愛知県豊川市にて活躍
東名音羽蒲郡ICより車で約10分!
名鉄名古屋駅より55分。御油駅から徒歩圏内!

カテゴリ:整理収納・お片づけ( 148 )

雑誌をたくさんもらいました

ヒト・コト・モノとの絆を深める整理収納アドバイザー 河合善水です☆




先日弟から


「come homeいる?いらないなら処分しちゃうけど」


とメールが来ました。



あんまり本は増やしたくないけど、come homeはDIYをする我が家にとってとても参考になる雑誌だし、インテリアの参考にもなります。


捨てるなら譲り受けて活かしたいと思い、もらうことにしました。


1時間かけて届けに来てくれて、兄弟の存在のありがたみを感じました。


私の唯一の兄弟、弟です。独身です(^^;)


早く結婚して、かわいい妹くれないかな~~~~




わが家に数冊あるcome home。うちにある号を伝えておいたので、それ以外を持ってきてくれたんですが、まさかこんなにたくさんあるとは知らず…。


a0284626_13361069.jpg
a0284626_13361170.jpg


弟よ、多すぎない?

あんた、モノ持ちすぎじゃぁないの?


なんて思ったりもしたわけですが、

状態もいいしワクワクしたので、カズマデザインの本棚にGO❗️


FIGARO voyageのフランス特集はときめきキュンキュンなので私の本棚へ♡





come homeを読みたくなったらわが家に遊びにきてね~~


1day cafeでもやろうかな!?

来てくれるヒトいるかな?




出張講座、整理収納おしゃべり会(お茶会)、その他「こんな講座(企画)をやってほしい」などのリクエスト大歓迎です☆
詳しくはこちらをご覧ください。

HP内のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせくださいね。

by danslesmimosas | 2017-02-09 13:30 | 整理収納・お片づけ

子供の作品の収納

ヒト・コト・モノとの絆を深める整理収納アドバイザー 河合善水です☆



「子供の作品が増えていくのでどうしたらいいですか?」

お母さんたちに頂く質問ナンバーワンです。
(ナンバーワンは、いくつかありますが。笑)


私たち大人は、モノを欲しいだけ持つことはできないですよね。
スペースに入るだけ、飾れるだけにします。
古くなったら処分するとか、人にあげるとか、売るとか、家から出す方法を考えます。

子供の作品は、本人が手放さない場合、ずーっと持ち続けていいのでしょうか????


大人と同じで、スペースに入るだけ、置けるだけ、飾れるだけにしなくて良いのでしょうか?

大人と子供は違うの?


そんな風に考えてみたらどうでしょうか?


大切なのは、子供が大きくなったとき、「自分で整理収納を続けられる大人」になることです。それは自立することでもあります。

だとしたら、子供だから、子供のモノだから、と特別視することはないと思います。
どんなモノでも考え方は同じですね。


自分が作った工作品や手芸品があったとします。作るのが好きで、次々増えるとします。

そしたら、どうしますか?



スペースがたくさん取れるならそこに入るだけ取っておけば良いし、省スペースしか取れないなら、そこに入る分しか置けないのは当然です。

「どのくらい持って良いか?」という適正量を決めていくことが大事です。
それはどんなモノでもね。


我が家では、セリアで売っているplenty boxの箱のシリーズで、木目調の箱があるのですが、それをリビングの子供の収納棚に1つ入れています。
その箱に入るだけ、作品をしまって良いとルールを作っています。

作りたての作品は、棚の上に飾ります。

しばらく飾って満足したら、その箱にしまうか、本人が処分します。

最初の頃はなかなか処分できず、こちらが声をかけて「捨てないと箱がいっぱいになるねぇ」と気づきを与え、箱の中に残したいモノを優先的に入れると入りきらないモノは持てないことを認識してもらいました。

それを数年繰り返すうち、本人がゴミの日の前になると「これ捨てる」と決断できるようになりました。

私自身も、不要になったら早めに決断して家から出す心がけをしているので、背中を見て「そういうものだ」と思っています。
やっぱり、親が手本を見せるのが大事ですね。自分は片づけできていないのに子供に片づけろというのはおかしいですよね。

