カテゴリ:学びの報告( 31 )

整理収納アドバイザーフォーラム in 名古屋

愛知県豊川市にて活躍

東名音羽蒲郡ICより車で11分!

名鉄名古屋本線名古屋駅より55分!御油駅から徒歩圏内!


ヒト・コト・モノとの絆を深める

「絆 * 整理収納アドバイザー」河合善水です。



a0284626_23230901.jpg
a0284626_23230948.jpg

整理収納アドバイザーフォーラム in 名古屋に今年も行ってきました!


フォーラムとは、整理収納アドバイザー同士の交流会や勉強会、一般来場者向けの講演会など、様々な企画が開催される年に1度の大きなイベントですが、メインプログラムのひとつであるコンペティション予選会では、6月に東京で行われる本選出場を目指して各地域ごとプレゼンテーションが繰り広げられます。


新人アドバイザーからベテランアドバイザーまで、選考に選ばれた4名の方の貴重な事例発表は毎年とても勉強になります。


今年は、実家の片づけ、オフィスの収納システム作り、受験生のための部屋作りなどど、いろいろなジャンルの片づけについて勉強させていただきましたが、中でも一番心に響いたのは、重度の難聴という障害を持ちながらも整理収納アドバイザーとして活動を始めた若手アドバイザーのお話でした。


子供の頃難聴になり、ほとんど耳が聞こえない彼女は採用してくれる仕事が見つからなかったそうです。

世界一周旅行に出て究極のシンプル生活を体験したことから整理収納アドバイザーの資格を取得したものの、重度の難聴では仕事は無理なのではと、葛藤されたそうでう。


でも、この仕事がしたい☆という思いから、障害を長所に変えてしまおうと発想を切り替え、障害であることを伝え、お客様に説明するようにしていったそうです。


「口の動きを見て会話するのでマスクしないでくださいね。」

「必要な時は筆談させてください。」

「言葉で伝わりづらいので、できるだけ写真などを使って「見える化」しましょう。」


そんな工夫を重ねるに連れて、それがアドバイザーとしての強み・魅力になっていったそうです☆


そんな彼女を見て、お父様が片づけの作業の仕事を手伝ってくれるようになり、お母様は講座のアシスタントをしてくれるようになったそう!

家族みんなでなかよく一団となってお仕事されているようで、とってもすてきですね☆


思わずウルっと来るストーリーで胸が熱くなりましたが、彼女の姿を見せていただけたことで、私ももっともっとがんばれるはず!とパワーをいただきました。


恥ずかしがり屋の私は帰って行かれる彼女に名刺交換をする勇気がなかったのですが、お友達アドバイザーのtamacoちゃんのおかげで名刺交換することができました。tamaちゃんほんとにありがとう~~!

またお会いできそうで楽しみです!



予選会の後は、著名な「文具王、高畑正幸さん」の講演会でした☆


整理収納アドバイザーでもある高畑さんは、お仕事柄大量の文具を所有されていて、「僕の自宅です」と公開してくださった写真にはどの部屋も壁が文具で埋まっている!


「コレクターのお客様の整理収納の参考になれば」と、コレクターならではの収納のコツを話してくださいました。


使う目的があったり、好きでコレクションしていて大切にとっておきたい場合、それを収納する場所が作れて、どこに何があるか本人が把握でき、定位置管理できる仕組みを作ることができるのなら、コレクションするのはその人らしい生き方なので大いに結構☆


正直私はこの家には住めないなぁ~~と思う家でしたが(笑)高畑さんの生活、とっても楽しそうでした♡


使いやすい文房具の選び方や、最近の文具事情、整理収納アドバイザーに役立つ書類とデータのお話など、とっても勉強になりましたので、また皆さんにもお伝えしていきますね。



まだまだ続きます。


最後は、愛知で活躍するベテラン整理収納アドバイザー2人と、開業して4年のアドバイザーの3人による「アドバイザーあるある話」でした☆


女性ということで、家庭との両立のコツ、忙しい生活の中での時間の使い方を考えるヒント、「自分らしい生き方はモノの整理収納と同じ」と、目指す目的を明確にし、それにあった行動をしていくことの大切さを再確認させていただきました。


先輩アドバイサーのお話を聞ける機会はなかなかないので、貴重な時間でした。



フォーラム終了後は交流会☆


今年は勇気を振り絞って参加してきました。

一緒に行ける友達がいなかったので、最初は心細かったですよ(笑)

数年前の私だったら絶対参加してなかったと思います。引きこもり主婦でしたからね。


同期の子と久しぶりに再会できたり、以前お世話になった先輩に近況報告させてもらえたり、ずっと会いたかった先輩とご挨拶できたり。


数年前は私が新米アドバイザーだったのに、今では後輩がこんなにも多いのかと驚くほど若手アドバイザーが多く、かわいい女の子たちに相談いただいたりもして、とっても充実した会でした。


自己紹介で「資格を取って仕事を始めて3年半です」とお話すると「3年半続けられているのは大したモノよ。お仕事を継続的にいただけてるのはすごいわね」と大先輩方が言って下さり、感慨深い思いでした。


フリーでお仕事しているとこれでいいのかと悩みは尽きませんが、「石の上にも3年」。続けてきたから見えてきたことが最近よく感じられるようになり、何事もこつこつ続けてくことから始まるんだなと確認させていただいた気持ちです。


まだまだこれからですが、今の私がここに立っていられるのも皆さんのおかげです。修了生さん、受講生さん、レッスン生さん、ブログを見てくださる皆さん、応援してくれている友人、知人、家族 etc…

本当にありがとうございます。



今日学んだこと、感じたことを大切に、毎日コツコツ歩んでいきたいと思います。


引き続き、よろしくお願いいたします。



●サポート付 実践型自宅講座「絆*整理収納実践講座」

受講して宿題を実践すれば誰でも収納上手•片づけ上手になれる実践重視の講座です!

