプロンがご縁で出会えた友人との思い出

ヒト・コト・モノとの絆を深める整理収納アドバイザー 河合善水です☆




今主人と私が使っているエプロンは2008年に作ったモノでした。

なぜ覚えているかというと、印象的なことがあったから。

2008年、私たちは名古屋の郊外で築50年の古い家を借りて住んでいました。
ボロボロだった家をDIYでリフォームし、とっても楽しく住んでいました。

まだ子供がいなかったので、友達をよく招いていました。

ある時、東京に住む友達が名古屋に来ることになり、うちに泊まりにきてもらいました。
その時、彼女の友達も仕事の関係で一緒に来るということで、友達が私に紹介したいと言ってくれたので、初対面でしたが泊まりに来てもらいました。(人見知りの私にしては珍しいことですが、後に運命的な出会いとなるのです)

その初対面の方は、フランス語の通訳をしている方でした。
お父さんの仕事の関係で小学生の頃フランスに住んでいたため、発音がネイティブにそっくり。
(小学校中学年のころ2、3年海外に住んでいると、一番発音が上手になるそうです。その時期を逃すと、残念ながら努力しても限界があると、フランス語の先生が言っていました)

彼女に私が持っていたフランス語の絵本を読んでもらうと、うっとりするほど滑らかな口調にとろけそうになったのを覚えています。

人柄もとてもチャーミングで、こんな素敵な子と出会えて本当によかった♡と、思う出会いでした。
あの時、初対面の方を拒否しなかった自分に拍手‼︎



そしてここにもう一つの運命的な出会いがありました。

実はもう一人、英語の通訳をしている方がこの日彼女たちと一緒に仕事をしていたため、その方もうちに夕食を食べにきてもらったんです。

その方も、友達のオススメの人でしたから!


お招きしたら、それはもう愉快な宴でした!
初対面なのにとても話しやすくて、笑いが絶えない明るい方たち。

みんなの共通点は「海外好き」なので、旅話で盛り上がりました。



時間を忘れて楽しんでいると、その英語の通訳の方のご主人が奥様をお迎えに来てくれました。
名古屋に住んでいるご夫婦なのです。


そのご主人がうちの玄関を上がり、宴をしていた居間に入ると、まず目に留まったのは、キッチンに立っている主人でした。


私たちが女子会を楽しんでいる間、主人は気を利かして食べ終えた食器を洗ってくれていたんです…。
(なんともありがたい、感謝ですね。)


そしてその主人は、素敵なエプロンをしていました♡
私が上質のリネンで手作りしたものです。


奥様を迎えに来たはじめましてのご主人は、私の主人がエプロンをしてキッチンに立っている姿を見て、「仲間だーーーー!」と思ったそうです!!


そう、そのご主人も、共働きの奥様を支えるために、「兼業主夫」という肩書きでHPを持つほど、家事を楽しんでいる方だったのです!

その方、NoryさんのHPはこちらです↓
こちらはブログ↓ まめに更新されていてすごいですよ。生活の知恵が満載です。
そして、Noryさんと主人は家事の話や「憧れは妻の扶養家族」という話で盛り上がり(笑)またゆっくり会いましょうとなったのです。


翌日東京チームの二人は帰って行ったのですが、私たち夫婦はNoryさん夫婦と家が近かったので時々おじゃまし、美味しいおもてなしを受けたり、壊れた家電を直してもらったり、家事やインテリア、収納の話をしたりと、家族ぐるみで仲良くさせていただける友達になりました。


あの日、友達の友達をお断りしていたら…

あの日、主人がエプロンをしていなかったら…
キッチンにいなかったら…


もしかすると、Noryさん家族とは出会えてなかったかなと思うと、ぞっとするほど、あの日に感謝しています。


そんな素敵な引き寄せをしてくれたエプロンですから、主人にエプロンは欠かせません❗️


10年も使ってさすがにくたびれてきたので、重い腰を上げて縫いました。
生地を裁断して3、4ヶ月放置してあったのですが、いよいよもってエプロンが破れかけてきたので、やる気に。
裁断してあったので、印付けをしてアイロンをかけて縫ったら1時間で仕上がりました。1時間あればすぐ終わることなのに、やる気になれないと手がつけられないんですよね…。
そんな気まぐれな自分との付き合い方がいつも課題です。


そもそもエプロンは買えばいいのになぜ今回も作ったかというと、使っていない生地がたくさん眠っているからです。

服を作ろうと思って買ったけど、気が変わって作りたくなくなった色の生地や、クッションカバーにしようと思って買ったけど、これまたインテリアに合わない気がしてやめてしまった布。

そんな出番を失った布たちを消費して減らしたくて、エプロンに活かしました。



a0284626_21102642.jpg
主人には黒のエプロン。私のスカートにする予定だった布でしたが、黒は似合わないのでやめました。

a0284626_21102644.jpg
クッションカバーにするつもりだったトウモロコシ柄。結局グレー系のクッションにしたのでこれは使わず。





私のエプロンはシンプルでどんな服にも合うリネンの生成り色が良いけれど、しばらくはトウモロコシでガマン!?です。
でもきっと、トウモロコシ着て作る料理は楽しいはず!生地自体のデザインは好きですからね。

主人の黒いエプロンも時々借りて、気分によって使いわけよう。
サイズは同じだから。



エプロンは他にもう1枚、お料理教室などで使うものがあるけれど、まだ布があるので、もう一枚作ろうかな。
個人レッスンのお客様のお宅の片づけ作業をするときエプロンをつけようかな。
使いやすいポケットを付けて♪



友の会の羽仁もと子さんの本から教わりました。


「買わない心がけ」を。

なくなったらすぐ買うのではなく、家にあるもので工夫できないか考えることの大切さを。



また一つ、実践できた自分に拍手です。



講座の修了生さんが最近お子さんの入園グッズを作ったことをきっかけに、「洋服を作ってみたかったから、これからやってみようかな」と報告をいただきました。

理想の暮らしを描いたときにも書いていたのかな?!


やりたいと思っていたことが、忘れたころに叶う!
整理収納を実践するとよくあることです。


実は私、裏メニューで洋裁も教えています。
もともと、整理収納を仕事にする前は、洋裁やおやつ作り、ラッピングの教室のようなことをしていたんです。


最近は整理収納の講師業と個人レッスンのお客様の片づけ作業で予定がいっぱいなのでほとんど開催していませんが、洋裁やラッピングを教えて欲しいという方には、ひっそりとやらせていただいてます(笑)

もし興味のある方は、お問い合わせくださいね。




出張講座、整理収納おしゃべり会(お茶会)、その他「こんな講座(企画)をやってほしい」などのリクエスト大歓迎です☆
詳しくはこちらをご覧ください。

HP内のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせくださいね。
















# by danslesmimosas | 2017-02-06 07:10 | 善水の手作り

再びスケートへ☆|片づけ効果で運動好きに♪ 子供にも優しくなれる!


ヒト・コト・モノとの絆を深める整理収納アドバイザー 河合善水です☆


またまたスケートに行ってきました!
急に行きたくなり「明日行こうか!」と家族みんなガッテン!

前回行った時のことはこちら↓

整理収納を実践して、運動音痴だった思い込みを外すことができ、20年ぶりにスケートしたらスイスイ滑れた私の経緯を綴っていますので、読んでいただけると嬉しいです。


前回2週間前に行っているので、施設のことが周知できている分段取りがしやすくなりました。
昼食を食べるスペースが用意されているので、おにぎりとお茶、おやつを持って行き、10時半すぎ〜15時半までたっぷりと遊んできました。

娘は見通しが立たないことにはすごく慎重なので、スケートも怖がって、自分でなかなかチャレンジができませんでした。
主人か私、どちらかの手を握ってじゃないと滑ろうとせず、やればできるのにやろうとしない。
そんな娘の背中をどう押したらいいか考えながら滑りました。

午前中は主人と交代で手を握って滑りました。
滑り始めは私も感覚がつかめず、「今日はちょっと怖いかも」と思った途端、コケました。
怖いと思うと途端に不安になり、バランスが取りずらくなる感覚に気づきました。明らかに、意識だなと。

2週間前にスイスイ滑れた感覚を呼び戻すために、まずは練習♪
、娘と手をつないで一緒に滑っていると、不思議と落ち着く自分がいます。手を離して一人で滑ると、ちょっと心細い不安感があったりしました。手をつなぐことで「何か」に安心できていたようです。

そばに家族がいる安心感?
子供を支えなきゃという責任感?

何でしょう?「何か」です。


一人で滑ったり、家族で滑ったりを交互にするうちに、徐々に感覚を取り戻してきました。

利き足の右足の方がバランスが取りやすいので、できるだけ右足で長く滑れるようにすると上手な人のように優雅にゆったりと滑れることに気づきました。同時に、反対の左足も踏ん張れるようになるといいなと。

両足で立っている時は両足の刃に重心がかかるように、片足で滑っている時は片足の刃に重心が乗るように、瞬間瞬間で中心軸がぶれないようにすることなのかも!と、気づきました。

そこを意識して滑りだしたらグンとうまくなり、楽しくなりました!


そうすると心に余裕が出てきて、べったりな娘にも優しく接することができ、掛けてあげる言葉が柔らかくなっている自分息づきました。


どの言葉で本人の意識が変わるかわからないので、いろんな表現で声をかけてみた結果、

「ス〜イ スイッ♪ って心の中で言いながら滑るとできるよー」という言葉が響いてくれました。

一緒に「ス〜イスイ♪」と繰り返し言いながら手を離して並走すると、どんどん滑れるようになった我が子!

まずは半周滑れたら「すごいすごい!もうここまでこれたよ!」と喜び合い、1周滑れたらハグし、もう1周、もう1周、と続けることができました!!

転んでも転んでも立ち上がり頑張る姿に感動…。

自転車に乗れるまで練習した日のこと、嫌がりながらも頑張ってスキーを滑れたあの日のこと(一瞬だけどね)。
かつての感動を思い出しました。

自転車の練習は主人に任せてあまり付き合えなかったので、私が好きなスケートでは付き合ってあげたいなと思います。
できなかったことの挽回ですね!


お昼から近所のお友達が偶然来たので、娘は褒めてもらえました☆

お友達や、お友達のお母さんに褒めてもらえると本人も自信がつきますね。
こうして一緒に子供を見守ってくれる人たちの存在に感謝感謝です。



主人は「俺はスケート、そんなにはまらないな、テニスを早く始めたいな」と言ってたので、これからは娘と二人で行こうと思います。今シーズン、あと2回は行きたいなー。

最近友の会の家計簿に慣れてきて、今年の予算を明確にしたので、月々の娯楽費の目安が組めました。
主人が行かなければその分費用が安く済むので、1、2回多く行けて嬉しいです(笑)


子供と過ごす時間を思いっきり楽しむために、整理収納を実践し、すべき家事を手早く済ませ、休日を確保すると良いですね。
探し物や片づけに追われる時間がなくなると、その分好きなことの時間を回せます。
片づいていると掃除に時間がかからないので、掃除にかかる時間も短縮できますから、休日の家事や掃除も普段より早く済ませられるようになります。

ストックの持ちすぎや重複買いをしていたことに気づくと、無駄な買い物がなくなり、必要なこと、欲しいもの、やりたいことにお金を回したくなります。すると、お金の使い方が変わります。

これからどんな風に暮らしていきたいかを描き、目指す方向を具体的にしていくことで、それに近づくために日々の行動を変え用意という意識に変わっていきます。

その日々の行動の積み重ねが、未来を創っていきます。


現状に不満がある方、なんとか変えたいと思っている方は、叶えたい未来を描くことから始めましょう。
そしてそのために必要な行動を起こしましょう。

その手段の一つが整理収納です。

自分のモノ、自分が管理しているモノと丁寧に向き合えば、必ず自分のことがよくわかるようになり、心身の整理ができます。
時間の使い方が上手になり、優先順位を考えるのがうまくなります。

決断力が早くなり、思考整理も人付き合いも上手になります。


とにかく、いい方向にすごく変化します☆


まだ気づいていない、自分の才能や、能力が開花しますよ!
運動音痴だった私が運動好きになったように。
人生変わりますね。



整理収納は、料理と同じで、習って実践すれば誰でもできるようになります。
習わないと、難しいです。

残すモノを見極める作業(結果的に不要なモノを減らす作業)と、モノの定位置を作る作業の2つをする必要があります。
減らす方に取り組んでいる方は多いですが、捨てるモノ探しは必ずリバウンドを招きます。
定位置作りも、知識がないととても難しいと思います。苦手な方がとても多く、よく相談をいただいています。


話を聞いてみたい、やれるかどうか相談したいと思ったら、いつでも連絡くださいね!
気軽に参加できるおしゃべり会を企画しますからね。

いつでもご相談をお待ちしてます☆



出張講座、整理収納おしゃべり会(お茶会)、その他「こんな講座(企画)をやってほしい」などのリクエスト大歓迎です☆
詳しくはこちらをご覧ください。

HP内のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせくださいね。



# by danslesmimosas | 2017-02-05 18:33 | 善水の日常

子供の作品の収納

ヒト・コト・モノとの絆を深める整理収納アドバイザー 河合善水です☆



「子供の作品が増えていくのでどうしたらいいですか?」

お母さんたちに頂く質問ナンバーワンです。
(ナンバーワンは、いくつかありますが。笑)


私たち大人は、モノを欲しいだけ持つことはできないですよね。
スペースに入るだけ、飾れるだけにします。
古くなったら処分するとか、人にあげるとか、売るとか、家から出す方法を考えます。

子供の作品は、本人が手放さない場合、ずーっと持ち続けていいのでしょうか????