私も人のこと言えませんけどね(笑)私は片づけはできるけど、他のことでできていないことがたくさんあるので、こうして書きながら自分に言い聞かせています。


a0284626_21505389.jpg

節分だったので、学校で鬼の作品を作ってきました。

学校ではキットになった材料で工作することが多く、面白みに欠けるなぁと正直思っていたのですが、これはイイね❗️

娘は「いらん。捨てる」と言いましたが、壊れていたところを私が直し、写真に撮りました。
そして子供の棚の上に飾ろうと話し、しばらく飾ることにしました。

そしたら鬼の口の穴にポケットティッシュを詰め込み、「ティッシュ入れにする!」と、楽しそうにしていました。
しばらくはここからティッシュを出すようです(笑)


このブルーは私が好きな色なので、眺めていてほっこりします。


写真に撮ってあるので作品が壊れても心残りはなし。


写真は継時的にアルバムにいれればOKです。
この年にこの作品を作ったんだなーと、後で振り返れますね。


いかがですか?

お子さんの作品に悩んでいた方、ヒントになりましたか?


知らなかったことを知れると、やって見ようと思えますよね。

「片づけのためにお金を払って講座に行くなんて考えられない」という声もたくさん聞きますが、こんな風に知らないことがわかり、解決できたら、どうでしょうか?

お料理と同じで、習って実践していけば、必ずできるようになるんです。


長い人生のうち、今、半年くらい講座に通って片づけを実践するだけで、これからの長い人生がうんと楽になるんですよ。

未来の自分と家族への投資だと思って、講座に来ていただけたらうれしいなと思っています。

受講生さん、修了生さんたちもみなさんそう言ってくれてますよ😊




出張講座、整理収納おしゃべり会(お茶会)、その他「こんな講座(企画)をやってほしい」などのリクエスト大歓迎です☆
詳しくはこちらをご覧ください。

HP内のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせくださいね。


by danslesmimosas | 2017-02-04 08:50 | 整理収納・お片づけ

思い出品と向き合ったお話|私が29年連れ添っているクマのぬいぐるみのこと

ヒト・コト・モノとの絆を深める整理収納アドバイザー 河合善水です☆


ツキノワグマのくまちゃんがこんなことやらされてまーす!

a0284626_20302126.jpg
a0284626_20302090.jpg


このくまちゃんは、私が10歳のクリスマスに両親にプレゼントしてもらったもの。
(ということは、もうこの年にはサンタさんはうちには来なくなったんだなぁ)
この頃大きなクマやゴリラの人形が流行っていて、いろいろ見に行って気に入ったものを買ってもらったことを鮮明に覚えています。嬉しかったな〜。

クマちゃんはだっこするのにちょうど良くて、いつもベッドに置いて一緒に寝ていました。
辛い時は抱きしめたり、うれしい時もハグしたり「高い高い〜」と投げたり(笑)

そんなかけがえのない月日を共にしてくれたクマちゃん。
結婚する時には新居にはいらないなぁと思いつつも、捨てられず、でも「実家には荷物を置いていってはいけない」という母でしたので、やむなく新居に連れて行きました。
あ、でも引越しの時、クマちゃんを運ぶのを忘れてしまい、空っぽになった私の部屋にポツンとクマちゃんが残っていたとか。それを見た母が可哀想になったと、母の部屋に置いてくれたことも覚えています。
その後、新居に連れて行きました。


新居のアパートは主人が一人暮らしをしていた部屋だったので狭く、クマちゃんは納戸部屋のような普段使わない部屋に入れられました。

その後引っ越したアパートでも、袋に入れて押入れに…。


さらに引っ越した古民家では、洋服を収納していた棚の一番上の段に置かれていました。
「あれ、クマちゃん最近見ないな」と思ったら、主人が「クマちゃん高いところが好きみたいだから」と、追いやられてました(^^;)


そんなクマちゃん。
整理収納をするたびに、「これ、もういらないよなぁ、大きくて邪魔だよな」と思いました。
実家で飼っていた犬(コーギー)に鼻を噛まれ皮が剥げていたので見た目にもイマイチでした。
毛も日焼けして色が褪せてきているし、まくら代わりにしてたから体も反っている。
正直不恰好で、リビングに置く気になれませんでした。


でも、2015年にこんまり流片づけを実践し、すべてのモノと丁寧に向き合ってから最終的にクマちゃんと話をしてみた時、独身時代過ごした月日のことを思い出しました。

悩んで辛かった時、泣きついたこと。
心細かった夜、一緒に寝てくれたこと。
嬉しいことがあった時、喜びを表現したこと。
本を読む時枕にさせてもらったり。

思い出すほどに、単なるぬいぐるみを超えた無二の共であるように感じました。

とてもまだ、捨てられない…。

最後に出た答えでした。


じゃぁどうしようか?