1年間サポート付なので安心です。

6月開講クラス募集中(5月20日まで)お得なキャンペーン開催中!

名鉄名古屋駅より名鉄本線で50分!東名音羽蒲郡インターより10分。アクセス良好です!



●絆*整理収納個人レッスン

ご自宅に伺い一緒にお片づけを実践していくレッスンです。

整理の奥深さと美しい収納の仕上がりに感動いただいてます!


出張講座、整理収納おしゃべり会(お茶会)、その他「こんな講座(企画)をやってほしい」などのリクエスト大歓迎です☆

詳しくはこちらをご覧ください。


お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせくださいね。


by danslesmimosas | 2017-04-20 20:30 | 学びの報告

友の会|家計簿講習会へ行ってきました

ヒト・コト・モノとの絆を深める整理収納アドバイザー 河合善水です☆
a0284626_10401686.jpg



今日は友の会の家計簿講習会に行ってきました。

毎月1回開催されているので、記帳に慣れるまで毎回参加させていただいています。


この家計簿をつける前はとても面倒くさそうでやれる自信がなかったのですが、会員さんが毎月少しずつできることからやれるように教えてくださるので続けられています。


日々使ったお金を記帳することはもう慣れたので、「毎月の月末締め」の方法を教わりました。

1ヶ月ごと締めて集計しておくことで、1年経った時、年度締めをし、来年の予算立てができるようになるためです。


苦手だったお金の計算ですが、この家計簿のお金で仕事の経理の方も楽しくできるようになりつつあります。

経理の方の指導はもちろんないですが、不思議と繋がっているから興味深いです(^^)



今まで私は家計簿をつけると落ち込むことが多かったので家計簿に対してネガティブなイメージしかありませんでしたが、友の会の家計簿はポジティブになれるんです!


今年1年間、何にどんな風にお金を使いたいか予算を費目ごとに立てていくのでが特徴。

本当にやりたいこと、大切にしたいことのためにお金をかけられるように、無駄なところは慎み、限られた収入を有意義に使うためです。食費を削ることはオススメされません。特に成長期の子供がいる家庭は、栄養素がバランスよく摂取できるように、食費の内訳も予算立てをしていきます。

必要な栄養をとるために必要な食材が買えるだけの予算を立て、それ以外の部分で予算を振り分けていきます。



これは整理収納で言う所の、「片づけを始める前に理想の暮らしを具体的に描く」所と重なるものがあると思います。


理想の暮らしを叶えるために片づけをすると決めることで、どこをどのように片づけていくか計画的に実践することができ、次第に叶っていきますから。


何事も、身になるには継続が大切なので、継続できるように定期的にサポートして下さる存在が必要だなと身に沁みます。友の会のみなさんには本当に感謝でいっぱいです。


お片づけも同じで、ほとんどの方が本や雑誌を見て頑張っているけれど、続かなかったり困惑してしまうのは、継続的に教えてくれる人がいないからなんですよね。

そんな問題点を解消するために、サポート付のコース制講座をやらせていただいてます。


3月24日スタートの自宅講座、締め切り間近です!(3月10日締切)

その他の自宅講座は4月24日開講クラス・6月1日開講クラスが決まりました。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

●サポート付 実践型自宅講座「わたしと家族がしあわせに心地よく暮らせる家づくり」

3・4・6月クラス限定 お得なキャンペーン開催中!



●2017年3月 NHK文化センター豊橋教室「リバウンドしない片づけ実践講座」

受講生募集中!


●整理収納 個人レッスン

ご自宅に伺い一緒にお片づけを実践していくサービスです。



出張講座、整理収納おしゃべり会(お茶会)、その他「こんな講座(企画)をやってほしい」などのリクエスト大歓迎です☆

詳しくはこちらをご覧ください。



お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせくださいね。


by danslesmimosas | 2017-03-03 14:06 | 学びの報告

菅原真樹さんのお話会に行きました

ご縁をいただき、ハワイ島に住むダイバー、菅原真樹さんのお話会に参加させていただきました。
映画「グランブルー」のモデルとなったダイバー、ジャックマイヨール氏と一緒に活動をされていた方です。

わたしは13年ほど前から自身のアレルギーをきっかけに環境問題に関心を持ち始め、「7世代先の子供達に美しい地球を」というキーワードを心に留めていました。
具体的に何か活動ができているわけではないですが、できるだけ環境浄化に役立つ洗剤・日用品を選んだり、永続的な農法を支援する心がけをしたり、モノの持ち方・捨て方を見直したりと、今の自分の暮らしの中で意識する心がけをしています。

1年ほど前でしょうか、主人が設楽ダムのシンポジウムのチラシ制作のお仕事をいただいたご縁で、シンポジウムに参加することができました。
それまで恥ずかしながら設楽ダムのことは全然知らなかった私は、ダムの話なのに三河湾のアサリの話を熱心にされることに衝撃を受けました。
海と山が繋がっていることを、考えようとしたことがなかったんです。
近くで起きている大きな問題に、関心を持ってもいませんでした。危険なことです。

その後時が経ち、知人が様々な講演会の主催をするのをフェイスブックを通じて知るようになりました。

世界中を着物を着て旅してきた方のお話会や、六条干潟を見学する会など、とても興味深い会が近くで開かれていました。
すごく行きたい気持ちがありながらも、これといってそれにつながる行動をしていない後ろめたさや、目の前の仕事と家庭で余裕がなく、参加する余裕の無かった私。理想と現実の狭間にいました。知っていても、行動しなければ知らないのと同じ…。歯がゆい想いでいました。