大人と同じで、スペースに入るだけ、置けるだけ、飾れるだけにしなくて良いのでしょうか?

大人と子供は違うの?


そんな風に考えてみたらどうでしょうか?


大切なのは、子供が大きくなったとき、「自分で整理収納を続けられる大人」になることです。それは自立することでもあります。

だとしたら、子供だから、子供のモノだから、と特別視することはないと思います。
どんなモノでも考え方は同じですね。


自分が作った工作品や手芸品があったとします。作るのが好きで、次々増えるとします。

そしたら、どうしますか?



スペースがたくさん取れるならそこに入るだけ取っておけば良いし、省スペースしか取れないなら、そこに入る分しか置けないのは当然です。

「どのくらい持って良いか?」という適正量を決めていくことが大事です。
それはどんなモノでもね。


我が家では、セリアで売っているplenty boxの箱のシリーズで、木目調の箱があるのですが、それをリビングの子供の収納棚に1つ入れています。
その箱に入るだけ、作品をしまって良いとルールを作っています。

作りたての作品は、棚の上に飾ります。

しばらく飾って満足したら、その箱にしまうか、本人が処分します。

最初の頃はなかなか処分できず、こちらが声をかけて「捨てないと箱がいっぱいになるねぇ」と気づきを与え、箱の中に残したいモノを優先的に入れると入りきらないモノは持てないことを認識してもらいました。

それを数年繰り返すうち、本人がゴミの日の前になると「これ捨てる」と決断できるようになりました。

私自身も、不要になったら早めに決断して家から出す心がけをしているので、背中を見て「そういうものだ」と思っています。
やっぱり、親が手本を見せるのが大事ですね。自分は片づけできていないのに子供に片づけろというのはおかしいですよね。

私も人のこと言えませんけどね(笑)私は片づけはできるけど、他のことでできていないことがたくさんあるので、こうして書きながら自分に言い聞かせています。


a0284626_21505389.jpg

節分だったので、学校で鬼の作品を作ってきました。

学校ではキットになった材料で工作することが多く、面白みに欠けるなぁと正直思っていたのですが、これはイイね❗️

娘は「いらん。捨てる」と言いましたが、壊れていたところを私が直し、写真に撮りました。
そして子供の棚の上に飾ろうと話し、しばらく飾ることにしました。

そしたら鬼の口の穴にポケットティッシュを詰め込み、「ティッシュ入れにする!」と、楽しそうにしていました。
しばらくはここからティッシュを出すようです(笑)


このブルーは私が好きな色なので、眺めていてほっこりします。


写真に撮ってあるので作品が壊れても心残りはなし。


写真は継時的にアルバムにいれればOKです。
この年にこの作品を作ったんだなーと、後で振り返れますね。


いかがですか?

お子さんの作品に悩んでいた方、ヒントになりましたか?


知らなかったことを知れると、やって見ようと思えますよね。

「片づけのためにお金を払って講座に行くなんて考えられない」という声もたくさん聞きますが、こんな風に知らないことがわかり、解決できたら、どうでしょうか?

お料理と同じで、習って実践していけば、必ずできるようになるんです。


長い人生のうち、今、半年くらい講座に通って片づけを実践するだけで、これからの長い人生がうんと楽になるんですよ。

未来の自分と家族への投資だと思って、講座に来ていただけたらうれしいなと思っています。

受講生さん、修了生さんたちもみなさんそう言ってくれてますよ😊




出張講座、整理収納おしゃべり会(お茶会)、その他「こんな講座(企画)をやってほしい」などのリクエスト大歓迎です☆
詳しくはこちらをご覧ください。

HP内のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせくださいね。


# by danslesmimosas | 2017-02-04 08:50 | 整理収納・お片づけ

思い出品と向き合ったお話|私が29年連れ添っているクマのぬいぐるみのこと

ヒト・コト・モノとの絆を深める整理収納アドバイザー 河合善水です☆


ツキノワグマのくまちゃんがこんなことやらされてまーす!

a0284626_20302126.jpg
a0284626_20302090.jpg


このくまちゃんは、私が10歳のクリスマスに両親にプレゼントしてもらったもの。
(ということは、もうこの年にはサンタさんはうちには来なくなったんだなぁ)
この頃大きなクマやゴリラの人形が流行っていて、いろいろ見に行って気に入ったものを買ってもらったことを鮮明に覚えています。嬉しかったな〜。

クマちゃんはだっこするのにちょうど良くて、いつもベッドに置いて一緒に寝ていました。
辛い時は抱きしめたり、うれしい時もハグしたり「高い高い〜」と投げたり(笑)

そんなかけがえのない月日を共にしてくれたクマちゃん。
結婚する時には新居にはいらないなぁと思いつつも、捨てられず、でも「実家には荷物を置いていってはいけない」という母でしたので、やむなく新居に連れて行きました。
あ、でも引越しの時、クマちゃんを運ぶのを忘れてしまい、空っぽになった私の部屋にポツンとクマちゃんが残っていたとか。それを見た母が可哀想になったと、母の部屋に置いてくれたことも覚えています。
その後、新居に連れて行きました。


新居のアパートは主人が一人暮らしをしていた部屋だったので狭く、クマちゃんは納戸部屋のような普段使わない部屋に入れられました。

その後引っ越したアパートでも、袋に入れて押入れに…。


さらに引っ越した古民家では、洋服を収納していた棚の一番上の段に置かれていました。
「あれ、クマちゃん最近見ないな」と思ったら、主人が「クマちゃん高いところが好きみたいだから」と、追いやられてました(^^;)


そんなクマちゃん。
整理収納をするたびに、「これ、もういらないよなぁ、大きくて邪魔だよな」と思いました。
実家で飼っていた犬(コーギー)に鼻を噛まれ皮が剥げていたので見た目にもイマイチでした。
毛も日焼けして色が褪せてきているし、まくら代わりにしてたから体も反っている。
正直不恰好で、リビングに置く気になれませんでした。


でも、2015年にこんまり流片づけを実践し、すべてのモノと丁寧に向き合ってから最終的にクマちゃんと話をしてみた時、独身時代過ごした月日のことを思い出しました。

悩んで辛かった時、泣きついたこと。
心細かった夜、一緒に寝てくれたこと。
嬉しいことがあった時、喜びを表現したこと。
本を読む時枕にさせてもらったり。

思い出すほどに、単なるぬいぐるみを超えた無二の共であるように感じました。

とてもまだ、捨てられない…。

最後に出た答えでした。


じゃぁどうしようか?


その頃寝室の奥の布団収納の棚の上に置いてあったクマちゃん。
普段は存在を忘れられ、気づくと埃っぽくなり、たまに洗濯機で丸洗い。
可哀想だなと思いました。


そこでリビングを整理し、クマちゃんを置けるようにしました。

娘もあまり遊ばないので普段はリビングの片隅に座っているだけだけど、時々家族みんなに構ってもらえるようになりました。

ダイニングの椅子に座っていたり、リビングでテレビを見ていたり(笑)

体格がいいので存在感があり、様になります(笑)


ということで、時々娘が遊び相手になってくれるようになり、今日はこんな姿になったわけでした!

クマちゃん29歳。
ぬいぐるみとしては高齢なのかな!?

高齢なのにこき使われて申し訳ないけれど、押入れや棚の上に放置されているよりもきっと喜んでるよね。

思う存分娘に遊んでもらい、使い切ってもう捨ててもいいなと思える日が来るまで、一緒に暮らそうと思っています。


思い出品と向き合うお話でした♡






# by danslesmimosas | 2017-02-04 08:05 | 整理収納・お片づけ

防災士に学ぶ!「災害時に役立つパッククッキング会」のお知らせ

ヒト・コト・モノとの絆を深める整理収納アドバイザー 河合善水です☆


防災士に学ぶ!
「災害時に役立つパッククッキング会」のご案内

a0284626_15532176.jpg
こちらは以前小野綾子さんの自宅で開催された様子です。


パッククッキング、ご存知ですか?
市販のビニール袋でいろいろなおかずやご飯が作れる湯煎調理法です。
1つのお鍋で複数のおかずが同時に作れることがポイント!
これを知っておくと、万一被災した時、限られたお水と普段家にある食材で生き延びることができます。

日本は地震大国。南海トラフ地震は30年間にからなず起きると予測されており、それは明日かもしれません。
被災してもすぐに救援物資が配給されるわけではありません。配給所に並ぶのに体力や水分も必要です。
配給は、毎日同じような揚げ物のお弁当で食べ続けるのが辛いという声も届いています。

この調理法を知っていて普段食べるモノで上手に食材ストック(ローリングストックと言います)ができていれば、配給に頼らなくて済みます。
普段の生活でも役立ちます♪

防災士であり、整理収納アドバイザーでもある小野綾子さんを講師に迎え、わが家のキッチン・ダイニングで調理をします。
わが家の食料とお水の備蓄収納も実際にご覧いただけます。
被災生活をイメージして食事をいただくことで、家族を守る意識も高まることでしょう。
恐れるのではなく、万一の時「知っておいてよかった!」と思えるように一緒に体験しませんか?
実験のようでたのしいですよ♪


↓こちらは私が以前参加した時の様子です。

とっても楽しくて生きる知恵がつくすばらしい企画となっています。
ご一緒にいかがですか?



防災士小に学ぶ!『災害時に役立つパッククッキング会』

*3月10日(金)10時〜13時
*場所:河合善水自宅

*定員:4名 満席になりました。キャンセル待ち1名受付可能です。
*参加費:3500円
*持ち物:筆記用具・エプロン・お手拭き

・作った食事は皆さんでいただきます。昼食は不要です。
・3月8日以降キャンセル料1000円かかります。


お問い合わせ・お申し込みはこちらのフォームからお願いします。
(ご存知の方は電話・メールでも結構です)



【ただいま参加者募集中の講座】

受講生募集中
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。




出張講座、整理収納おしゃべり会(お茶会)、その他「こんな講座(企画)をやってほしい」などのリクエスト大歓迎です☆
詳しくはこちらをご覧ください。

HP内のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせくださいね。


# by danslesmimosas | 2017-02-01 18:00 | お知らせ

「講座修了生さんのお宅訪問会」のお知らせ


ヒト・コト・モノとの絆を深める整理収納アドバイザー 河合善水です☆




大好評♪「講座修了生さんのお宅訪問会」を開催します!


去年10月に開催し大好評だったこの訪問会。
自宅講座修了生さんのご好意により、再び開催いただけることになりました!

前回の様子はこちら↓


↓こんな素敵なお宅です🎵
a0284626_14440498.jpg

修了生さんのご好意により、講座を受けて自分で整理収納を実践し、家中を整えて行った様子を惜しみなく公開してくださいます。

LDK・和室・寝室クローゼット・納戸・洗面所。
なんと、4LDKの一軒家のほぼ全て!