その頃寝室の奥の布団収納の棚の上に置いてあったクマちゃん。
普段は存在を忘れられ、気づくと埃っぽくなり、たまに洗濯機で丸洗い。
可哀想だなと思いました。


そこでリビングを整理し、クマちゃんを置けるようにしました。

娘もあまり遊ばないので普段はリビングの片隅に座っているだけだけど、時々家族みんなに構ってもらえるようになりました。

ダイニングの椅子に座っていたり、リビングでテレビを見ていたり(笑)

体格がいいので存在感があり、様になります(笑)


ということで、時々娘が遊び相手になってくれるようになり、今日はこんな姿になったわけでした!

クマちゃん29歳。
ぬいぐるみとしては高齢なのかな!?

高齢なのにこき使われて申し訳ないけれど、押入れや棚の上に放置されているよりもきっと喜んでるよね。

思う存分娘に遊んでもらい、使い切ってもう捨ててもいいなと思える日が来るまで、一緒に暮らそうと思っています。


思い出品と向き合うお話でした♡






by danslesmimosas | 2017-02-04 08:05 | 整理収納・お片づけ

結婚記念日♡|花束をもらう→包装紙の収納

ヒト・コト・モノとの絆を深める整理収納アドバイザー 河合善水です☆



1月31日、結婚記念日でした♡ 「愛妻の日」です。(偶然です)

12年が経ちました。
結構経ったなぁ〜〜と感じますが、「結婚23年です」などと年上の友達に聞いたりすると、まだまだだなと思ったりもします。


数日前に「そうだ!結婚記念日だ!」と思い出したのは私。主人は忘れていました…。イベントに疎い人なので、そんなものです。


娘に話すと「やったー!お祝いだー!!」と大喜び。
ご馳走やケーキが食べれると思っている。


平日だからどうしようかなと思いながら、私も仕事が立て込んでいたので後回しにしていると、気づいたら当日を迎えていました。


この日は1日家で仕事をしていたのですが、お昼過ぎ、出先から帰宅した主人が花束を持って登場〜❗️



a0284626_22243920.jpg

こういうサプライズをする人じゃないので、感激でした♡♡


手書きのメッセージにはジーンとくる言葉が。


節目節目に気持ちを伝えることの大切さを改めて感じました。



ありがとう。本当にありがとう。

お祝いしてくれたことも、こんな私と長く連れ添ってくれていることも、日々、家事など手伝ってくれることも。


主人も、こんなことを感じたそうで、ブログに綴っていました。
お恥ずかしいですが、新婚旅行の写真までたっぷり掲載されています(^^;)↓よかったらみてください。



a0284626_22243966.jpg


いただいたお花はすぐに花瓶に生け、ラッピングされていた紙は子供がラッピングや工作に使えるようにラッピング資材を収納している紙袋にすぐしまいました。
茶色の方は綺麗な紙だったので、くるくる巻いて包装紙を入れてるバケツのような入れ物に立てて入れました。

主人からのメッセージカードは、2階にある、主人からの手紙を保存しているファイルへ。


それぞれ定位置が決まっているので、すぐに収納できるのが楽チンです。モノの5分です。
こういうことを後回しにしていると、モノが溜まっちゃいますよね。そして後々まとまった片づけ時間が必要になってしまう。未来の自分を忙しくしてるんです。

こういうモノを取っておいて活用したいのなら、適正量残す仕組みを作ると良いですよ。
活用するならね。活用しましょう。

私は資材入れが「ちょっと一杯になってきたな」と感じたら、必要なモノ以外捨てる心がけもしています。


こんなところにも整理収納です(^^)



こんな、わがやのモノたちの収納が家中全て見られる超貴重な自宅講座↓

受講生募集中
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。



出張講座、整理収納おしゃべり会(お茶会)、その他「こんな講座(企画)をやってほしい」などのリクエスト大歓迎です☆
詳しくはこちらをご覧ください。

HP内のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせくださいね。

by danslesmimosas | 2017-01-31 22:15 | 整理収納・お片づけ

トミカとおもちゃの整理収納 その後

先ほど紹介したこの修了生さんのお宅↓。

その後、またまたうれしい報告メールをいただきました♡


ご本人が先のブログを読んで、整理収納の続きをやりたくなったとのこと!
以前講座を受けて整理収納を実践した時に余った箱類を保管してあったそうで、それを使っておもちゃの整理をされたそうです。