そんな矢先、菅原真樹さんのお名前を立て続けに二人から聞くことがあり、ご縁を感じました。
忘れっぽい私が、20年以上前に見た「グランブルー」の映像をありありと思い出したのです。

ハワイで見た野生のイルカやウミガメ。
あんな風に、のびのびと生物たちが生きられる環境を大切にしたい・・・。




ゴミを食べて死んだ野鳥や魚の映像。

骨が曲がった魚の話。

アジアのGAP工場から流れる汚染された河川の映像。

危険な化学薬品にまみれて皮をなめすモロッコの少年たち。

無残に羊の皮を剥いで作られているウールの服。


いろいろな情報に胸を痛めてきたことを思い出しました。点と点が繋がった感じです。



真樹さんのお話を聞いて、海と山は繋がっていること、全ての生物や植物は連鎖されていることを、自分の頭でしっかりと結びつけることができました。


だからと言って私は、今すぐ設楽ダムの問題に時間を割いて勉強する余裕はないし、反対運動をする余裕もない。それは今の私の役割ではないと思う。

でも、真樹さんも仰っていたように「一人一人が今すぐにできることをすれば良い」という言葉が木霊します。


私は、日々片づけで捨てられるたくさんのモノたちに心を痛めています。

友人が「めぐるものたち」というグループを作ってくれて、必要な人たちで回す仕組むを作ってくれたことで、すごく気持ちが安らいでいるのを感じました。

100円ショップでむやみに買い物しないこと。

安いからと、ファストファッションのお店で必要以上にいくつも服を買わないこと。

ニ○リやI○○Aの家具はどのように作られ、使われ、どのくらいの期間で捨てられるのだろうか?


自分自身にも反省が必要なことだと痛感しました。


限られた収入の中で工夫して暮らすことと、量産品とは切っても切り離せませんが、一人一人が少しでも安易にものを買わなくなる心がけをすること、何世代も先まで使えるもの選びを心がけ、不要になったらリサイクルをする仕組みを作っていくこと、買わずに借り合う工夫、今あるモノに感謝して満たされて暮らすために整理収納を身につけること。

真樹さんの見てきた辛い地球の現状を知って今から私にできることは、こういうことだと思いました。


「見てしまった以上、伝えなければいけない」と真樹さんは語りました。

命をかけて、手弁当で無償で日本を周り、ひとりひとりの目線に合わせて伝えてくれる真樹さんの想いを無駄にしないよう、地球に住まわせていただいている一人の生物として、行動していきたいなと思います。


設楽ダムについて、みなさんにも関心を持っていただきたいです。

賛成意見、反対意見、どちらも冷静に聞いた上で、本当にダムが必要か、自分の感覚で感じて欲しいです。

工事が始まった今も尚、反対運動を頑張ってくれている方が大勢います。

その一つの手段として「立木トラスト」というモノがあります。

たった500円で植林をすることで、山を守ることができます。

詳しくはこちらをごらんください。



by danslesmimosas | 2017-01-17 17:34 | 学びの報告

家でもパッククッキング実践しました!

夕食作りのためにキッチンに立ち、副菜を何にしようか考えていたら

「パッククッキングいつやるの?今でしょ❗️」

と言われた気がしました。


た、たしかに…。


お料理教室に行っても、ほとんど復習せず、忘れた頃にレシピを見て「たまーに」作るだけの私…。
そんなんじゃ身につくわけがないよねと、もう一人の私が突っ込みます。

はい、わかってます。
ずっとそんな人生してきたから、未だなりたい自分に程遠いのよね…。

過去の自分が今の自分を作ってきた。
未来の自分は今の自分が作っている。

今が肝心。ここが肝心❗️

尊敬する増田勝利先生の言葉がリピートします。


ということで、パッククッキングも習って記憶が新鮮な48時間以内にやらなければ絶対忘れる。
聞いたこと、習ったことは、すぐに復習したりしないと48時間以内に大部分を忘れてしまうと言いますからね。
もったいないですよね、お金と時間を使って行きたくて学んでるのに。

目的は被災した時や非常事態に即実践できることなので、知識として知ってるだけではだめ、身につけておかなければ
手が動かないでしょう。

そこまで理解していたらあとは手を動かすのみなので、「よしっ!」と自分に返事して取りかかりました。


1つ目。
ビニール袋に切っただけのサツマイモを入れて縛る。


2つ目。
切った大根と、昆布、干し椎茸、塩を入れて、少量お水を入れて、縛る。


湯煎にかける。


以上‼️



やってみたら「なんだよぉ〜、すぐできちゃうじゃーん」と自分に突っ込み!

これは料理じゃないよね(笑)

a0284626_12104737.jpg
a0284626_12104743.jpg


しっかりお湯が沸いたあとは、ストーブに移動してコトコト温めました。

灯油ストーブがあると、被災生活で暖が取れるし、料理も出来て良いですね。


パッククッキングを指導してくれた小野綾子ちゃんが「空気をしっかり抜いてね」という意味がわかりました。
抜いたつもりでも、こうなるんです〜〜〜。

a0284626_12104896.jpg

実践してみて気づけたからよかった。
破裂したり破れたら大変だもんね。
このお湯も、被災時だったら何日も使い回すことになるだろうしね。

すぐ復習してよかった。
これからは、なんでも習ったらすぐその日か翌日には復習するようにします。
復習できるようにスケジュールを組んで習いに行けば良いね。


洗濯物畳んだり娘の宿題見ながら、50分くらいことこと煮込むのを放っておいただけで、こんなお料理できました〜。

a0284626_12104865.jpg
a0284626_12104895.jpg


盛り付けは適当にしてしまったので美しくないですが、味は美味しかったですよ!
お芋は全く水分を入れてなかったのに、お芋からお水が出てきてしっとりです☆


パッククッキング、楽しいです!!
例えば誰かの家のごはんを何品か作らないといけないような時、これなら1度に何品も作れて、煮ている間に別のことができるので、良いかもしれません。
お母さんが入院しちゃって、看病しながら残されたお父さんのお料理を作って家事もしないといけない、という時とかね。


知らないことを知るって、生きる幅が広がりますね。

綾子ちゃん、本当にありがとうね。













by danslesmimosas | 2017-01-16 18:10 | 学びの報告

災害時に役立つ”パッククッキング”教室に行きました!