衣類、本、書類、小物類、子供(小1女の子)のおもちゃと学用品、水周り、キッチン、思い出品の収納の実例が見られて参考になること間違いなしです。

誰が住んでも住みやすい、使い勝手の良い間取りですので、これからマイホームを考えていらっしゃる方には参考になると思います。

雑誌に出てくるようなセンスのいい収納を生で見られる貴重なチャンスです。
写真で見るのとは違い、実際の様子を見せていただけることは印象に強く残り、ココロを大きく動かします。


河合善水の解説付きで、収納のきほんも学べますよ。
見学の後はみんなでお茶の時間を楽しみましょう。
受講前の様子や、片づけに取り組んだ様子も写真にて紹介します。



  • 片づけたいけど一歩踏み出せない方、実践した方のお話を聞いてみませんか?
  • 受講中の方、片づけ途中の方、実例を見たり経験者とお話すると励みになりますよ!
  • 片づけを終えた方、修了生の方、素敵なお宅の収納を見ると自宅をより素敵にしたくなりますよ!ご自身の体験もぜひシェアしてくださいね。

片づけ・収納をテーマにおしゃべりできるのも楽しいひと時です。
これを読んでワクワクした方、ピンときた方、ぜひご参加くださいね。




【企画のご案内】

  • 日時:3月6日(月)10:00〜13:00
  • 集合時間:9:50 指定場所に集合(豊川市国府方面。申込み時にご案内します。)
  • 定員:5名(残り2名)
  • 参加費:5000円(お茶・お菓子付)
  • 申込み締切:3月3日(金)

【詳細】

  • 女性限定です。
  • お子様同伴可。(お菓子が必要なお子様は+500円/人。持込可。)
  • 必要な方は筆記用具をお持ちください。立って見学するため、バインダーなどあると便利です。
  • スリッバはありません。必要な方はお持ちください。
  • 狭いスペースは交代で見学いただきます。
  • 写真撮影はご遠慮ください。


お問い合わせ・お申し込みはこちらのフォームからお願いします。
(ご存知の方は電話・メールでも結構です)




【ただいま企画中の講座】

受講生募集中
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。



出張講座、整理収納おしゃべり会(お茶会)、その他「こんな講座(企画)をやってほしい」などのリクエスト大歓迎です☆
詳しくはこちらをご覧ください。

HP内のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせくださいね。




# by danslesmimosas | 2017-02-01 17:12 | お知らせ

わたしと家族がしあわせに心地よく暮らせる家づくり講座③|開催しました

ヒト・コト・モノとの絆を深める整理収納アドバイザー 河合善水です☆



自宅講座
「わたしと家族がしあわせに心地よく暮らせる家づくり講座③」小物の整理収納編でした。

a0284626_08311651.jpg

まずは前回お伝えした本と書類の整理収納が実践できたかどうかの振り返り。
毎回講座では前回の振り返りを欠かさず行っています。なぜって、振り返ることで自分自身が頑張ってきたことを認められるし、何がわからなかったか整理でき、聞くことで解決できるからです。

なかなかこういう「振り返る」という行動は自分一人では続かないことなので、講座の中で時間を取っています。
お話を伺うことでわたしも受講生さんが取り組んだ様子を把握でき、その人その人が何に悩み、どうしたいと思っているの理解できるので、求めていることへのアドバイスが的確にできます。

特に自宅講座ではその時間を長く取れるように時間を配分しているので、一方通行になりやすい講座ではなく、かといって個人レッスンのようにマンツーマンでもなく、中間のグループレッスンのような形でバランスがいいと感じています。
受講生さんたちにも好評いただいています。


a0284626_08311734.jpg
受講生さんと話し出すと次々話したいことが出てきてお互いに止まりません(笑)
笑うことも多く、わたしもとっても楽しいです♡
a0284626_08311758.jpg
もちろん、まじめにやってまーす。






今日の受講生さんの声

・モノと1つ1つ向き合って整理することで、今まで大切だと思っていたモノが意外と手放せ、逆にそうでないものにときめいて残している自分に驚きました。小物や書類を整理したら音楽に関するモノを多く残していることに気づき、音楽なんて無縁だったので、あらたな自分を発見しこれからどうつながってくるか楽しみです!

・自分のモノと、自分が管理しているモノの整理はできたけど、主人のモノは本人が触られたくないので手がつけられなかったのがストレスだった。でも、主人は主人なりにどこに何があるか把握しているので、勝手に触ってほしくないと。そこで主人の本や書類がごちゃごちゃしているのが見えなければ良いと気づき、本人の了解を得て扉の中に収納させてもらったらすごくスッキリした。

・今まで母からのもらいものが多く、それを捨ててはいけないと無意識に思い込んでいたいたけれど、この講座に来て、使わないモノは手放しても良いと知ってから手放せるようになり、すごくスッキリした。わたしはモノを少なく身軽に生きたいことに気づいた。

・衣類、本、書類、の整理収納は楽しく実践でき、捨ててはいけないと思ってたモノを手放せスッキリできてきたことがうれしいです。

・今日の講座の話はとてもわかりやすかったので理解できたつもりでいますが、実際にうまく収納できるか不安も感じています。収納スペースを測ったり、そこに合う収納用品を選ぶことが苦手なので、そこが不安です。まずは整理し、空き箱を使って試してみます。

【河合家の小物収納を見学して】
何がどこにあるかわかりやすく、きれいでした。参考になりました。
手書きのラベルがかわいかったです。

(30代女性 既婚)






出張講座、整理収納おしゃべり会(お茶会)、その他「こんな講座(企画)をやってほしい」などのリクエスト大歓迎です☆
詳しくはこちらをご覧ください。

HP内のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせくださいね。


# by danslesmimosas | 2017-02-01 16:29 | 整理収納講座・企画の様子

イトコー講座「整理収納を実践し、ラクに暮らせる仕組みを作ろう!」②|開催しました

ヒト・コト・モノとの絆を深める整理収納アドバイザー 河合善水です☆

a0284626_08562618.jpg

a0284626_08562768.jpg

1月26日(木)イトコー講座「整理収納を実践し、ラクに暮らせる仕組みを作ろう!」②開催しました。


今日は以前行った、片づける前に大切な「理想の暮らし描く」ワークなどの宿題を提出していただくことからスタートしました。

真面目にたくさん記入された方もいれば、簡単にしか書けなかった方。全く書いてこなかったという方まで、いろいろでした。

強制はしませんが、書くと書かないとでは明らかに書いた方が、片づけが続けやすくなり、成果が上がります。
これはわたし自身も経験してきたことですし、30数名の受講生さんを見てきて痛感していることです。
書いた方が絶対トク!!
書き出すことは時間がかかり、その場で効果が出るとは限らないので、目先のことに気が取られてついついやれないものです。でも、10分、15分書く時間をとることで、その後すごく楽になります。これはやった方々はみなさん実感されています。

悩みがあるときも、時間の使い方で悩んだときも、とにかく「書く!」
モノは出して分けて収納することで整理できますが、頭の中は開けて出せませんので、書き出して気づいて処理することなんですよ。

そんな方法も、講座の中で惜しみなくお話ししています。
単なるモノの片づけの話に留まりませんよ〜〜



今日は衣類の整理収納方法のお話しでした。

衣類といっても、洋服、下着、パジャマ、服飾小物、靴、かばんなど、いろいろ含まれています。

衣類の整理の仕方と、たんす・引き出しケース・クローゼット、下駄箱の収納について詳しくお話しさせていただきました。

レッスン生さんや修了生さんに掲載許可を頂いた写真もふんだんにスライドでお見せしました。
みなさんが大好きなテレビで見るようなビフォーアフターも、経過も含めてみていただきましたので、片づいてリバウンドしなくなるプロセスを理解いただけたと思います。

耳でも目でも学んで理解できると、あとは「実行しよう!」という意思が働きやすくなりますよね。
習っても実行しなければ現実は全く変わらないので、みなさんが実践しやすくなるような具体的な方法をたっぷりお伝えしています。


そして、大切な「洋服のたたみ方」も一緒に実践しました♪

a0284626_08562622.jpg

畳んで立てることはみなさんテレビなどで見てご存知の方が多いですが、「しっかり立つ」ように畳めている方は少ないです。
こんまりさんが立ち上げたときめき協会の講座でしっかり習ってきた方法を一緒に実践していきました。
a0284626_08562625.jpg
a0284626_08562649.jpg


どんなモノもピシッと立つ様子に、みなさんの「おぉ〜〜」という声が響くのが楽しかったです♡




【受講生さんの感想の一部をご紹介します】


・毎日コツコツとがんばろうかな、という気持ちになりました。
・一人ではとても頑張りきれないと思います。(コース制の講座に来て良かったです)

(40代女性・既婚)


・まずは自分の部屋にある衣類から、その後納戸にしまってある衣類へと、早速実践していこうと思います。
(60代女性・既婚)


・同居の義実家が残したモノがをとにかく多いので、捨てて片づけてすっきりしようとばかり思っていましたが、「暮らしを良くする」ことについて考えるようにします。
(50代女性 既婚)


・子供同伴で参加したため、子供が何度もトイレに行くので話が部分的にしか聞けずイライラしてしまいました。聞けた内容はがんばろうとおもいました。少しずつ片づけていきます。
(30代女性 既婚)
a0284626_08562775.jpg
入園前の小さい子がいると講座に参加するのも片づけを実践するのも思うようにできず辛いですよね。
私も経験したのですごく気持ちがわかります。
でも、お子さんが小さいうちこそお母さんが整理収納を学んで身に付けていくと後々お子さんに教えられるようになってお母さん自身もすごく楽になるので、こうして参加してもらえてとてもうれしいです。
イトコー講座ではお子様連れでの参加可能です。






出張講座、整理収納おしゃべり会(お茶会)、その他「こんな講座(企画)をやってほしい」などのリクエスト大歓迎です☆
詳しくはこちらをご覧ください。

HP内のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせくださいね。

# by danslesmimosas | 2017-01-31 22:56 | 整理収納講座・企画の様子

結婚記念日♡|花束をもらう→包装紙の収納

ヒト・コト・モノとの絆を深める整理収納アドバイザー 河合善水です☆



1月31日、結婚記念日でした♡ 「愛妻の日」です。(偶然です)

12年が経ちました。
結構経ったなぁ〜〜と感じますが、「結婚23年です」などと年上の友達に聞いたりすると、まだまだだなと思ったりもします。


数日前に「そうだ!結婚記念日だ!」と思い出したのは私。主人は忘れていました…。イベントに疎い人なので、そんなものです。


娘に話すと「やったー!お祝いだー!!」と大喜び。
ご馳走やケーキが食べれると思っている。


平日だからどうしようかなと思いながら、私も仕事が立て込んでいたので後回しにしていると、気づいたら当日を迎えていました。


この日は1日家で仕事をしていたのですが、お昼過ぎ、出先から帰宅した主人が花束を持って登場〜❗️



a0284626_22243920.jpg

こういうサプライズをする人じゃないので、感激でした♡♡


手書きのメッセージにはジーンとくる言葉が。


節目節目に気持ちを伝えることの大切さを改めて感じました。



ありがとう。本当にありがとう。

お祝いしてくれたことも、こんな私と長く連れ添ってくれていることも、日々、家事など手伝ってくれることも。


主人も、こんなことを感じたそうで、ブログに綴っていました。
お恥ずかしいですが、新婚旅行の写真までたっぷり掲載されています(^^;)↓よかったらみてください。



a0284626_22243966.jpg


いただいたお花はすぐに花瓶に生け、ラッピングされていた紙は子供がラッピングや工作に使えるようにラッピング資材を収納している紙袋にすぐしまいました。
茶色の方は綺麗な紙だったので、くるくる巻いて包装紙を入れてるバケツのような入れ物に立てて入れました。

主人からのメッセージカードは、2階にある、主人からの手紙を保存しているファイルへ。


それぞれ定位置が決まっているので、すぐに収納できるのが楽チンです。モノの5分です。
こういうことを後回しにしていると、モノが溜まっちゃいますよね。そして後々まとまった片づけ時間が必要になってしまう。未来の自分を忙しくしてるんです。

こういうモノを取っておいて活用したいのなら、適正量残す仕組みを作ると良いですよ。
活用するならね。活用しましょう。

私は資材入れが「ちょっと一杯になってきたな」と感じたら、必要なモノ以外捨てる心がけもしています。


こんなところにも整理収納です(^^)



こんな、わがやのモノたちの収納が家中全て見られる超貴重な自宅講座↓

受講生募集中
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。



出張講座、整理収納おしゃべり会(お茶会)、その他「こんな講座(企画)をやってほしい」などのリクエスト大歓迎です☆
詳しくはこちらをご覧ください。

HP内のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせくださいね。

# by danslesmimosas | 2017-01-31 22:15 | 整理収納・お片づけ

20年ぶりのスケート!