使用頻度の低いおもちゃたちは将来の子供部屋へ移動し、リビングで遊ぶものと、二階で遊ぶものとを分けたとのこと。
これはお子さん、楽しいですね!!
a0284626_17304135.jpg
リビングにあってあまり遊んでいなかった大きなおもちゃは二階へ。



a0284626_17304177.jpg
2階の子供部屋はプレイルームに☆


滑り台とか、大きなラジコンとか、二階の広々したお部屋で思いっきり遊べる〜!
リビングでは小さなトミカで遊んだり、絵本を読んだり、細々としたことをする。
目的に合わせた遊びが部屋を変えてできると、お子さんも楽しいですよね!!

こんな風に、将来の子供部屋をフリースペースにしておくことはすっごく大切です。
物置状態にしてしまい、いざ子供部屋を与える時期になって片付けに困って相談に来る方が多いのですが、将来の子供部屋として設計または購入した家であるのなら、そのつもりで部屋を確保しておくと時期が来た時に片付けに追われずに済みます。

もし今納戸状態であるのなら、家中のモノの整理をして、その部屋を空ける工夫をしておくと後々助かると思いますよ。
時間はかかりますが、後で大変な思いをするよりも今先に済ませると本当にやってよかったと思える日が来ますからね。



a0284626_17304182.jpg
棚の向かって左横におもちゃが置いてありましたが、なくなってスッキリ☆
a0284626_17304115.jpg
ピアノの前に置いてあった手作りのおままごとキッチンは、壁側に移動できました☆
a0284626_17304044.jpg



この修了生さんは、空き箱を使って収納ができたので、時期を見て気にいる収納用品に買い替えようと考えているそうです。リビングは毎日長い時間過ごす場所なので、一番見る場所ですから、お気に入りの用品に変えていくとときめきアップですね☆

こんな風に、まずはあるモノで仮収納し、暮らしてみてその定位置が快適だと確認できてから、適切な収納用品を最小限購入することが、経済的であり、精神的効果も高い上、環境にも優しい方法だと思います。


「自分の行動力にびっくりです!」

と、居心地よくなったお部屋を写メしてくれた修了生さん♪

やってみたいと思うスイッチが入れば、一瞬でできちゃうんですよね!やり方が分かっていて、やった後の効果もイメージできてしまうと、モチベーション上がるんです。見通しを持てることが大事で、そのためには整理収納方法を学ぶことですね。

もやもやしてる時が一番しんどいですからね…。


頭で考えるよりも、手を動かす方が早い。

手を動かすと脳の血流がアップするので、活性化して働きがよくなることが証明されているそうです。



講座を卒業した方がこんな風にその後の変化を報告してくれたり、相談してくれることがとってもうれしいです。サポート付き講座のメリットです♪

こうしたご協力を新たな受講生さんやブログの読者さんたちに紹介させてもらえることもありがたく、心から感謝しています。

ありがとうございます。また報告してね♡





by danslesmimosas | 2017-01-20 17:51 | 整理収納・お片づけ

めぐっていったもの・めぐってきたもの

今日もまた、わがやのモノがめぐっていき、代わりに素敵なモノがめぐってきました♡
「めぐるものたち」のグループを通してです。
初めましての方がデスクワークの日に届けに来てくださって感謝感謝です。

今日は
a0284626_12293482.jpg
a0284626_12293549.jpg
a0284626_12293590.jpg



・アイスノン(出産祝いで頂いたけど使わなかった)
・ボタンの箸置き(作家さんのもの)
・私が作ったまぁるい箸置き

をもらってもらいました。


お礼にと、いただいたものは


a0284626_12293544.jpg
・手づくりのおむすびセット
・ごとう製茶さんの無農薬のお茶
・朝市のお野菜


あぁ、しあわせすぎます〜♡♡

Aさんありがとうございました。


「出すと入る」

自然界の法則。


気持ちよく出すと、気持ちよく入ってきます♡

惜しんで無理に出せば、変な物事が入ってきます。(経験済み)
出さなければ入ってこれません。(これも経験済み)