防災士&整理収納アドバイザー小野綾子ちゃんのパッククッキング教室に参加してきました☆

一緒に参加したのは、豊橋で活躍中の整理収納アドバイザー、クラシノアシストtamacoちゃんと、豊川に住む整理収納アドバイザーの後輩Kさん。
整理収納が身に付き家が整っている人は防災への意識が高くなるので、前々からこの日を楽しみにしていました。同業者の交流も兼ねて♪同じ地域で活動する仲間として、仲良く励まし合い、学び合えるこの仲間たちの存在は宝物です。


まずは「パッククッキングとは?」のお話を聞きました。
ボリエチレンのどこにでも売っているキッチン用のビニール袋の選び方。ポリエチレンの会社で働いてる方からの情報も聞くことができ、環境ホルモンなど不安な点を具体的に答えてもらえてスッキリしました。

ビニール袋には滑りを良くするためにポリエチレンの表面に潤滑剤が塗布されているそうです。それは無添加ラップでも、チャック付きの袋でも同じだそう…。
商品に対しての割合がごくわずかな場合、表示指定成分に表記しなくてもいいという法律の仕組み上、消費者には知れない使用成分があるんですよね。これは食品でも同じです。

からだに優しい生活を心がけている人にとってとても気になる部分ですが、その点を知った上で、今回の目的である「災害時に役立つ調理法」の手段としてビニール袋を使うことをどう捉えるかは自分次第。普段何気なくお野菜を入れているビニール袋も、お野菜にビニール袋の添加剤が付着するわけですからね。
そういう知らなかったことの積み重ねが生活習慣病を生み出す原因になっているのだなと知識と知識が結びつき、またまた勉強になりました。
普段の生活では、余分に使わない工夫をすると良いですね。

話は戻り、
今日は電気もガスもお水も使えない、食器も割れてしまって無い、という状況を想定して、「家にあるもの」で4人分の食事を支度する設定で行いました。
しかも、食べ物の好みがバラバラで、銘々が違うものを食べたいというケースを想定して。

想定して行うことが、何事も大事ですよね。イメージできないことは形にしようが無いですから。イメージを描くことってすごく大事!描けないからこそ、プロに学んで描けるようにさせてもらう。


ということで、みんなでクッキング♪♪

a0284626_15532211.jpg
右:小野綾子さん。中央:クラシノアシストtamacoちゃん。左:後輩アドバイザーKさん。
綾ちゃん、目を瞑って写ってしまったため、顔修正かけました(笑)


断水中はお水が使えないので、調理中手が洗えません。備蓄の飲料水も貴重。
ということで、使い捨てゴム手袋があると便利!

a0284626_15531973.jpg

私はゴムアレルギーがあるので使えませんでしたが、そんな私にはポリエチレン手袋の備蓄が必要だなと知りました。家にあるけど、ちょっと量が少なさそうだと判断したので、ストックする量を見直すことにします。
こういうことが1つ1つ学びになりました。


作ったものは以下の5種!

①お米からご飯を炊く。
②焼き鳥の缶詰で親子丼を作る。(冷蔵庫の卵が使えたと想定)
③サバ味噌の缶詰に白菜とネギを合わせた煮物。(常備野菜の活用)
④スパゲッティとジャガイモ、インスタントのコーンポタージュでスープスパゲッティ。
⑤ホットケーキミックスとお水だけで蒸しパン。
⑥昆布、干し椎茸、ちくわ、大根、塩の煮物。


なんと、こんなにたくさんのおかずやごはんが1つの鍋で一気に作れてしまうのが感動〜!!!!
しかも、チョー簡単で、楽しい!子供でもできる!

被災し、落ち着か無い不安な生活の中でも、こんな調理が家族でできたらと思うと、心が和みます。

普段の料理が面倒くさい、あんまり料理が好きじゃ無いズボラな私でも、何日もキッチンが使えず配給の冷たいお弁当が続く(配給が受けられればまだいいけど、食べるものがなかったら悲惨)生活だったとしたら、キッチンで調理できることの幸福さを感じるだろうな、と想像することができました。

そう、当たり前に毎日毎日家でごはんを作れることは、とても幸せなことだと思うのです。今、シリアの人たちのように、家で過ごせ無い人もいますものね。
有るものに感謝できることが一番の幸せだと気づかせてもらえた1日でした。

a0284626_15531912.jpg
お野菜を洗うお水をボウルに張ることや、まな板を汚さ無いための工夫も目からウロコ。
今日体験しなかったら、この発想はなかった。

「小野綾子、あなた、すごいよ!」と、改めて尊敬と感謝でいっぱいです❗️
すべての人に綾ちゃんと出会って欲しいです。

a0284626_15532096.jpg

湯煎でグツグツと煮たビニール袋たちは、その姿からは想像でき無い美味に、一同感激〜!!!!

a0284626_15532069.jpg

お皿は割れて家にない想定。タッパーをお皿がわりにし、洗い物を無くすため、こんな風に食卓へ。

a0284626_15532054.jpg
洗わずに炊いたのに、臭みなくもちもちで美味しかったごはん!

a0284626_15532165.jpg
見栄えが悪いけど…本当に美味しかったんですよ。
被災時にこんなにおいしい和食が食べれると、元気出そう!