ヒト・コト・モノとの絆を深める整理収納アドバイザー 河合善水です☆



先日、家族でスケートに行ってきました!アクアリーナ豊橋です。

スケートなんて、小学生の時に家族で行って以来。しかも当時全然滑れなかった記憶。
「スケートなんて無理」と、ずっと思っていました。

でも娘が行きたい行きたいと言うので行くことに…。
それも、現在体験で参加させてもらっているボーイスカウトの活動で。

他のお父さんお母さんやスカウトの隊長さんなどもみえるので、その中で不格好な滑りをするのは恥ずかしいなと思い見学だけにしようかとも迷ったのですが、自分のからだの声を聞いてみると「滑りたい!!」と言ってるように感じました。

「そうだよね〜〜本当は滑れるようになりたいんだよね〜〜〜」

私もそう思いました。

ならば、やるしかない!

そういう意識になった途端、思考が変化しました。


・どうしたら滑れるのか?
・何を着ていったらよいか?

もう、「行く」前提です。

意識が変わると、思考も行動もその瞬間から変化しますね。



20年ぶりのスケート。何を着ていったらいいかもわかりません。
スキーウェアーほど防寒しなくてもよいだろうし…。
転ばなければ濡れないし…。(転ぶかもしれないけど)


考えているうち、ピンときました!

「この前買ったランニングウェアがちょどよいじゃん!」←三河弁です。笑

a0284626_21533927.jpg

ランニング用のタイツの上にGパンを履き、トレーナーを着た上からランニング用のウィンドブレーカーを着ました。

結果、大正解♪♪

滑っていると体があったまるのでちょうど良かったです。

ランニング用タイツのおかげで適度に足をサポートしてくれて快適でした。

ランニング以外の場面でもいろいろ使えるように、シンプルなウェアにしておいて正解でした。

子供が小さいと外で遊ぶ機会が多いので、多用できるスポーツウェアがあると良いですね。


ボーイスカウトで参加していたあるお母さんに「かっこいいですね!良く来るんですか?」と言われてビックリでした。



ちなみに肝心のスケートは…

それが…


めちゃめちゃ滑れました〜〜〜!!!


自分でもビックリです!


壁に捕まることなく、スイスイと何周も滑ることができ、1回しか転ばなかったです。


なぜ滑れたかというと、スイスイと滑っているイメージをしていったから。

浅田真央ちゃんが滑るのを想像したり、アヒルや鴨がスイスイ泳ぐイメージをして滑ったり、とにかく「たのしいー!」と思って滑りました☆


それから、「中心軸」を意識したことも大きかったです。
しっかりと「立つ」ことを意識したことで、転びそうになっても立つことができ、元に戻れるようになりました。


こんなに滑れるとは思っていなかったので、うれしくて楽しくて子供を置いてスイスイ何周もしました(笑)
ちょっとはまりそうです。


調子に乗っていたら子供の友達に「ねぇ!この子達を教えてあげて!」と、滑れない子2人を預けられました(笑)
怖がって力がガチガチの子を両手につないで滑ったのですが、怖がって下を向いているから重心がずれて滑れないんですよね。
どうしたら意識が変わるかなと、いろんな言葉をかけて楽しさを伝えながら滑るのが楽しかったです。


怖いもの知らずの子はいっぱい転びながらどんどん滑るし、慎重な子は手が離せないし、性格が表れますね。
いろんな子たちと関わらせてもらえて豊かな気持ちになれました。

今年もスノボに行けそうにないので寂しいなと思ってましたが、スケートならサッと行けるのでこの冬はまりそうです(笑)


ちなみに私、運動オンチでした。
体育なんてなければいいのにと思っていました。

でも整理収納を実践しモノを通して自分と向き合った時、本当は運動を楽しみたいことに気づいたんです。
運動オンチだと思い込んでいただけで、思い込みを外していけば楽しめるはずだと。

2年前、10年ぶりにスノボに行ったら当時よりも上手く滑れてビックリしました!
その時したことも「私は楽しく滑っています!」と意識しただけでした。

走るのなんて絶対嫌だと思っていたのに、秋からランニングを始めました。
時間を作るのに苦労しているけど、ゆるゆると楽しく続いています。

挫折したテニスもできるようになりたいなーと思うし、スキーもやりたい。

無縁だった運動が、趣味の一つになるといいなーと今は思っています。


整理収納によって起きる変化は未知です!

捨てるモノ探しではなく、モノと丁寧に向き合うことで、本当に自分に気づいていくことができます。

やりたいことがわからない方、自分探しをしたい方は、整理収納が超オススメです!

全然難しくない、簡単な作業の連続なので、この魅力を知ってほしいです♡



整理収納講座が気になっている方は、勇気を出して声かけてくださいね!

自宅講座は敷居が高いと感じている方には、他の方法もご案内できますからね。



【ただいま参加者募集中の講座】

受講生募集中
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。





出張講座、整理収納おしゃべり会(お茶会)、その他「こんな講座(企画)をやってほしい」などのリクエスト大歓迎です☆
詳しくはこちらをご覧ください。

HP内のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせくださいね。














# by danslesmimosas | 2017-01-25 20:01 | 善水の日常

初、アシスタント研修!

ヒト・コト・モノとの絆を深める整理収納アドバイザー 河合善水です☆


人生初の志事をいただき奮闘中のわたしです。

どんな志事かというと、これから片づけの仕事をしていきたい方を指導するお志事。

今私が個人レッスンで伺っているお宅にアシスタントとして一緒に作業に入っていただくことになりました。
時間と人手が足りず困っていたレッスン生さんにとって救世主となりありがたいお話です。がんばっている人にはご褒美がやってくるものだなぁと感動しています。


アシスタントになってくださる方は、ご自身の片づけはこんまり流で終わっているけど、片づけに関する資格をお持ちでない方なので、どうやって研修するか迷いながら、伝えたいことを整理してまとめ、資料を作って準備完了!


a0284626_18273631.jpg
数日間、こんな状態で取り掛かっていました〜〜。
夕食間際までこんなに散らかっていたり、子供が寝たあと再び広げたり。

でもすぐに元に戻せるので大丈夫です(^^)
掃除しないと埃は溜まりますけどね。




今日はこの資料を使って、アシスタントさんに研修をさせていただきました。

伝えたいことは山のようにありますが、限られた時間の中で取捨選択。
いろんな話をしながら質問に答えたり、実際に伺うお宅の整理収納プロセスを説明し、次回訪問する日の計画を考えました。
逆に教わることもたくさんあり、ありがたかったです。

自分一人で動くのと、人を動かすのとはまた別のことなので、新たな挑戦です。
正直、ドキドキ&不安です…。
でもアシスタントと心を合わせてレッスン生さんのお悩みを解決したい☆

チームを組んで効率よく整理収納作業を進めていくにはどうしたらいいか、訪問までにしっかりと準備して臨みたいと思います。
将来的にはアシスタントとチームで活動できたらいいなと思ってます。
もちろん、私一人で来て欲しいという方には、一人で丁寧に対応させていただきますね。

貴重な機会をいただいたアシスタントとレッスン生さんに心から感謝しています。

がんばります☆









# by danslesmimosas | 2017-01-24 18:10 | 善水の日常

トミカとおもちゃの整理収納 その後

先ほど紹介したこの修了生さんのお宅↓。

その後、またまたうれしい報告メールをいただきました♡


ご本人が先のブログを読んで、整理収納の続きをやりたくなったとのこと!
以前講座を受けて整理収納を実践した時に余った箱類を保管してあったそうで、それを使っておもちゃの整理をされたそうです。

使用頻度の低いおもちゃたちは将来の子供部屋へ移動し、リビングで遊ぶものと、二階で遊ぶものとを分けたとのこと。
これはお子さん、楽しいですね!!
a0284626_17304135.jpg
リビングにあってあまり遊んでいなかった大きなおもちゃは二階へ。



a0284626_17304177.jpg
2階の子供部屋はプレイルームに☆


滑り台とか、大きなラジコンとか、二階の広々したお部屋で思いっきり遊べる〜!
リビングでは小さなトミカで遊んだり、絵本を読んだり、細々としたことをする。
目的に合わせた遊びが部屋を変えてできると、お子さんも楽しいですよね!!

こんな風に、将来の子供部屋をフリースペースにしておくことはすっごく大切です。
物置状態にしてしまい、いざ子供部屋を与える時期になって片付けに困って相談に来る方が多いのですが、将来の子供部屋として設計または購入した家であるのなら、そのつもりで部屋を確保しておくと時期が来た時に片付けに追われずに済みます。

もし今納戸状態であるのなら、家中のモノの整理をして、その部屋を空ける工夫をしておくと後々助かると思いますよ。
時間はかかりますが、後で大変な思いをするよりも今先に済ませると本当にやってよかったと思える日が来ますからね。



a0284626_17304182.jpg
棚の向かって左横におもちゃが置いてありましたが、なくなってスッキリ☆
a0284626_17304115.jpg
ピアノの前に置いてあった手作りのおままごとキッチンは、壁側に移動できました☆
a0284626_17304044.jpg



この修了生さんは、空き箱を使って収納ができたので、時期を見て気にいる収納用品に買い替えようと考えているそうです。リビングは毎日長い時間過ごす場所なので、一番見る場所ですから、お気に入りの用品に変えていくとときめきアップですね☆

こんな風に、まずはあるモノで仮収納し、暮らしてみてその定位置が快適だと確認できてから、適切な収納用品を最小限購入することが、経済的であり、精神的効果も高い上、環境にも優しい方法だと思います。


「自分の行動力にびっくりです!」

と、居心地よくなったお部屋を写メしてくれた修了生さん♪

やってみたいと思うスイッチが入れば、一瞬でできちゃうんですよね!やり方が分かっていて、やった後の効果もイメージできてしまうと、モチベーション上がるんです。見通しを持てることが大事で、そのためには整理収納方法を学ぶことですね。

もやもやしてる時が一番しんどいですからね…。


頭で考えるよりも、手を動かす方が早い。

手を動かすと脳の血流がアップするので、活性化して働きがよくなることが証明されているそうです。



講座を卒業した方がこんな風にその後の変化を報告してくれたり、相談してくれることがとってもうれしいです。サポート付き講座のメリットです♪

こうしたご協力を新たな受講生さんやブログの読者さんたちに紹介させてもらえることもありがたく、心から感謝しています。

ありがとうございます。また報告してね♡





# by danslesmimosas | 2017-01-20 17:51 | 整理収納・お片づけ

めぐっていったもの・めぐってきたもの

今日もまた、わがやのモノがめぐっていき、代わりに素敵なモノがめぐってきました♡
「めぐるものたち」のグループを通してです。
初めましての方がデスクワークの日に届けに来てくださって感謝感謝です。

今日は
a0284626_12293482.jpg
a0284626_12293549.jpg
a0284626_12293590.jpg



・アイスノン(出産祝いで頂いたけど使わなかった)
・ボタンの箸置き(作家さんのもの)
・私が作ったまぁるい箸置き

をもらってもらいました。


お礼にと、いただいたものは


a0284626_12293544.jpg
・手づくりのおむすびセット
・ごとう製茶さんの無農薬のお茶
・朝市のお野菜


あぁ、しあわせすぎます〜♡♡

Aさんありがとうございました。


「出すと入る」

自然界の法則。


気持ちよく出すと、気持ちよく入ってきます♡

惜しんで無理に出せば、変な物事が入ってきます。(経験済み)
出さなければ入ってこれません。(これも経験済み)

気に入っているけど使っていないモノで、感謝して手放す気持ちになったモノは、ふさわしい形で手放すと本当に清々しい気持ちになれます。


「ふさわしい手放しの形」あなたも見つけてくださいね。


私と面識のある方でしたら、グループにお招きできますので、気になっている方は声かけてくださいね。

# by danslesmimosas | 2017-01-20 12:31 | 整理収納・お片づけ

あなたの「恩人」は誰ですか?