気に入っているけど使っていないモノで、感謝して手放す気持ちになったモノは、ふさわしい形で手放すと本当に清々しい気持ちになれます。


「ふさわしい手放しの形」あなたも見つけてくださいね。


私と面識のある方でしたら、グループにお招きできますので、気になっている方は声かけてくださいね。

by danslesmimosas | 2017-01-20 12:31 | 整理収納・お片づけ

トミカの整理|修了生さんのお宅訪問にて

4月に自宅講座を修了された方のお家に伺いました♡

貴重なお写真を提供いただいた方には、お礼も兼ねてお宅訪問をさせていただいています。
というよりも、私は受講生さん・修了生さんたちが大好きで、みんな友達になりたい方ばかりなので、こういう理由をつけて会いに行きたいんです(笑)

今日伺ったのは、4月から年中さんに上がる男の子を持つお母さん。
お子さんは車が大大大好きで、トミカが増え続けるのに頭を悩ませていました。

整理収納を学んで実践し、家はとってもすっきり整っているけれど、片づけ終わっても随時増えたり減ったりしていくモノたちの整理収納にみなさん努力されています。モノを持って暮らす以上、そういうものですね♪


「トミカがどんどん増えてくので」と言いましたが、まずなぜ増えていくのか考えてもらいました。

・自分が買う。(たまに)
・パパが買う。(パパに子どもを見てもらうと毎回のように)
・双方のおじいちゃんおばちゃんが買ってくれる。(高頻度)

・トミカは単価が安いので買いやすい。
・おもちゃ屋さん以外にいろんなお店に売っているので、見ると欲しくなる。
・限定品が多く、集め出したら終わりがない。
・本人が持ってる車をすべて覚えているので捨てられない。


家に入ってくる理由と、増えやすい原因がわかりました。

そしてお母さんの気持ちとしては

・大きくなったら次第に飽きると思うので、それまでは置いてあげたい。
・好きな車は残しておいて、大人になるまで思い出品に残してあげても良い。
・小さいので、ずっと取っておいて、将来この子の子どもに遊ばせてあげてもいいかな。

ということでした。
a0284626_11131272.jpg

まず今、何個あるのか、重複したモノはないか知るために、お子さんと一緒に並べて数を数えました。

「何個あるかね〜?」とゲーム感覚で子どもにやらせると、楽しんで並べて数えてくれました。

「もう一回数えてー!」と、何回も数えさせられましたが(笑)
88個(88台かな。笑)もあったので、3回目に「もう一回数えて」と言われた時には「嫌だ」と断りました(笑)


「88個もあるねー!」と言ってみると

「いっぱいだねー!こんなにあるねー!」

と本人も驚いていて、嬉しそうでした。
お母さんも「88個もあればもう十分だね」と言っていました。

88個を多いと思うか、まだまだと思うかは、その人の価値観次第ですね。

お母さんは「多い」と感じたので、その自分の感覚に従って、これからトミカをどのくらい持たせるか(適正量)、どう収納するか(定位置作り)考えていけば良いと思います。


全く同じ車は1つしかなく、あとは色違いがあるのみで、全部違う車でした。聞くと、本人がちゃんと覚えていて、車種までちゃんと言えるからすごい!
買う時も「今度は日産エクストレイルが欲しい」などと、具体的に言うそうなので、目的持ってコレクションしているようです。

やみくもに見たら欲しくなって買い(貰い)集めているなら、善水的には「STOP❗️」と言いたいところですが、彼の場合はそう思いません。

本人の気持ち、お母さんの気持ち、お父さんの気持ち、おじいちゃんおばあちゃんの気持ちをそれぞれ聞いた上で、これからトミカとどう付き合っていったら良いか考えていければ良いと思います。その前に、まずは一番身近にいるお母さん自身が自分の思いを整理することから。ご主人やおじいちゃんおばあちゃんにどうしてもらいたいか考える前に、自分がどう感じるかを冷静に見つめるのが先です。


「今度は〜買う」「また買えばいいよ!」と気軽に言う4歳児。もう物事がわかる年齢になってきたので、本人と一緒にルールを作って買うことや、増えたら何かを減らすことを一緒にするなど、一歩踏み込んだ関わりをする時期に来ているようにも思いました。私の娘にもそういう時があったので蘇ります。