ほんっっとーに、どれもすごく美味しくて、普通にお鍋で調理するよりも美味しく仕上がっていて、湯煎調理の効果の大きさに感動でした☆
お芋なんてほくほくで…♡

缶詰の汁は貴重な調味料になり、味付けの濃い缶詰がこんなに美味しいおかずに変身するなんて驚きです。

私が好きじゃなかったホットケーキミックスですが、この蒸しパンは、とても美味しかったです。恐れ入りました(笑)



a0284626_15532176.jpg
食べながらいっぱいおしゃべり♪
みんなそれぞれ感じることが違ったり、備蓄の仕方、防災に思うことの視点が違っていて、それを聞きあえたのもすごく勉強になりました。

でも「大切な家族を守りたい」という想いはみんな同じ。
間違った、「なんとなくの知識」で備蓄をしていざという時辛い思いをするのではなく、プロから正しく学んで、正しい知識をもとに「わが家流に備える」ことが何より大切だと思います。

そして同時に大事なのが、備える=専用のモノを配置する のではなく、普段の生活で使えるモノで備えること。そのためには家を整え、余計なモノで危険となるリスクを減らしていくこと。

はい、そこには私たちのような整理収納アドバイザーの出番です☆


わが家でも、うちのキッチンで、私が行っている備蓄食材を使ってパッククッキングの教室をやりたいなーと思ってます。もちろん、小野綾子さんを講師にお招きして!
防災・減災の講座、おしゃべり会もできますよ。

興味がある方はいつでもご連絡くださいね。企画します☆









by danslesmimosas | 2017-01-16 16:06 | 学びの報告

友の会|家事家計講習会

今日は友の会の家事家計講習会でした。2度目の参加です。
毎月第1金曜日に豊橋の友の家で開催されています。

毎回思うのは、私のような非会員を無料でご指導くださっているのは、みなさん一般の方である個人の会員さん。会員さんは毎月会費を払い、それぞれの役割を担って活動されているのですが、そのおかげで非会員の私たちも学ばせて頂けるシステムに大きな愛を感じ感謝感動しています。

今日も豊川に住む60代の女性と、豊橋に住む同世代の女性に家計簿の記帳方法やわからないことを教えていただきました。予算の組み方も。

みなさん決してその道のプロではないけど、頼もしい点は「実践をしている」ということ。
30年以上友の会会員の方は30年間羽仁もと子式家計簿をつけてきた歴史と経験があり、体感からくるお話を伺えます。時代の変化に対応してきた経緯も聞かせていただけます。

逆に、同世代の若い方には、記帳し始めて間もない者としてやり始めた時どう取り組んでいったか、どうやって継続してきているか、まさに今悩んでいることを共感してもらうことができるし、同世代に生きる者として、似たような家族構成や収入だと家計の内訳を聞かせてもらえると我が家を振り返ることができ、本当に貴重な機会だなと思います。

お金のことってなかなか友達に話しづらいですが、誰もが何かしら悩んでいることですから、こういう「お金の話をする場」があることはすごく大切だなと思います。

私もなるべく早く家計簿のつけ方、家計管理の仕方を講座にできるようにしたいと思っていますので、がんばってます☆


独特な記帳方法でめんどくさいと思っていた羽仁もと子式家計簿ですが、3ヶ月続けると習慣になり、熱しやすく冷めやすい私でもなんとか続いています。続いている理由は、やはり教えてくれる仲間がいるから。何事も、完全に身につくまで教えてくれるコーチがいないと続かないですものね。
(だから、私はみなさんの整理収納・片づけのコーチです♪)



3ヶ月半家計簿ライフを続けていくうちに、「どうしたらもっと楽に家計簿をサッとつけれるか?」考えるようになりました。というか、家計簿を出したりしまったりするのがめんどくさく感じたからです。

家計簿に使うもの

・家計簿(月ごとの集計用)
・当座帳(現金出納帳)
・電卓
・フリクションボールペン
・レシートや伝票
・財布

ということは、これらのモノたちを一ヶ所に収納しておけばいいということ。

一緒に使うモノはグループ化(グルーピング) です!

a0284626_15484130.jpg
a0284626_15484250.jpg




あれこれ試した結果、今まであったモノを移動し、よく使う棚の中の一番使い勝手のいい位置にかごにまとめて収納しました!
かごごと机に運べるのですごく楽ちんです。



お財布はこのかごのすぐ近くにお財布置場があります。
帰宅してカバンの中身をカバンの中身置場に出すついでに、お財布もお財布置場に出しますが、お金を使った日にはお財布置場に入れずにこのかごに入れます。

そうすることで「家計簿をまだつけていないよ」と視覚的にわかるようにしました。無言のプレッシャーを自分に与えるわけです(笑)
だって、できればやりたくないもん!
つい後回しにしちゃうから、そうして数日経つうちに、不思議と現金がなぜだか合わなくなり不明金が出やすいのです。しかも溜めると記帳に時間がかかり辛い。
だったら毎日5分でできるように仕組みを作った方が、未来の自分をラクにしてあげられます!

そう、整理収納は、未来の自分をラクにする行動なのです。誰でも「今」からできることなんです!