昨日名古屋の修了生さん宅にお邪魔した後、ふと10年来の友人のことが頭に浮かんだので、駄目元で連絡を取ってみたらお家に歓迎してくれました。その友達はというと、74歳の女性です。この方は、私の恩人であり、生涯かけて大切にしたい友人であり、第三の母です。

修了生さんのお家を後にし、布を見に生地屋さんに立ち寄った時、ラジオが流れていました。
その内容は

「『あなたの恩人は誰ですか?』と聞かれて、すぐに答えられますか?」という内容でした。「恩師は誰ですか?」と聞かれればすぐに答えられるけど、恩人と言われると考えてしまう人が多いのでは?と。


私はその時に、真っ先に74歳のYちゃんのことが浮かびました。
考え始めれば、他にも数人浮かぶのだけど、真っ先に浮かぶのはどんな時もYちゃんです。

とっさに浮かぶほどの、Yちゃんと出会えたことが私にとってとても幸福なことであることを、昨日もありがたく感謝で満ちたのです。

Yちゃんは、一回り年上に友人の紹介で出会いました。その友人は、行きつけの元々は美容師さんでした。
辿っていくと、ひょんな出会いと出会いの連続です。

Yちゃんとは気が合い、価値観も似ているので、年齢を超えて仲良くなりました。
教わることが多く、助けてもらったこともすごく多くて、してもらってばかりの関係だと思ってますが、Yちゃんは私から教わることが多いと、いつも言ってくれています。気が若くて素直な心の持ち主なので、私と同じ目線で物事を捉えてくれるYちゃんの人柄、そのものです。

Yちゃんと10年間おつきあいさせていただく中で学んだことは、「人はいくつになっても成長していくこと」でした。

会うたびに「善水ちゃん、今私ね、これを頑張ってるの」と、マイブームの取り組みを聞かせてくれます。

「今ね、毎日雑巾掛けを頑張ってるのよ」とか
「今ね、娘に親だからって上からものを言わないように心がけているのよ、そしたら関係が良くなったのよ」
「今ね、9○歳のお知り合いの方を見ててね、あんな風になりたいと思って、〜を真似して見てるの」

などなど、尽きないほど話してくれます。

そう聞くと、「私も〜!」と思うことが出てきて、

「私も今〜することを心がけてるの」
「私も〜するようにしていったら、…なことが起きたの!」

と報告したくなって話します。

そうするとYちゃんは

「善水ちゃん偉いわ、30代でそれができるようになるなんてこれから楽しみね。私なんて70になってもまだこれをがんばってるわよ(^^;)」

と、褒めてくれます。


もちろん謙遜もありますが、素直にそう思い、優しい笑顔で言ってくれます。

いつもいつも優しい眼差しを見るたびに、涙が出ます。


どれだけ彼女に救われてきたか。

もしYちゃんと出会っていなかったら、あの時どうなっていただろう…。


一番苦しかった時、掛け付けてくれた時のことは、忘れたことがありません。



そんなYちゃんを旅行に連れて行くことが私の大きな目標だけど、まだちょっと、(いろんな意味で)それができる余裕がなくて、もどかしいなと思っていました。


でも昨日会ってみて、決めました。
今年はYちゃん、秋には75歳。
Yちゃんが行きたいと言っていた湯谷温泉に、連れて行きたいと思います!
もう今朝、主人にも説明し、理解してもらうことができました。

泊まりたいお宿も決まっているので、あとは時間と、お金と、心の準備だけです。


恩人とは、「助けてくれた人。恩を施してくれた人」と辞書にありました。
恩とは、「他の人から与えられためぐみ、いつくしみ」と。

Yちゃんから計りきれないめぐみといつくしみを頂いてきました。今現在もing。

そのことを昨日素直にYちゃんに言えてとても気持ちが良かったけど、まだ足りないので形にしようと決めました。
Yちゃんが元気なうちに☆



私が今、受講生さん、レッスン生さん、たいわセッションに来てくれる方などに心から寄り添えるようになったのは、Yちゃんをはじめ、たくさんの恩人のおかげだと思っています。

大きな、バケツのようなコップにたくさんたくさん「めぐみといつくしみ」を注いでもらってきたおかげです。

まだ満杯になってはいないけど、時々コップから溢れ、注げるようになってきました。

自分でも自分のコップに水を注ぎつつ、注いでもらいつつ、人にも注ぐ、そんな今なのだなと思います。


そんな私も5月には40代の仲間入り。
40代は、どどッと「いつくしみ」のお水をもっとたくさんの人に注げるように成長したいな。

そう思う意思が今芽生えたので、実現できると信じます。
意思の力ほど大きなエネルギーはなく、意思がすべての現象を作り上げると、脳科学の増田勝利先生から学んでいます。


あっちこっちジャンプしましたが、私の「恩人」の話でした。


ちなみに主人は、恩人と聞かれてすぐに両親が浮かんだそうです。
すごいです…素敵だなと思いました。
両親の愛を素直に受け取ってこれたんだなぁと思います。
私はまだ欠けているなぁ…。(これからです。)


みなさんの恩人はどんな方ですか?



持ち物の整理をし、1つ1つのモノに触れて向き合っていくと、きっと恩人が何人もいたことに気づくと思います。
気づいた時、いつくしみでいっぱいに満たされ、目の前の景色がガラッと変わることでしょう。
楽しいですよ♪


サポーツ付自宅講座「わたしと家族がしあわせに心地よく暮らせる家づくり」2月からのクラス、開講予定です。
日程はご希望に添えるよう一緒に考えていきますので、検討中の方、勇気を出してお問い合わせくださいね☆




ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。



出張講座、整理収納おしゃべり会(お茶会)、その他「こんな講座(企画)をやってほしい」などのリクエスト大歓迎です☆
詳しくはこちらをご覧ください。

HP内のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせくださいね。








 



# by danslesmimosas | 2017-01-20 12:02 | 善水のつぶやき

トミカの整理|修了生さんのお宅訪問にて

4月に自宅講座を修了された方のお家に伺いました♡

貴重なお写真を提供いただいた方には、お礼も兼ねてお宅訪問をさせていただいています。
というよりも、私は受講生さん・修了生さんたちが大好きで、みんな友達になりたい方ばかりなので、こういう理由をつけて会いに行きたいんです(笑)

今日伺ったのは、4月から年中さんに上がる男の子を持つお母さん。
お子さんは車が大大大好きで、トミカが増え続けるのに頭を悩ませていました。

整理収納を学んで実践し、家はとってもすっきり整っているけれど、片づけ終わっても随時増えたり減ったりしていくモノたちの整理収納にみなさん努力されています。モノを持って暮らす以上、そういうものですね♪


「トミカがどんどん増えてくので」と言いましたが、まずなぜ増えていくのか考えてもらいました。

・自分が買う。(たまに)
・パパが買う。(パパに子どもを見てもらうと毎回のように)
・双方のおじいちゃんおばちゃんが買ってくれる。(高頻度)

・トミカは単価が安いので買いやすい。
・おもちゃ屋さん以外にいろんなお店に売っているので、見ると欲しくなる。
・限定品が多く、集め出したら終わりがない。
・本人が持ってる車をすべて覚えているので捨てられない。


家に入ってくる理由と、増えやすい原因がわかりました。

そしてお母さんの気持ちとしては

・大きくなったら次第に飽きると思うので、それまでは置いてあげたい。
・好きな車は残しておいて、大人になるまで思い出品に残してあげても良い。
・小さいので、ずっと取っておいて、将来この子の子どもに遊ばせてあげてもいいかな。

ということでした。
a0284626_11131272.jpg

まず今、何個あるのか、重複したモノはないか知るために、お子さんと一緒に並べて数を数えました。

「何個あるかね〜?」とゲーム感覚で子どもにやらせると、楽しんで並べて数えてくれました。

「もう一回数えてー!」と、何回も数えさせられましたが(笑)
88個(88台かな。笑)もあったので、3回目に「もう一回数えて」と言われた時には「嫌だ」と断りました(笑)


「88個もあるねー!」と言ってみると

「いっぱいだねー!こんなにあるねー!」

と本人も驚いていて、嬉しそうでした。
お母さんも「88個もあればもう十分だね」と言っていました。

88個を多いと思うか、まだまだと思うかは、その人の価値観次第ですね。

お母さんは「多い」と感じたので、その自分の感覚に従って、これからトミカをどのくらい持たせるか(適正量)、どう収納するか(定位置作り)考えていけば良いと思います。


全く同じ車は1つしかなく、あとは色違いがあるのみで、全部違う車でした。聞くと、本人がちゃんと覚えていて、車種までちゃんと言えるからすごい!
買う時も「今度は日産エクストレイルが欲しい」などと、具体的に言うそうなので、目的持ってコレクションしているようです。

やみくもに見たら欲しくなって買い(貰い)集めているなら、善水的には「STOP❗️」と言いたいところですが、彼の場合はそう思いません。

本人の気持ち、お母さんの気持ち、お父さんの気持ち、おじいちゃんおばあちゃんの気持ちをそれぞれ聞いた上で、これからトミカとどう付き合っていったら良いか考えていければ良いと思います。その前に、まずは一番身近にいるお母さん自身が自分の思いを整理することから。ご主人やおじいちゃんおばあちゃんにどうしてもらいたいか考える前に、自分がどう感じるかを冷静に見つめるのが先です。


「今度は〜買う」「また買えばいいよ!」と気軽に言う4歳児。もう物事がわかる年齢になってきたので、本人と一緒にルールを作って買うことや、増えたら何かを減らすことを一緒にするなど、一歩踏み込んだ関わりをする時期に来ているようにも思いました。私の娘にもそういう時があったので蘇ります。


せっかく88台出して並べるという「整理」ができたので、一緒に仮収納をしました。


a0284626_11131203.jpg
トミカと、違うサイズの車たちを分ける。


a0284626_11131320.jpg
最近遊んでいないモノは、後日箱に移し、別の場所に移動予定。

a0284626_11131329.jpg
ここには今よく遊んでいるモノだけ入れるようにする。



今一番遊ぶおもちゃがトミカで、逆に最近遊ばなくなったおもちゃがいくつかあったので、使用頻度を低いおもちゃを別の場所に移し、お子さんがトミカで遊びやすく収納してあげることを提案しました。

a0284626_11131313.jpg
これはあまり遊んでいないそうで、別の場所に移して、遊びたい時だけ出すようにすると良い。



お子さんが遊びやすくするには

・取り出したい車をすぐに取り出せるようにする。
・4歳児でも出しやすい、戻しやすい。
・お母さん的にも気持ちの良い収納。

コツをいくつか助言させていただき、これからじっくり考えて実践してもらうことにしました。
ここは、時間をかけて工夫していただくポイントですからね!