せっかく88台出して並べるという「整理」ができたので、一緒に仮収納をしました。


a0284626_11131203.jpg
トミカと、違うサイズの車たちを分ける。


a0284626_11131320.jpg
最近遊んでいないモノは、後日箱に移し、別の場所に移動予定。

a0284626_11131329.jpg
ここには今よく遊んでいるモノだけ入れるようにする。



今一番遊ぶおもちゃがトミカで、逆に最近遊ばなくなったおもちゃがいくつかあったので、使用頻度を低いおもちゃを別の場所に移し、お子さんがトミカで遊びやすく収納してあげることを提案しました。

a0284626_11131313.jpg
これはあまり遊んでいないそうで、別の場所に移して、遊びたい時だけ出すようにすると良い。



お子さんが遊びやすくするには

・取り出したい車をすぐに取り出せるようにする。
・4歳児でも出しやすい、戻しやすい。
・お母さん的にも気持ちの良い収納。

コツをいくつか助言させていただき、これからじっくり考えて実践してもらうことにしました。
ここは、時間をかけて工夫していただくポイントですからね!

みなさん、ここを端折って、すぐに収納しようと試みるのですが、実はしっかりと整理をした上で仮収納をし、その後丁寧に定位置作りをしていくことが長く続けられる「良い収納」作りです。
これは知らない方にとって学ばないと難しいと思うので、講座やレッスンを受けていただきたいですね。



翌日、このお母さんから嬉しいメールをいただきました。

「昨日夕方またトミカを買うって駄々こねられました。でも、『トミカは88個あったよね、これ以上買うとおもちゃ箱からあふれちゃうよ』と話したら今回はおさまりました」と。

でも単純にトミカが欲しいだけでなく、疲れて眠い時や寂しい時にも欲しがる傾向にあるそうで、子供の気持ちに寄り添おうと努力している彼女がとても素敵だなと胸が熱くなりました。

こうした関わりの積み重ねが、親子の温かい絆を深めていくのだと思います。
だからこそ、整理収納はものすごく大切だと、自身を持って言うことができます。
片づけなくても死なないし暮らせるけど、出来る人とできていない人(やらない人)とでは、いろんなところで大きな差が生じています。
余談ですが、1日10分探し物をしていれば、60年間で123日寝ずに探し続けているんですからね❗️


私には男の子がいないので、男の子のおもちゃの整理収納を一緒にさせていただけたのも貴重な経験でした。
a0284626_11131434.jpg
「よしみちゃん!」と呼んでもらってご機嫌の私(笑)
私はお片づけをしたつもりだけど、ボクちゃんは一緒に遊んでもらったと思ってます。
そう、お片づけは楽しい、遊びのような作業なのよ♪


講座が終了しても温かく迎え入れていただけることに心から感謝しています。

これからも末長くお付き合いくださいね♡

いつもありがとうございます。








by danslesmimosas | 2017-01-20 11:28 | 整理収納・お片づけ

洋服リスト写真と、コーディネート写真、試着写真。

私はファッションが苦手です。

子供の頃からおしゃれに興味があったのですが、「着るものなんかに構ってないで」と言う母の元で育ち、母子家庭になってからは夏と冬に1万円ずつしか洋服を買ってもらえず不足感を抱いていました。
(今思うと、1万円でも工夫次第でおしゃれが楽しめたと思うので贅沢な悩みでしたね)

独身時代、働いて自分のお金が自由になると、ブランドから古着まで、洋服を買いまくりました。
たくさんあればおしゃれになると勘違いしていたのです。

結婚して、働きたくないので主婦になり、使えるお小遣いが少なくなってからは、あまり服を買えなくなりました。というか、自ら買うことに自粛して行ったのですね。

努力しないので体型が徐々に崩れていき、メイクも苦手なので20代の頃のように何もしなくてもピチピチというわけにもいかなくなり、段々とみすぼらしさを感じるようになりました。

気づいた時にはどうしていいのかわからなくなり…。


衣類の整理収納を繰り返すうちにたどり着いたのは、「ファッションが苦手なら学ぶべし!」でした。
苦手=経験が少ない、やり方がわからないのだから、教えてもらえばいいんですよねー。
整理収納と同じです。
料理が苦手すぎてご飯が不味くて仕方なかったら、料理習いに行きますよね?それと同じですね。


パーソナルカラー診断を受けたり、メイクをしてもらったり、ファッションコンサルを受けたり、洋服のコーディネート本を何冊も熟読しました。

そして、自分が1つ1つ手にとって残した服たちを写真に撮り、あと何を買い足したらいくつかのコーディネートができるか書き出しました。
a0284626_21553822.jpg
今持っている洋服リスト。昨日買った服もすぐ追加しました☆
PCとスマホをリンクさせているので出先でも見られます。