今日は私、冴えています(笑)



なんでも後回しにしないこと。溜めないことですね。
溜まるということは溜まる理由があるので、原因の棚卸をするための整理が必要です。


わが家の見学会や、自宅講座に来ていただいた方には、家計簿の収納や家計簿の様子もお見せしますね♡


大切な収入。
節約が目的ではなく、本当に使いたいことに使えるよう使い方を見直すための家計簿をつけましょうね。

これからどんどん経済が厳しくなっていくと言われていますから、アリとキリギリスのアリさんになる方がきっと将来助かると思いますよ。



友の会の羽仁もと子式家計簿をつけてみたい方は、私と面識のある方は東三河の方でしたら友の会の活動日をご案内しますのでメールくださいね。それ以外の方は、全国友の会で検索すると最寄りの支部の連絡先が出ますので、お問い合わせくださいね。(私が会員ではないので、お繋ぎできず申し訳ありません)


もっと簡単な家計簿をつけることからトライしてみたい方は、2月から個別に家計簿レッスンを始めたいと思います。
私も初めての試みですので、先着数名の方にモニター価格で指導させていただきたいと考えています。
1回2時間のレッスン×2回コースで考えています。

お問い合わせはメールまたはHPお問い合わせフォームからお願いします。















by danslesmimosas | 2017-01-06 15:46 | 学びの報告

WS「写真と料理と花 vol.4」参加してきました☆


晒柿さん主催のワークショップ「写真と料理と花」の最終回に行ってきました☆

その様子はこちらをご覧ください↓

最終回は、1回目と同じく写真家・松本幸治先生のアトリエにて開催されたのですが、13時半スタートの夕方・夜バージョンで、日が落ちていく中での撮影を楽しみました。

室内の明かりの下で撮影するポイントや注意点を教えていただきながら各々撮影したり、先生のライカを使って撮らせてもらいました。

お料理はもちろん縣博子さん、お花は坂東久美子さん。いつもの素敵なメンバーです☆

今日はクリスマスバージョンのディスプレイで、緑とボルドーのカラーコーディネートが素晴らしかったです。
大好きなシャガールの赤い絵もあってうっとりでした♡


4回シリーズということで、毎回参加されたメンバーと親しくなり、いろんな方とおしゃべりさせて頂いたり、連絡先の交換もしていただきました。

今回はお酒持ち込み可能ということで電車で参加したのですが、送迎して頂いた車中で隣り合わせになった方は名古屋に住むインテリアコーディネーターさんで、インテリアや収納、建築の話で盛り上がり、「今度遊びましょう!」となりました。

元マクロビカフェオーナーで、抜群のセンスを持つ、洋書の中の世界のような素敵なおうちに住んでいる浜松の方が「お花屋さん巡りしよう〜!」と言ってくださったり♡


日頃知り合えないような個性豊かな得意分野を持った方々が集ったので、とてもいい刺激とパワーをいただきました。
いろんな場所に勇気を出して出ていくことの素晴らしさを痛感。
こうした素敵な企画をしていただいた晒柿さんと松本先生、縣さん、坂東さんに心から感謝しています☆


収納のビフォーアフター写真をもっと綺麗に撮りたい
子供の瞬間瞬間を写真にきれいに収めたい
光の取り入れ方
陰影のつけ方
もっと明るく撮るには?_

などなど、写真を上達したくて参加したワークショップでした。

4回の参加を通して自分なりに少し上達しましたが、まだまだ分からないことがいっぱいあったので、最終回に写真データを先生に見ていただきました。

一番知りたかった収納の写真の撮り方は、暗い場所・狭い場所・逆光・西日など、悪条件の中でも個人レッスン中に記録しなければいけないので、そんな中でもきれいに記録するためのコツを教えていただけました。別売りのストロボを使った方がいいということで、何を買うと良いかおすすめも教えていただけたので、購入を検討したいと思います。
講座の中でよりわかりやすい写真をみなさんにお見せしたいなと思ってます。


これでおしまいというのが本当に寂しい、素敵な企画でした。
今後も縣さんのお料理が食べられる機会があれば参加したいですし、空きが出たらお料理教室も行ってみたいです。
坂東さんのお花も習いたい…♡時間を作って必ず参加したいと思います。
松本先生にもまたご指導をお願いしたり、何かの折に撮影をお願いしたいです。

素敵なご縁をいただきありがとうございました♡


今日撮った写真の一部をご紹介しますね。

a0284626_20480688.jpg
みんなで撮影🎶

a0284626_20480385.jpg
坂東さんと縣さんのトーク。
御揃いのTシャツはレゴだとか!いつもセンスが素敵です。

a0284626_20480559.jpg
夕食がとっても素敵にディスプレイされていました。


a0284626_20480479.jpg
先生に褒めていただいた写真。マイベスト。
2つの肘掛け椅子の間にあったキャンドル。


a0284626_20480593.jpg


a0284626_20480791.jpg



a0284626_20480673.jpg



a0284626_20480589.jpg


接写は得意ですが、引いた写真がまだまだ苦手です(^^;)
日々練習。人生と同じだそうです(笑)


ご覧いただきありがとうございました!



















by danslesmimosas | 2016-12-09 21:46 | 学びの報告

友の会|家事家計講習会

今日は友の会の家事家計講習会に参加してきました。

a0284626_10401686.jpg

先月羽仁もと子式家計簿を購入し、10月・11月分の収支を記帳しました。
独特の項目分けなので、記帳してみると出てくる疑問がいろいろあり、会員さんたちに教えていただくことができました。
非会員は無料で参加させてもらうことができ、会員さんたちが優しく教えてくれます。
会員さんたちの会費でこうした講習会が賄われているそうで、ボランティア精神で私たちのような者を温かく迎えてくださる姿に、私もいずれそんな風になれたらいいなと思うようになりました。
しばらくは非会員、お客様の状態でお世話になりながら、参加できる会に行かせてもらい、友の会の良さを味わわせていただこうと思ってます。