みなさん、ここを端折って、すぐに収納しようと試みるのですが、実はしっかりと整理をした上で仮収納をし、その後丁寧に定位置作りをしていくことが長く続けられる「良い収納」作りです。
これは知らない方にとって学ばないと難しいと思うので、講座やレッスンを受けていただきたいですね。



翌日、このお母さんから嬉しいメールをいただきました。

「昨日夕方またトミカを買うって駄々こねられました。でも、『トミカは88個あったよね、これ以上買うとおもちゃ箱からあふれちゃうよ』と話したら今回はおさまりました」と。

でも単純にトミカが欲しいだけでなく、疲れて眠い時や寂しい時にも欲しがる傾向にあるそうで、子供の気持ちに寄り添おうと努力している彼女がとても素敵だなと胸が熱くなりました。

こうした関わりの積み重ねが、親子の温かい絆を深めていくのだと思います。
だからこそ、整理収納はものすごく大切だと、自身を持って言うことができます。
片づけなくても死なないし暮らせるけど、出来る人とできていない人(やらない人)とでは、いろんなところで大きな差が生じています。
余談ですが、1日10分探し物をしていれば、60年間で123日寝ずに探し続けているんですからね❗️


私には男の子がいないので、男の子のおもちゃの整理収納を一緒にさせていただけたのも貴重な経験でした。
a0284626_11131434.jpg
「よしみちゃん!」と呼んでもらってご機嫌の私(笑)
私はお片づけをしたつもりだけど、ボクちゃんは一緒に遊んでもらったと思ってます。
そう、お片づけは楽しい、遊びのような作業なのよ♪


講座が終了しても温かく迎え入れていただけることに心から感謝しています。

これからも末長くお付き合いくださいね♡

いつもありがとうございます。








# by danslesmimosas | 2017-01-20 11:28 | 整理収納・お片づけ

洋服リスト写真と、コーディネート写真、試着写真。

私はファッションが苦手です。

子供の頃からおしゃれに興味があったのですが、「着るものなんかに構ってないで」と言う母の元で育ち、母子家庭になってからは夏と冬に1万円ずつしか洋服を買ってもらえず不足感を抱いていました。
(今思うと、1万円でも工夫次第でおしゃれが楽しめたと思うので贅沢な悩みでしたね)

独身時代、働いて自分のお金が自由になると、ブランドから古着まで、洋服を買いまくりました。
たくさんあればおしゃれになると勘違いしていたのです。

結婚して、働きたくないので主婦になり、使えるお小遣いが少なくなってからは、あまり服を買えなくなりました。というか、自ら買うことに自粛して行ったのですね。

努力しないので体型が徐々に崩れていき、メイクも苦手なので20代の頃のように何もしなくてもピチピチというわけにもいかなくなり、段々とみすぼらしさを感じるようになりました。

気づいた時にはどうしていいのかわからなくなり…。


衣類の整理収納を繰り返すうちにたどり着いたのは、「ファッションが苦手なら学ぶべし!」でした。
苦手=経験が少ない、やり方がわからないのだから、教えてもらえばいいんですよねー。
整理収納と同じです。
料理が苦手すぎてご飯が不味くて仕方なかったら、料理習いに行きますよね?それと同じですね。


パーソナルカラー診断を受けたり、メイクをしてもらったり、ファッションコンサルを受けたり、洋服のコーディネート本を何冊も熟読しました。

そして、自分が1つ1つ手にとって残した服たちを写真に撮り、あと何を買い足したらいくつかのコーディネートができるか書き出しました。
a0284626_21553822.jpg
今持っている洋服リスト。昨日買った服もすぐ追加しました☆
PCとスマホをリンクさせているので出先でも見られます。


撮った写真はフォルダにまとめてスマホに入れておき、フラッと立ち寄った洋服屋さんでも手持ちの服と合わせられるか確認できるようにしました。

新たに服を買ったらすぐに写真を撮るようにしました。




服屋さんで試着をしたら、試着した姿を写真に撮るようにしました。写真で見ると客観視でき、似合うかどうか判断しやすくなりました。
少しでも迷いがある時は絶対に買わないようになり、冷静に判断できるようになりました。

a0284626_21554003.jpg
恥ずかしいけど…試着した時の写真たち。似合わなかったのも保存し学びを生かしています。



雑誌やネットなどで素敵だなーと思うコーディネート例を見つけた時は、写真に撮って「コーディネート参考例」というフォルダを作って保存するようになりました。1年経っても2年経っても好みが変わってないことに気づき、自分の目指したいスタイルがわかってきました。そのアイテムに似た服を探しに行けば良くなり、迷いが減っていきました。



手持ちの服を写真に撮っておくことで、何がいくつあるか数を把握することができるようになったし、タンスやクローゼットを見なくてもコーディネートを考えやすくなりました。
コーディネートした服を写真に撮っておくことで、朝着る服をスムーズに選べるようになりました。
a0284626_21553988.jpg
1つのアイテムが複数のパターンで着れるように持ち合わせると、クローゼットすっきり☆



こうしておくことで、いつまでに何のアイテムを買い足せば良いか浮かぶようになり、効率良く買い物ができ、予算立てもしやすくなりました。

ちなみに今は夏向けに白い本革のトートバッグが欲しくて、5月頃買う予定です。もう買う商品も決めてネットの「お気に入り」に保存してあります。



ここまでしても、まだまだ私の目指すおしゃれとは程遠いけど、やってみて気づいたのは、体型を整えること(笑)
何でも似合うように内側から美しくなりたいことに気づき、ランニングを始めました。
ランニングの目的はそれだけじゃないですけどね。シニアになっても歩いて旅したいからです(笑)


メイクとか髪型も大事だし、アクセサリー選び、バッグ選びも大事で、ファッションって奥深いなーと思います。顔も体型も髪質もみんな違うしね。

もっと若い時にそれに気づいてたらこんなに苦労しなくて済んだだろうなと思うけど、過去を悔やんでも仕方ない‼︎
今から楽しんで努力したらいいですね。


うちの猫を見ていると「勝手に気候に合わせて毛が生えてきていいなぁ〜」とつくづく思う(笑)

そう思うと、ファッションがめんどくさいんだと思います。そんなに好きじゃないみたい。

色々試した末には、いつも決まったTシャツとGパンが制服になるのかも、って思います。

それはそれでかっこいいかもね!


パリジェンヌの友達は全身黒しか着ない子がいます。結構フランス人にはそういう人が多い。

ある意味かっこいいなーと思います。



私はいつもミナペルフォネンの服を着ている人になるのが今の所目標です。

似合うといいけど…(笑)

似合わなかったらまたその時考えよう。

やるだけやったら、やっぱりTシャツとGパンだけになる気がします(笑)




みなさんはご自分の今のファッションに満足していますか?


満足していないようなら、ぜひ衣類整理からやってみてくださいね。


私の整理収納講座では、自分を知るためにも最初に衣類整理から取り組んでいただいてます。
だから変化が早いです☆





# by danslesmimosas | 2017-01-18 22:04 | 整理収納・お片づけ

最近読んでよかった本たち

読書、好きです。
時間を作ってちょこちょこと、いろんな本を読んでいます。

ブログに「おすすめ本」のカテゴリーを作っておいたのに、全然投稿していないことに気づき…ごめんなさいね。
今日は書きたいと思います♪

整理収納の本は最近すごくたくさん出版されているので、もう読みきれなくて以前ほどは読まなくなったのですが、久しぶりに書店に行ったら興味深い本がたくさんあったので買ったり図書館で借りて読んでみました。
個人的に好きだなーと思った本を紹介しますね!




フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)

ペレ 信子/講談社

undefined


「フランス流しまつで温かい暮らし」

フランス人のご主人を持つ日本人女性の本。
モノの持ち方、暮らし方、テーブルコーディネートのセンス、お料理など、どれも私のツボです。
実際に私がフランスで幾つかの家庭にステイして見てきたのは、フランス人はしまつで豊かに暮らしていること。
お皿は3皿だったし、いつも同じ服を着まわしている。ペレ信子さんの言葉のとおりでした。

ペレ信子さんにお会いしたい…♡いずれ彼女のレッスンを受けに行きたいです。




インパクトのあるタイトルですね!
衣類の整理の仕方が、私の実践していたことと似ていて共感することの多い内容でした。
洋服の整理収納方法が実践的な内容であるだけでなく、パーソナルカラー、骨格診断、自分に似合う服の見つけ方、コーディネート方法まで、おしゃれ上手になるために必要なプロセスがバランス良くまとめられています。

私もこれを繰り返し読みながら洋服のセンスを磨こうと思います!



尊敬する整理収納アドバイザー、古堅純子先生の実践型本。
モノ別実践方法が書かれていて、僭越ながら私のお伝えしている方法と似ています。
28日間のプログラムになっているところもわかりやすいです。
本を読んで自分で頑張ってみたい方にはおすすめです。



禅に学ぶ台所しごと

小川 奈々/星雲社

undefined


「禅に学ぶ台所しごと」

整理収納アドバイザーの先輩、小川奈々さんの二冊目の本。
私より1年だけ先に資格を取得された方なのに、活躍ぶり、変化の速さに圧巻、心から尊敬している先輩です。
古いご実家を素敵にリフォームして手に入れた家具職人オリジナルのキッチン収納も掲載されていて参考になります。




デンマーク人のご主人と暮らす日本人、マリコさんのセンスの良い暮らしの本。
何年か前にご主人のイェンスさんを知り、以来私たち夫婦の憧れのファミリーです。
手をかけて暮らす様が、とても参考になります。
できるところを真似てみようと思います☆



雅姫さんのお洋服が見られる本。
彼女ならではのスタイルに芯が感じられる素敵な本です。
これだけの衣類が管理でき、着こなせることがすごい!と、尊敬もしちゃいます。
雅姫さんとはスタイルも顔もタイプが違いすぎて真似できないけど、憧れです♡




いい本に出会えると、心が満たされますね♡

本からいただいた知識と刺激は自分の糧☆


# by danslesmimosas | 2017-01-18 21:30 | おすすめ本

菅原真樹さんのお話会に行きました

ご縁をいただき、ハワイ島に住むダイバー、菅原真樹さんのお話会に参加させていただきました。
映画「グランブルー」のモデルとなったダイバー、ジャックマイヨール氏と一緒に活動をされていた方です。

わたしは13年ほど前から自身のアレルギーをきっかけに環境問題に関心を持ち始め、「7世代先の子供達に美しい地球を」というキーワードを心に留めていました。
具体的に何か活動ができているわけではないですが、できるだけ環境浄化に役立つ洗剤・日用品を選んだり、永続的な農法を支援する心がけをしたり、モノの持ち方・捨て方を見直したりと、今の自分の暮らしの中で意識する心がけをしています。

1年ほど前でしょうか、主人が設楽ダムのシンポジウムのチラシ制作のお仕事をいただいたご縁で、シンポジウムに参加することができました。
それまで恥ずかしながら設楽ダムのことは全然知らなかった私は、ダムの話なのに三河湾のアサリの話を熱心にされることに衝撃を受けました。
海と山が繋がっていることを、考えようとしたことがなかったんです。
近くで起きている大きな問題に、関心を持ってもいませんでした。危険なことです。

その後時が経ち、知人が様々な講演会の主催をするのをフェイスブックを通じて知るようになりました。

世界中を着物を着て旅してきた方のお話会や、六条干潟を見学する会など、とても興味深い会が近くで開かれていました。
すごく行きたい気持ちがありながらも、これといってそれにつながる行動をしていない後ろめたさや、目の前の仕事と家庭で余裕がなく、参加する余裕の無かった私。理想と現実の狭間にいました。知っていても、行動しなければ知らないのと同じ…。歯がゆい想いでいました。

そんな矢先、菅原真樹さんのお名前を立て続けに二人から聞くことがあり、ご縁を感じました。
忘れっぽい私が、20年以上前に見た「グランブルー」の映像をありありと思い出したのです。

ハワイで見た野生のイルカやウミガメ。
あんな風に、のびのびと生物たちが生きられる環境を大切にしたい・・・。




ゴミを食べて死んだ野鳥や魚の映像。

骨が曲がった魚の話。

アジアのGAP工場から流れる汚染された河川の映像。

危険な化学薬品にまみれて皮をなめすモロッコの少年たち。

無残に羊の皮を剥いで作られているウールの服。


いろいろな情報に胸を痛めてきたことを思い出しました。点と点が繋がった感じです。



真樹さんのお話を聞いて、海と山は繋がっていること、全ての生物や植物は連鎖されていることを、自分の頭でしっかりと結びつけることができました。


だからと言って私は、今すぐ設楽ダムの問題に時間を割いて勉強する余裕はないし、反対運動をする余裕もない。それは今の私の役割ではないと思う。

でも、真樹さんも仰っていたように「一人一人が今すぐにできることをすれば良い」という言葉が木霊します。


私は、日々片づけで捨てられるたくさんのモノたちに心を痛めています。

友人が「めぐるものたち」というグループを作ってくれて、必要な人たちで回す仕組むを作ってくれたことで、すごく気持ちが安らいでいるのを感じました。

100円ショップでむやみに買い物しないこと。

安いからと、ファストファッションのお店で必要以上にいくつも服を買わないこと。

ニ○リやI○○Aの家具はどのように作られ、使われ、どのくらいの期間で捨てられるのだろうか?