撮った写真はフォルダにまとめてスマホに入れておき、フラッと立ち寄った洋服屋さんでも手持ちの服と合わせられるか確認できるようにしました。

新たに服を買ったらすぐに写真を撮るようにしました。




服屋さんで試着をしたら、試着した姿を写真に撮るようにしました。写真で見ると客観視でき、似合うかどうか判断しやすくなりました。
少しでも迷いがある時は絶対に買わないようになり、冷静に判断できるようになりました。

a0284626_21554003.jpg
恥ずかしいけど…試着した時の写真たち。似合わなかったのも保存し学びを生かしています。



雑誌やネットなどで素敵だなーと思うコーディネート例を見つけた時は、写真に撮って「コーディネート参考例」というフォルダを作って保存するようになりました。1年経っても2年経っても好みが変わってないことに気づき、自分の目指したいスタイルがわかってきました。そのアイテムに似た服を探しに行けば良くなり、迷いが減っていきました。



手持ちの服を写真に撮っておくことで、何がいくつあるか数を把握することができるようになったし、タンスやクローゼットを見なくてもコーディネートを考えやすくなりました。
コーディネートした服を写真に撮っておくことで、朝着る服をスムーズに選べるようになりました。
a0284626_21553988.jpg
1つのアイテムが複数のパターンで着れるように持ち合わせると、クローゼットすっきり☆



こうしておくことで、いつまでに何のアイテムを買い足せば良いか浮かぶようになり、効率良く買い物ができ、予算立てもしやすくなりました。

ちなみに今は夏向けに白い本革のトートバッグが欲しくて、5月頃買う予定です。もう買う商品も決めてネットの「お気に入り」に保存してあります。



ここまでしても、まだまだ私の目指すおしゃれとは程遠いけど、やってみて気づいたのは、体型を整えること(笑)
何でも似合うように内側から美しくなりたいことに気づき、ランニングを始めました。
ランニングの目的はそれだけじゃないですけどね。シニアになっても歩いて旅したいからです(笑)


メイクとか髪型も大事だし、アクセサリー選び、バッグ選びも大事で、ファッションって奥深いなーと思います。顔も体型も髪質もみんな違うしね。

もっと若い時にそれに気づいてたらこんなに苦労しなくて済んだだろうなと思うけど、過去を悔やんでも仕方ない‼︎
今から楽しんで努力したらいいですね。


うちの猫を見ていると「勝手に気候に合わせて毛が生えてきていいなぁ〜」とつくづく思う(笑)

そう思うと、ファッションがめんどくさいんだと思います。そんなに好きじゃないみたい。

色々試した末には、いつも決まったTシャツとGパンが制服になるのかも、って思います。

それはそれでかっこいいかもね!


パリジェンヌの友達は全身黒しか着ない子がいます。結構フランス人にはそういう人が多い。

ある意味かっこいいなーと思います。



私はいつもミナペルフォネンの服を着ている人になるのが今の所目標です。

似合うといいけど…(笑)

似合わなかったらまたその時考えよう。

やるだけやったら、やっぱりTシャツとGパンだけになる気がします(笑)




みなさんはご自分の今のファッションに満足していますか?


満足していないようなら、ぜひ衣類整理からやってみてくださいね。


私の整理収納講座では、自分を知るためにも最初に衣類整理から取り組んでいただいてます。
だから変化が早いです☆





by danslesmimosas | 2017-01-18 22:04 | 整理収納・お片づけ

不用品を交換して欲しかったタルト型をもらいました☆

前にこちらにも書いた、不用品を欲しい人に譲るコミュニティグループで、この器の貰い手が見つかりました。


a0284626_20182605.jpg
もらってくれる人は、私がもらいたいと挙手した白い陶器のタルト型25cmを出品していたので、交換することになりました☆

a0284626_13055097.jpg

今日家で仕事をしている日だったので、彼女が届けに来てくれました。
はじめましての方でしたが、これを機に知り合え、Facebook上でお友達になりました♡
またひとり、素敵な方とお知り合いになれてとっても豊かな気持ちです。

タルト型は、15cmと20cmを持っていました。
もう少し大きいのがあればと思っていたので、ジャストサイズが仲間入り☆
気持ちがいいくらいピッタリ3セットですよね!

a0284626_13055039.jpg
5cm感覚で並ぶ姿、まるで最初からセットだったようでうっとり♡



さて、これが狙い通りの収納場所に無事収まるでしょうか…
計測しておいても、いざ入れると誤差があるもの。ドキドキの瞬間です。



a0284626_13055018.jpg
やったー!