羽仁もと子著作集 9 家事家計篇

羽仁 もと子/婦人之友社

undefined

今日もこの本の中の一部をみんなで読書しました。

安いから、要るものだからと、安易に買うのではなく、有るモノで代用する工夫をしたり、ある材料で作ってみる工夫をすることができると、それが積もり積もって大きな差額となる。本当に欲しい、家や車といった大きなモノを買うためには、日頃のお金の使い方を見直してみませんか?
という内容でした。

端切れを工夫してインテリア用品を作ってみると良いこともその中に書かれており、まさしく先日私が在庫の布を減らしたくて鍋帽子を作ったことと重なりました。


故羽仁もと子さんという方は、どんな方だったんだろうと、とても興味が湧いてきたので、「羽仁もと子著作集 家事家計編」を購入しました。
これだけのことを文章にまとめられるって、自分の中にしっかりと確信し、軸となるまでに実践を繰り返された方だと思うと、心底尊敬の念が湧きます。
私自身のこれからの生き方にも,整理収納のお志事にも大いに役立つ内容なので、取り入れていきたいと思ってます。

なんでも、信頼できる友人や先輩方が「いいよ」とオススメしてくれることは、素直にやってみると良いな、と痛感しています。

だからこの家計簿も、めんどくさいけど、まずは素直に実践し、どういう良さが後で感じられるか楽しみに続けようと思います。




by danslesmimosas | 2016-12-02 13:16 | 学びの報告

「羽仁もと子家計簿」講習会に参加しました


「かぞくのじかん」という雑誌が好きで時々読んでいます。

その中で度々紹介されている羽仁もと子さん考案の家計簿。
以前からずっと気になっていました。

私のお客様にも友の会の会員さんが数名いることから、友の会にも興味津々でした。

信頼している友達も会員になっていてこの家計簿をつけていると知り、実物を見せてもらうと良さそうなので気になっていたのですが、家計簿講習会があるということで参加してきました!


家計簿は結婚当初から我流でつけているものの、記録して、出費の合計を出して、予算内でやりくりできないことが多く凹むだけで活かせてないことに気づき、数年前にやめてしまっていました。
でも今年の春にご縁をいただき、お金・経済の勉強をするようになってからはこれから日本の経済がどんどん厳しくなることを知り、今の暮らしのままではかぞくの幸せを守れないことに気づきました。

そこで、自分が無理なく続けられ、限られたお金を有効に楽しく使う&貯めれるようになるための家計簿を見つけたいと思い、いろいろな家計簿を見比べてみました。
なかなか自分に合うものが市販されていないので、今年の夏から自作のフォーマットで再び記帳しているのですが、羽仁もと子案の家計簿は113年の歴史があり評判が良いので、一度使って比較してみて、より良いやり方を見出したいと思ったのです。

a0284626_13514891.jpg
1年間の収支を記帳する家計簿と、現金出納を記帳する当座帳をセットで使います。


毎月「家事家計講習会」という家計簿指導の場があるというのも魅力ですし、1月からのスタートに向けて、まずこの秋3ヶ月間お試しで記帳するためのミニ家計簿もあるということで、今日の講習会に参加した次第です。参加費300円という価格からも、会員の皆さんの想いの温かさが伝わり感謝でいっぱいでした。

a0284626_13514860.jpg
3ヶ月家計簿。いきなり1年分を買うのに躊躇う方は、これで練習ができます。


この家計簿は他の家計簿と随分違い、項目の分け方が独特で、慣れるのにじかんがかかりそうですが、これが続けられれば、大切なお金を有意義に使えることがよくわかりました。

実際に講習会では、子育て世代の方と、シニア世代の方がそれぞれ1年間記帳して出したデータをわかりやすく紹介してくださり、年間の収入、予算立て、実際の支出合計、支出の仕分け(傾向)がよくわかりました。

会社経営には経理がとても重要なように、家計も知識を持って管理することがとても大切であることを再認識しました。


理想の暮らしを叶えるために家の中のものを全て出して分けて整理し、使いやすく収納することで日々の生活が快適になり、時間も有効に使えるようになり、思考もすっきりし、どんどんやりたいことができるようになるのと同じで、家計も、大変だけど使ったお金を全て書きだし、振り分け、分析し、使いやすいように予算立てをしていくことで、日々の買い物がしやすくなり、やりたいことにお金が使える余裕が生まれるます。


モノの持ち方も、お金の使い方も人生そのものだと思うので、より素敵な生き方をするために、1年間この家計簿をつけてみようと思います!

1年やってみて、改良したい点は自分流にして、楽しく続けられるようにしたいです。


受講生さんのお話をたくさん伺っていると、家計について悩んでいる方がとても多いです。特にお子さんが大きくなってくると学費の問題がありますからね。

大きな出費がかかる時期になって困らないように、先を見据えて今できることを変えていきたいです。
節約や備えと思うと日々が辛くなるけど、そうではなく、理想の暮らしを実現するために行動を変えていくことですからね。

今の自分は過去の自分が作ったもの。
未来の自分は今の自分が作る。

未来、豊かに暮らしていたいから、今からお金の管理を変えてみます!








by danslesmimosas | 2016-11-11 13:22 | 学びの報告

WS「写真と料理と花 vol.3」参加してきました☆

晒柿さん主宰のワークショップ、「写真と料理と花 vol.3」に参加してきました♪
この日が来るのがとってもとっても待ち遠しかったです。
3回目の会のテーマは「野外を撮る」。
豊橋動植物公園のんほいパークで1時間半ほど撮影した後、松本幸治先生のおしゃれなアトリエに移動し、フードコーディネーターの縣さんのおいしいお弁当をいただきました。フローリストの坂東さんのお花で美しく彩られたアトリエは今回も洋書の中に舞い込んだような気持ちでした♡