自分自身にも反省が必要なことだと痛感しました。


限られた収入の中で工夫して暮らすことと、量産品とは切っても切り離せませんが、一人一人が少しでも安易にものを買わなくなる心がけをすること、何世代も先まで使えるもの選びを心がけ、不要になったらリサイクルをする仕組みを作っていくこと、買わずに借り合う工夫、今あるモノに感謝して満たされて暮らすために整理収納を身につけること。

真樹さんの見てきた辛い地球の現状を知って今から私にできることは、こういうことだと思いました。


「見てしまった以上、伝えなければいけない」と真樹さんは語りました。

命をかけて、手弁当で無償で日本を周り、ひとりひとりの目線に合わせて伝えてくれる真樹さんの想いを無駄にしないよう、地球に住まわせていただいている一人の生物として、行動していきたいなと思います。


設楽ダムについて、みなさんにも関心を持っていただきたいです。

賛成意見、反対意見、どちらも冷静に聞いた上で、本当にダムが必要か、自分の感覚で感じて欲しいです。

工事が始まった今も尚、反対運動を頑張ってくれている方が大勢います。

その一つの手段として「立木トラスト」というモノがあります。

たった500円で植林をすることで、山を守ることができます。

詳しくはこちらをごらんください。



# by danslesmimosas | 2017-01-17 17:34 | 学びの報告

不用品を交換して欲しかったタルト型をもらいました☆

前にこちらにも書いた、不用品を欲しい人に譲るコミュニティグループで、この器の貰い手が見つかりました。


a0284626_20182605.jpg
もらってくれる人は、私がもらいたいと挙手した白い陶器のタルト型25cmを出品していたので、交換することになりました☆

a0284626_13055097.jpg

今日家で仕事をしている日だったので、彼女が届けに来てくれました。
はじめましての方でしたが、これを機に知り合え、Facebook上でお友達になりました♡
またひとり、素敵な方とお知り合いになれてとっても豊かな気持ちです。

タルト型は、15cmと20cmを持っていました。
もう少し大きいのがあればと思っていたので、ジャストサイズが仲間入り☆
気持ちがいいくらいピッタリ3セットですよね!

a0284626_13055039.jpg
5cm感覚で並ぶ姿、まるで最初からセットだったようでうっとり♡



さて、これが狙い通りの収納場所に無事収まるでしょうか…
計測しておいても、いざ入れると誤差があるもの。ドキドキの瞬間です。



a0284626_13055018.jpg
やったー!

ピッタリ収まりました!

取り出しやすさもバッチリです。


大事なのは、しまいこむことではなく、取り出すときに楽に出せるか? です。



満足満足♪


近いうちに、このタルト型で何を作ろうか楽しみです。


Kさん、ありがとうございました☆


# by danslesmimosas | 2017-01-17 13:13 | 整理収納・お片づけ

雪の庭を見て、色の力を考えさせられました。



a0284626_11584780.jpg
a0284626_11584896.jpg
a0284626_11584831.jpg
a0284626_11584859.jpg
a0284626_11584723.jpg



週末、寒かったですね!

私の住んでいる豊川市は年に2、3回雪が降る町。
子供達は雪が降ると大はしゃぎです。

私も子供の頃はそうだったな〜〜〜と思いながらも、寒くて寒くて外に出る気がせず…。
娘に引っ張り出してもらえて雪景色を味わえた、という感じです(笑)
やっぱり、お部屋から眺める雪景色よりも、外で感じる方がいいですね!

雪も楽しめるお庭、作りませんか?
カズマデザイン〜しあわせの庭〜(主人です)で素敵にデザインしますよ☆
ご希望の方には私も同席させていただきます♡



いつもの当たり前のお庭も、雪化粧に覆われて違って見えますね。
白の力ってすごいなーと思います。

そう、色の力ってすごい!
整理収納でも、受講生さんやレッスン生さんが不揃いの収納カゴや空き箱を徐々に気に入った白やシンプルなカゴに入れ替えたり、色とりどりだったタオルを白いタオルに変えていく人がいらっしゃって、その様子を写真に撮ってビフォーアフターを比べると視覚的にもすごく変化を感じます。

色も情報。
すっきりした部屋にしたい人は、すっきり感じる色選びをすると良いですね。
室内の色を3色以内に抑えるとまとまりが出てすっきり感じます。
インテリアのセンスに自信の無い人は、私みたいに、白い壁、木の家具、白のカゴか籐のカゴ、でまとめると維持管理が楽ですよ。
私もカラーコーディネートのセンスが無いので、自分で無理なく維持できる方法に落ち着いています。
それも自分を知ることで、無理しない、ラクな生き方かなと思ってます。



# by danslesmimosas | 2017-01-17 12:10 | 整理収納・お片づけ

子供用の家計簿はじめました



a0284626_12302840.jpg
友の会には、子供用の家計簿もあるんですよ。
取り扱いのある本屋さんにも売っています。

3種類絵柄があるのですが、娘はにわとりさんを選びました。
気に入ったものだと楽しく続けられるかなーと思ってね。


娘のお小遣いは労働制にしています。

お風呂掃除 30円
タオルをたたむ 10円
玄関のたたきを拭く 30円
洗濯物を干す 50円

そんな風に、料金表を子供のコーナーに張っているので、やりたいことをしてもらってます。

メインの仕事はお風呂掃除です。
1回30円で、30日行ったら900円なので、1年生には多すぎると思ってますが、せいぜい20日くらいしかできません。
疲れていたり、児童クラブからの帰宅が遅くなると間に合わなかったりするので、毎日絶対強制にはしないようにしています。

それでも、年長さんの時から始めたお風呂掃除、当時はその気にさせるのに一苦労だったのに、今は毎日のようにできるようになったわけですから、すごいなって感心してます。


お風呂掃除以外は基本嫌がりますが、たまに気分のいい時は張り切っていくつもやってくれます。
「あと30円で500円貯まる!」などという時です(笑)


わが家では誕生日とクリスマス以外におもちゃを買いません。
創造性を育む工作や手芸に関する材料や、体験にお金をかけたいので、遊び方が決まっている商業的なおもちゃは極力与えないようにしています。
おもちゃを買ってくれる祖父母はいないし、お下がりをもらうこともほとんどないので、ショッピングモールなどに行くとおもちゃをすごく欲しがります。なるべく見せないようにしたり、誕生日とクリスマスのお楽しみにしています。

お店で見るとかわいいおもちゃがたくさんあるので、私もつい買ってあげたくなる気持ちも芽生えたりしますが、そこはぐっと我慢。もう十分一通りのおもちゃを持っているし、欲しがるのはキャラクターものやいつか飽きるものばかりなので、私も財布の紐が緩みそうになっても我慢します。木のおもちゃは時代を経ても使えるので人に譲ったり得ることもできるけど、商業的なおもちゃは寿命が短いですしね。

その代わりに、本人が貯めたお金では何を買っても良いことにしてあり、「1200円貯めたらリカちゃん人形のみきちゃんまきちゃんを買う」などと、目標を持つようになりました。
いいぞ、いいぞ〜〜〜!


先日、1000円溜まったので、お札と交換しました。2回目の体験でした。
それがすごく嬉しかったようです。以前にも1000円札を手に入れましたが、その時は500円くらいのモノを買ってしまい、無くなったんですよね。
でも今度は、「銀行に貯金したい!」と言ったのです!!

娘の名義で近所の銀行に口座を作ることにし、一緒に行ける日を待つことにしていました。



ところがです!

それから2週間後、家族で本屋さんに行った時、出会ってしまったのが紙粘土のキットのおもちゃ。
かわいい型と、カラフルな粘度がセットになっていて1080円。(高いよねぇ〜)

もー、「どうしても欲しいー欲しいー」となり、その場から離れない。

「自分のお金で買うならいいよ」と話すと、「今お財布持ってないもん」と。そりゃそうだ。

「1080円貸してあげようか?」と提案しましたが、なんだか渋っている。
できれば自分で財布から支払わせてあげたい。

いや、それ以上に、一旦家に帰って、それでも欲しい気持ちが変わらなかったら買うようにして欲しい。
ここだ、私の一番大事にしたい気持ちは。

小さい頃からこの感覚を身につけてもらいたいのだ!
出会って欲しいと思ったモノはすぐ買わずに、一泊置くことの大切さを。
3回悩んでも気持ちが変わらず、夢にも出てくるくらい欲しい気持ちが確かな場合だけに買うようにすることを。

ということで、その話をし、後日もう一度財布を持って買いに行くことに約束。納得してくれました。


その日の夕方、もう一度買いに行き、無事お買い上げ〜〜〜!


無我夢中で粘度を作りご満悦な姿に、私も嬉しくなりました。


a0284626_12302905.jpg
a0284626_12302972.jpg


帰宅して、お小遣い帳を初めて記帳しました。

まだ10桁までしか計算は習っていないけど、現金と照らし合わせながら一緒に計算しました。

よく

娘「昨日お風呂掃除したけど30円もらってない」

私「いや、あげたと思うけど」

と親子ゲンカをすることがあったので、これで無くなりそうです(笑)



家計簿をつけることは当たり前のことで、それによる効果の大きさを小さいうちから感じさせてあげたいなと思ってます。



娘のコーナーに家計簿が加わったので、家計簿の収納場所も考えなければいけません。
a0284626_12302980.jpg

a0284626_12302938.jpg
娘が「お財布置き場に一緒に入れる」と言いました。

すばらしい!あなたすばらしいよ!!!

「一緒に使うモノはグループ化」は整理収納の基本だもんね!


さらに、お財布と一緒に使うお出かけバッグも一緒に入っているではないか!

「お出かけセット&帰ってきたら家計簿セット」だね☆


これなら楽々続けられそうです。

a0284626_12303052.jpg

余談ですが、こんな風になってしまっているカゴもあります(^^;)
私的には嫌ですが、壁や机に貼らないのでOKにしてます。

「飽きたら剥がしてね。お客さんも見る場所だから、できれば貼らない方がお部屋がキレイに見えるからね」と伝えてあります。

だいぶ月日がたっているので、そろそろ剥がしてくれるんじゃないかと母は期待しています(笑)



何かが始まれば、整理収納の見直しということを、お分りいただけましたか?





# by danslesmimosas | 2017-01-16 19:30 | お金のこと

家でもパッククッキング実践しました!

夕食作りのためにキッチンに立ち、副菜を何にしようか考えていたら

「パッククッキングいつやるの?今でしょ❗️」

と言われた気がしました。


た、たしかに…。


お料理教室に行っても、ほとんど復習せず、忘れた頃にレシピを見て「たまーに」作るだけの私…。
そんなんじゃ身につくわけがないよねと、もう一人の私が突っ込みます。

はい、わかってます。
ずっとそんな人生してきたから、未だなりたい自分に程遠いのよね…。

過去の自分が今の自分を作ってきた。
未来の自分は今の自分が作っている。

今が肝心。ここが肝心❗️

尊敬する増田勝利先生の言葉がリピートします。


ということで、パッククッキングも習って記憶が新鮮な48時間以内にやらなければ絶対忘れる。
聞いたこと、習ったことは、すぐに復習したりしないと48時間以内に大部分を忘れてしまうと言いますからね。
もったいないですよね、お金と時間を使って行きたくて学んでるのに。

目的は被災した時や非常事態に即実践できることなので、知識として知ってるだけではだめ、身につけておかなければ
手が動かないでしょう。

そこまで理解していたらあとは手を動かすのみなので、「よしっ!」と自分に返事して取りかかりました。


1つ目。
ビニール袋に切っただけのサツマイモを入れて縛る。


2つ目。
切った大根と、昆布、干し椎茸、塩を入れて、少量お水を入れて、縛る。


湯煎にかける。


以上‼️



やってみたら「なんだよぉ〜、すぐできちゃうじゃーん」と自分に突っ込み!