ピッタリ収まりました!

取り出しやすさもバッチリです。


大事なのは、しまいこむことではなく、取り出すときに楽に出せるか? です。



満足満足♪


近いうちに、このタルト型で何を作ろうか楽しみです。


Kさん、ありがとうございました☆


by danslesmimosas | 2017-01-17 13:13 | 整理収納・お片づけ

雪の庭を見て、色の力を考えさせられました。



a0284626_11584780.jpg
a0284626_11584896.jpg
a0284626_11584831.jpg
a0284626_11584859.jpg
a0284626_11584723.jpg



週末、寒かったですね!

私の住んでいる豊川市は年に2、3回雪が降る町。
子供達は雪が降ると大はしゃぎです。

私も子供の頃はそうだったな〜〜〜と思いながらも、寒くて寒くて外に出る気がせず…。
娘に引っ張り出してもらえて雪景色を味わえた、という感じです(笑)
やっぱり、お部屋から眺める雪景色よりも、外で感じる方がいいですね!

雪も楽しめるお庭、作りませんか?
カズマデザイン〜しあわせの庭〜(主人です)で素敵にデザインしますよ☆
ご希望の方には私も同席させていただきます♡



いつもの当たり前のお庭も、雪化粧に覆われて違って見えますね。
白の力ってすごいなーと思います。

そう、色の力ってすごい!
整理収納でも、受講生さんやレッスン生さんが不揃いの収納カゴや空き箱を徐々に気に入った白やシンプルなカゴに入れ替えたり、色とりどりだったタオルを白いタオルに変えていく人がいらっしゃって、その様子を写真に撮ってビフォーアフターを比べると視覚的にもすごく変化を感じます。

色も情報。
すっきりした部屋にしたい人は、すっきり感じる色選びをすると良いですね。
室内の色を3色以内に抑えるとまとまりが出てすっきり感じます。
インテリアのセンスに自信の無い人は、私みたいに、白い壁、木の家具、白のカゴか籐のカゴ、でまとめると維持管理が楽ですよ。
私もカラーコーディネートのセンスが無いので、自分で無理なく維持できる方法に落ち着いています。
それも自分を知ることで、無理しない、ラクな生き方かなと思ってます。



by danslesmimosas | 2017-01-17 12:10 | 整理収納・お片づけ


モノ・コト・人・時間・お金+自然との絆を深める『絆*整理収納』主宰、モノと話せる整理収納アドバイザーの河合善水です。整理収納・お片づけのこと、からだの声のこと、私の日常などを綴っています。よろしくお願いします。


by 河合善水(よしみ)

プロフィールを見る

ホームページはこちら

絆 * 整理収納
モノやカラダと話せる整理収納アドバイザー 、河合善水のHPです。
整理収納講座や個人レッスンなど詳細が見られます。
お客様の声もぜひ読んでいただけたら嬉しいです。

カズマデザイン
主人の会社です。
外構・ガーデンデザイン/手作り看板・表札製作/グラフィックデザイン(名刺・チラシ等)を行っています。お気軽にご相談くださいね。

最新の記事

会いたかった方に会えました!
at 2017-12-06 22:36
武田邦彦先生の講演会に行きま..
at 2017-12-06 20:00
個人レッスンに伺いました
at 2017-12-04 17:34
家にあるモノで豊かな野外ラン..
at 2017-12-03 17:27
暮らしを整えるための休日。
at 2017-12-02 19:15
手作りのアドベントカレンダー..
at 2017-12-02 09:38
防災用食料備蓄の入れ替え
at 2017-12-01 08:59
飲み薬の整理収納
at 2017-11-30 12:46
救急車のお世話になりました。。。
at 2017-11-30 12:31
「絆*整理収納お茶会」のお知らせ
at 2017-11-30 11:49

カテゴリ

お知らせ
整理収納・お片づけ
整理収納講座・企画の様子
整理収納 個人レッスン
善水の日常
善水の手作り
善水のつぶやき
善水とこども
善水と猫
河合家のDIYリフォーム
イベント出店
おすすめ本
善水のモノ選び
学びの報告
おすすめ情報
たいわ
お金のこと
特別企画
暮らしを楽しむ会
ラッピングレッスン
脳活用度診断&ブレインカウンセリング

以前の記事

2018年 12月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

記事ランキング

検索