松本幸治先生は「写真は、できるだけ、マニュアルを使えるようにしていきましょう」と言います。
いつもマニュアルを使わなくてもいいけど、「こういう写真が撮りたい!」と思うモノがある時は、やはりオートでは叶わないから。

背景をぼかしたい、もっと明るく撮りたい、色味を抑えたい、etc.. そんな要望を叶えるには、マニュアルを覚えること。

・・・そう毎回教わりながらも、3ヶ月間も間が空くとすっかり忘れているというか、覚えていつつも、やっていない(苦笑)

一緒に参加した友達やお仲間達と「ここに来ると撮り方を思い出すねぇ。久しぶりの感覚」と笑い合いました。

「写真撮影が上手くなりたい」という目的でせっかく学びに来てるのだから、身につくように練習しなきゃね。
何事も継続・・・。日頃受講生さんに偉そうに言っておきながら、自分はというと、できていないことが多いです(^^;)
はい、がんばります!


松本先生のご指導のおかげで、少しずついい写真が撮れるようになってきました。
みなさんが撮った写真を先生にずべて見ていただきながら講評いただくのですが、何枚か「これ僕好きだな!」と褒めていただけてとても嬉しかったです。(褒めていただいた写真には☆がつけてあります)

掲載しますので、良かったら見ていただけるとうれしいです。


a0284626_08294167.jpg
集合場所にセッティングされていたテーブル。
縣さんと坂東さんの「ピクニック」をテーマとしたディスプレイにうっとり。

a0284626_08294195.jpg
松本先生が「屋外の撮影の難しさは光」と、光の見え方、捉え方を説明してくださいました。

a0284626_08294286.jpg
みんなで思い思いに撮影♪

a0284626_08294227.jpg
ここを見てドイツを感じたんです。なんか、いい。

a0284626_08294329.jpg

a0284626_08294324.jpg
「木としまうまを撮りたい」そう思って撮ったからこの構図が出来たと、撮りたい目的を明確にする大切さを教わりました。
何事も、目的(意識)を持つことが大事だと再確認。

a0284626_08294333.jpg
「これいいね!!!」カバさんと、飼育員2人がトライアングルになっているバランスを褒めていただきました。

a0284626_08294445.jpg
「これもいいねぇ!」若い飼育員さんが覗いてるところがたまらない。
カバさんとおじさん飼育員の信頼関係も感じます。

a0284626_08300149.jpg
「これもしろいね!」
「河合さんの切り方は個性的だね」
人と違うところを褒められると何故だかうれしくなります(笑)


a0284626_08300277.jpg
広角レンズを生かした写し方だそうです。

a0284626_08371576.jpg
「花壇の縁をこう撮るのが面白いね」



そしてアトリエに移動。


a0284626_08300213.jpg
a0284626_08300287.jpg
a0284626_08300372.jpg
縣さん、坂東さんが素敵にセッティングしてくれました。
右奥の方は主宰の晒柿さん。
かっこいい大人達で憧れます。


a0284626_08300363.jpg
a0284626_08300453.jpg
a0284626_08300459.jpg
a0284626_08300533.jpg
「お弁当」のイメージが変わる、美しすぎるお弁当でした。
1つ1つ丁寧に作られていて、美味しかったです。
縣先生のお料理教室(浜松)は人気で、キャンセル待ちでも予約が取れないそう…行きたいなぁ。



最後に講評タイム。
おいしいデザートと珈琲もいただきました。

お腹も心も目も満たされて、しあわせな1日でした。
次回12月が最終回。楽しみです。
写真、練習しまーす。





















by danslesmimosas | 2016-10-20 16:14 | 学びの報告


モノ・コト・人・時間・お金+自然との絆を深める『絆*整理収納アドバイザー』の河合善水です。整理収納・お片づけのこと、からだの声のこと、私の日常などを綴っています。よろしくお願いします。


by 河合善水(よしみ)

プロフィールを見る

ホームページはこちら

絆 * 整理収納
絆 * 整理収納アドバイザー
河合善水のHPです。
整理収納講座や個人レッスンなど詳細が見られます。
お客様の声もぜひ読んでいただけたら嬉しいです。

カズマデザイン
主人の会社です。
外構・ガーデンデザイン/手作り看板・表札製作/グラフィックデザイン(名刺・チラシ等)を行っています。お気軽にご相談くださいね。

カテゴリ

お知らせ
整理収納・お片づけ
整理収納講座・企画の様子
整理収納 個人レッスン
善水の日常
善水の手作り
善水のつぶやき
善水とこども
善水の猫リサ
河合家のDIYリフォーム
イベント出店
おすすめ本
善水のモノ選び
学びの報告
おすすめ情報
たいわ
お金のこと
特別企画
暮らしを楽しむ会
ラッピングレッスン

検索

最新の記事

新しい名刺ができました♡
at 2017-04-25 09:51
絆*整理収納実践講座|新クラ..
at 2017-04-24 14:39
絆*整理収納 お茶会のお知らせ
at 2017-04-22 23:58
「いるかの育てる家プロジェク..
at 2017-04-22 23:03
防災士おのあやこ×河合善水コ..
at 2017-04-22 20:14
4月29日 イベント「縁」@..
at 2017-04-22 09:00
整理収納アドバイザーフォーラ..
at 2017-04-20 20:30
絆*整理収納 個人レッスン|..
at 2017-04-18 17:04
河合家の自宅収納見学会
at 2017-04-17 14:57
春休みに行った子供の作品の整..
at 2017-04-14 08:38

以前の記事

2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

記事ランキング

Skypeボタン