これは料理じゃないよね(笑)

a0284626_12104737.jpg
a0284626_12104743.jpg


しっかりお湯が沸いたあとは、ストーブに移動してコトコト温めました。

灯油ストーブがあると、被災生活で暖が取れるし、料理も出来て良いですね。


パッククッキングを指導してくれた小野綾子ちゃんが「空気をしっかり抜いてね」という意味がわかりました。
抜いたつもりでも、こうなるんです〜〜〜。

a0284626_12104896.jpg

実践してみて気づけたからよかった。
破裂したり破れたら大変だもんね。
このお湯も、被災時だったら何日も使い回すことになるだろうしね。

すぐ復習してよかった。
これからは、なんでも習ったらすぐその日か翌日には復習するようにします。
復習できるようにスケジュールを組んで習いに行けば良いね。


洗濯物畳んだり娘の宿題見ながら、50分くらいことこと煮込むのを放っておいただけで、こんなお料理できました〜。

a0284626_12104865.jpg
a0284626_12104895.jpg


盛り付けは適当にしてしまったので美しくないですが、味は美味しかったですよ!
お芋は全く水分を入れてなかったのに、お芋からお水が出てきてしっとりです☆


パッククッキング、楽しいです!!
例えば誰かの家のごはんを何品か作らないといけないような時、これなら1度に何品も作れて、煮ている間に別のことができるので、良いかもしれません。
お母さんが入院しちゃって、看病しながら残されたお父さんのお料理を作って家事もしないといけない、という時とかね。


知らないことを知るって、生きる幅が広がりますね。

綾子ちゃん、本当にありがとうね。













# by danslesmimosas | 2017-01-16 18:10 | 学びの報告

災害時に役立つ”パッククッキング”教室に行きました!

防災士&整理収納アドバイザー小野綾子ちゃんのパッククッキング教室に参加してきました☆

一緒に参加したのは、豊橋で活躍中の整理収納アドバイザー、クラシノアシストtamacoちゃんと、豊川に住む整理収納アドバイザーの後輩Kさん。
整理収納が身に付き家が整っている人は防災への意識が高くなるので、前々からこの日を楽しみにしていました。同業者の交流も兼ねて♪同じ地域で活動する仲間として、仲良く励まし合い、学び合えるこの仲間たちの存在は宝物です。


まずは「パッククッキングとは?」のお話を聞きました。
ボリエチレンのどこにでも売っているキッチン用のビニール袋の選び方。ポリエチレンの会社で働いてる方からの情報も聞くことができ、環境ホルモンなど不安な点を具体的に答えてもらえてスッキリしました。

ビニール袋には滑りを良くするためにポリエチレンの表面に潤滑剤が塗布されているそうです。それは無添加ラップでも、チャック付きの袋でも同じだそう…。
商品に対しての割合がごくわずかな場合、表示指定成分に表記しなくてもいいという法律の仕組み上、消費者には知れない使用成分があるんですよね。これは食品でも同じです。

からだに優しい生活を心がけている人にとってとても気になる部分ですが、その点を知った上で、今回の目的である「災害時に役立つ調理法」の手段としてビニール袋を使うことをどう捉えるかは自分次第。普段何気なくお野菜を入れているビニール袋も、お野菜にビニール袋の添加剤が付着するわけですからね。
そういう知らなかったことの積み重ねが生活習慣病を生み出す原因になっているのだなと知識と知識が結びつき、またまた勉強になりました。
普段の生活では、余分に使わない工夫をすると良いですね。

話は戻り、
今日は電気もガスもお水も使えない、食器も割れてしまって無い、という状況を想定して、「家にあるもの」で4人分の食事を支度する設定で行いました。
しかも、食べ物の好みがバラバラで、銘々が違うものを食べたいというケースを想定して。

想定して行うことが、何事も大事ですよね。イメージできないことは形にしようが無いですから。イメージを描くことってすごく大事!描けないからこそ、プロに学んで描けるようにさせてもらう。


ということで、みんなでクッキング♪♪

a0284626_15532211.jpg
右:小野綾子さん。中央:クラシノアシストtamacoちゃん。左:後輩アドバイザーKさん。
綾ちゃん、目を瞑って写ってしまったため、顔修正かけました(笑)


断水中はお水が使えないので、調理中手が洗えません。備蓄の飲料水も貴重。
ということで、使い捨てゴム手袋があると便利!

a0284626_15531973.jpg

私はゴムアレルギーがあるので使えませんでしたが、そんな私にはポリエチレン手袋の備蓄が必要だなと知りました。家にあるけど、ちょっと量が少なさそうだと判断したので、ストックする量を見直すことにします。
こういうことが1つ1つ学びになりました。


作ったものは以下の5種!

①お米からご飯を炊く。
②焼き鳥の缶詰で親子丼を作る。(冷蔵庫の卵が使えたと想定)
③サバ味噌の缶詰に白菜とネギを合わせた煮物。(常備野菜の活用)
④スパゲッティとジャガイモ、インスタントのコーンポタージュでスープスパゲッティ。
⑤ホットケーキミックスとお水だけで蒸しパン。
⑥昆布、干し椎茸、ちくわ、大根、塩の煮物。


なんと、こんなにたくさんのおかずやごはんが1つの鍋で一気に作れてしまうのが感動〜!!!!
しかも、チョー簡単で、楽しい!子供でもできる!

被災し、落ち着か無い不安な生活の中でも、こんな調理が家族でできたらと思うと、心が和みます。

普段の料理が面倒くさい、あんまり料理が好きじゃ無いズボラな私でも、何日もキッチンが使えず配給の冷たいお弁当が続く(配給が受けられればまだいいけど、食べるものがなかったら悲惨)生活だったとしたら、キッチンで調理できることの幸福さを感じるだろうな、と想像することができました。

そう、当たり前に毎日毎日家でごはんを作れることは、とても幸せなことだと思うのです。今、シリアの人たちのように、家で過ごせ無い人もいますものね。
有るものに感謝できることが一番の幸せだと気づかせてもらえた1日でした。

a0284626_15531912.jpg
お野菜を洗うお水をボウルに張ることや、まな板を汚さ無いための工夫も目からウロコ。
今日体験しなかったら、この発想はなかった。

「小野綾子、あなた、すごいよ!」と、改めて尊敬と感謝でいっぱいです❗️
すべての人に綾ちゃんと出会って欲しいです。

a0284626_15532096.jpg

湯煎でグツグツと煮たビニール袋たちは、その姿からは想像でき無い美味に、一同感激〜!!!!

a0284626_15532069.jpg

お皿は割れて家にない想定。タッパーをお皿がわりにし、洗い物を無くすため、こんな風に食卓へ。

a0284626_15532054.jpg
洗わずに炊いたのに、臭みなくもちもちで美味しかったごはん!

a0284626_15532165.jpg
見栄えが悪いけど…本当に美味しかったんですよ。
被災時にこんなにおいしい和食が食べれると、元気出そう!




ほんっっとーに、どれもすごく美味しくて、普通にお鍋で調理するよりも美味しく仕上がっていて、湯煎調理の効果の大きさに感動でした☆
お芋なんてほくほくで…♡

缶詰の汁は貴重な調味料になり、味付けの濃い缶詰がこんなに美味しいおかずに変身するなんて驚きです。

私が好きじゃなかったホットケーキミックスですが、この蒸しパンは、とても美味しかったです。恐れ入りました(笑)



a0284626_15532176.jpg
食べながらいっぱいおしゃべり♪
みんなそれぞれ感じることが違ったり、備蓄の仕方、防災に思うことの視点が違っていて、それを聞きあえたのもすごく勉強になりました。

でも「大切な家族を守りたい」という想いはみんな同じ。
間違った、「なんとなくの知識」で備蓄をしていざという時辛い思いをするのではなく、プロから正しく学んで、正しい知識をもとに「わが家流に備える」ことが何より大切だと思います。

そして同時に大事なのが、備える=専用のモノを配置する のではなく、普段の生活で使えるモノで備えること。そのためには家を整え、余計なモノで危険となるリスクを減らしていくこと。

はい、そこには私たちのような整理収納アドバイザーの出番です☆


わが家でも、うちのキッチンで、私が行っている備蓄食材を使ってパッククッキングの教室をやりたいなーと思ってます。もちろん、小野綾子さんを講師にお招きして!
防災・減災の講座、おしゃべり会もできますよ。

興味がある方はいつでもご連絡くださいね。企画します☆









# by danslesmimosas | 2017-01-16 16:06 | 学びの報告

防災にモバイルバッテリーを買い、取説を収納

a0284626_18071151.jpg
やっとモバイルバッテリーを買いました。

随分前に防災士&整理収納アドバイザーの小野綾子ちゃんの減災おしゃべり会で防災用具について教わったのですが、その時に今の時代1番必須なのがモバイルバッテリーであることを考えさせられました。

災害はいつどこで起きるかわからないので、出先で被災したら家族を探すために電話やメール、災害伝言板など通信手段が欠かせません。
道に迷ったら地図アプリを調べるだろうし、もはやスマホは生活に必須。

1日外出しているとバッテリーが切れてしまう今、普段の生活でも必要性を感じていたので、どれを買おうか検討しつつも、電化製品に疎い私はついつい後回しでした。

乾電池で充電できるものは防災用品として良いですが、それは持ち出し袋や家に置いておくと良いもの。普段必要なのは持ち歩きしやすい軽量タイプ。1階充電できれば事足ります。

たまたま近所のホームセンターで買い物し、出口を出ようとした時、サイズと価格とデザイン、三拍子揃ったものが目にとまりました。

一通り店頭の商品を見た末、最初に目にとまったものを購入。目に止まるという事は、モノが「こっち見て!」って呼んでくれていたと思います♡
絶対ご縁があるから。


早速機械を充電し、スマホに繋いだら充電できました〜!

これで安心!



ではありませーん。

a0284626_18071042.jpg

電化製品を買ったら必ずついてくるのが保証書と取扱説明書!!


サクッと目を通し、保証書とセットにして、取説ファイルに収納しました。


a0284626_18071028.jpg

a0284626_18071116.jpg
カテゴリーは、スマホとセットのモノなので、スマホ関係の取説のところへ入れました。
あとで見たい時にどこにあるかわかりやすくするためです。

ファイリング方法は、こういうリング式ファイルを使う方法と、ファイルボックスを使う方法があります。
書類の講座・レッスンで詳しくお伝えしています。

一手間だけど、どうせやらないと、書類がたまりごちゃごちゃになりストレスになります。

だったら先にやる。

あとでやるか、今やるかの違いです。

今やらないと、何日も、何ヶ月も、「やらなきゃ…」という後ろめたさやモヤモヤ感がずぅ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと続きます。
その方が私は嫌!!
ただでさえ日々忙しいんだから、余計な事から解放されたいもん!


ということで、ファイリング終了!1、2分でできることです。

えらいな〜善水。(自分のことは自分で褒めるしかない!)


私の日常が、みなさんのお役に立てば嬉しいです。









# by danslesmimosas | 2017-01-15 17:57 | 整理収納・お片づけ


モノ・コト・人・時間・お金+自然との絆を深める『絆*整理収納アドバイザー』の河合善水です。整理収納・お片づけのこと、からだの声のこと、私の日常などを綴っています。よろしくお願いします。


by 河合善水(よしみ)

プロフィールを見る

ホームページはこちら

絆 * 整理収納
絆 * 整理収納アドバイザー
河合善水のHPです。
整理収納講座や個人レッスンなど詳細が見られます。
お客様の声もぜひ読んでいただけたら嬉しいです。

カズマデザイン
主人の会社です。
外構・ガーデンデザイン/手作り看板・表札製作/グラフィックデザイン(名刺・チラシ等)を行っています。お気軽にご相談くださいね。

カテゴリ

お知らせ
整理収納・お片づけ
整理収納講座・企画の様子
整理収納 個人レッスン
善水の日常
善水の手作り
善水のつぶやき
善水とこども
善水の猫リサ
河合家のDIYリフォーム
イベント出店
おすすめ本
善水のモノ選び
学びの報告
おすすめ情報
たいわ
お金のこと
特別企画
暮らしを楽しむ会
ラッピングレッスン

検索

最新の記事

半休取ってクリスタルボウルへ✨
at 2017-04-26 17:49
日曜日、家族へ多治見タイルミ..
at 2017-04-26 06:20
わたしと家族がしあわせに心地..
at 2017-04-25 14:27
新しい名刺ができました♡
at 2017-04-25 09:51
絆*整理収納実践講座|新クラ..
at 2017-04-24 14:39
絆*整理収納 お茶会のお知らせ
at 2017-04-22 23:58
「いるかの育てる家プロジェク..
at 2017-04-22 23:03
防災士おのあやこ×河合善水コ..
at 2017-04-22 20:14
4月29日 イベント「縁」@..
at 2017-04-22 09:00
整理収納アドバイザーフォーラ..
at 2017-04-20 20:30

以前の記事

2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

記事ランキング

Skypeボタン